基本情報

写真a

寺口 俊介

TERAGUCHI Shunnsuke


職名

准教授

学系

データサイエンス学系

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.16より)「システムダイナミクスに基づくデータ解析手法の研究」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • バイオインフォマティクス

  • 機械学習

  • 理論物理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学部

    大学,1999年03月,卒業,

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学研究科  物理学・宇宙物理学専攻

    博士課程,2004年03月,修了,

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),素粒子理論,京都大学,課程,2004年03月

  • 修士(理学),自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論,京都大学,課程,2001年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,准教授,2021年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 免疫学フロンティア研究センター,特任准教授,2018年04月 ~ 2021年03月

  • 東北メディカル・メガバンク機構 ,助教,2016年11月 ~ 2018年03月

  • 免疫学フロンティア研究センター,助教,2013年04月 ~ 2016年10月

  • 免疫学フロンティア研究センター,研究員,2010年04月 ~ 2013年03月

  • 大学院理学研究科,助教,2007年10月 ~ 2010年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,

  • 素粒子論グループ,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 知能情報学

  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

  • ライフサイエンス / システムゲノム科学

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • AbAdapt: An adaptive approach to predicting antibody-antigen complex structures from sequence,Bioinformatics Advances,2022年03月,Ana Davila, Zichang Xu, Songling Li, John Rozewicki, Jan Wilamowski, Sergei Kotelnikov, Dima Kozakov, Shunsuke Teraguchi, Daron M Standley, Michael Gromiha

    DOI:10.1093/bioadv/vbac015,研究論文(学術雑誌),共著

  • Unbiased integration of single cell transcriptome replicates,NAR Genomics and Bioinformatics,2022年01月,Martin Loza, Shunsuke Teraguchi, Daron M Standley, Diego Diez

    DOI:10.1093/nargab/lqac022,研究論文(学術雑誌),共著

  • Flexible, Functional, and Familiar: Characteristics of SARS-CoV-2 Spike Protein Evolution,Frontiers in Microbiology,11巻 (頁 2112) ,2020年09月,Dianita S. Saputri, Songling Li, Floris J. van Eerden, John Rozewicki, Zichang Xu, Hendra S. Ismanto, Ana Davila, Shunsuke Teraguchi, Kazutaka Katoh, Daron M. Standley

    DOI:10.3389/fmicb.2020.02112,研究論文(学術雑誌),共著

  • Genomic Heritabilities and Correlations of 17 Traits Related to Obesity and Associated Conditions in the Japanese Population,G3 Genes|Genomes|Genetics,10巻 7号 (頁 2221 ~ 2228) ,2020年07月,Olivier Gervais, Kazuko Ueno, Yosuke Kawai, Yuki Hitomi, Kazuharu Misawa, Shunsuke Teraguchi, Yen-Yen Wang, Katsushi Tokunaga, Masao Nagasaki

    DOI:10.1534/g3.120.401242,研究論文(学術雑誌),共著

  • Methods for sequence and structural analysis of B and T cell receptor repertoires,Computational and Structural Biotechnology Journal,18巻 (頁 2000 ~ 2011) ,2020年07月,Shunsuke Teraguchi, Dianita S. Saputri, Mara Anais Llamas-Covarrubias, Ana Davila, Diego Diez, Sedat Aybars Nazlica, John Rozewicki, Hendra S. Ismanto, Jan Wilamowski, Jiaqi Xie, Zichang Xu, Martin de Jesus Loza-Lopez, Floris J. van Eerden, Songling Li, Daron M. Standley

    DOI:10.1016/j.csbj.2020.07.008,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 練り製品の需要予測,共同研究,国内共同研究,2021年09月 ~ 2022年09月,カネテツデリカフーズ株式会社

  • T細胞受容体の抗原エピトープを予測する機械学習システムの開発、検証、及び、応用,基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.16より)【代表的な研究テーマ】「システムダイナミクスに基づくデータ解析手法の研究」,【キーワード】理論物理学/機械学習、深層学習/バイオインフォマティクス/免疫学

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/08/16-teraguti.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用数学,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 課題研究4,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 課題研究2,2022年10月 ~ 2023年03月

  • データサイエンス実践価値創造演習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • データサイエンス実践価値創造演習Ⅰ,2022年04月 ~ 2022年09月

全件表示 >>