基本情報

写真a

田村 あずみ

TAMURA Azumi


職名

特任講師

学系

研究分野・キーワード

政治社会学、社会運動、現代思想

メールアドレス

メールアドレス

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.15より)「3.11後の社会運動における政治アクターと倫理の考察/ドゥルーズ哲学の政治思想への応用」

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学  国際関係学部

    大学,2005年03月,卒業,

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • ブラッドフォード大学大学院(University of Bradford)  平和学(Peace Studies)

    修士課程,2011年08月,修了,イギリス

  • ブラッドフォード大学大学院(University of Bradford)  平和学(Peace Studies)

    博士課程,2016年07月,修了,イギリス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(Ph.D.),社会学,ブラッドフォード大学大学院(University of Bradford),課程,2016年07月

  • 修士(M.A.),平和学,ブラッドフォード大学大学院(University of Bradford),課程,2011年08月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 国際センター,特任講師,2018年05月 ~ 2019年03月

  • 滋賀大学 国際交流機構,特任講師,2019年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本平和学会,

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 『境界を越える』思想―震災後の知と平和学の役割,平和研究50号 ,2018年12月,田村あずみ

    研究論文(学術雑誌),単著

  • カタストロフィの『消費』を超えて―ポストフクシマ反原発運動と新た政治主体の登場,立命館言語文化研究,26巻 4号 (頁 181 ~ 197) ,2015年03月,田村あずみ

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Narrating life and hope: social struggles in Japanese post-modernity and the impact of the Fukushima nuclear disaster,Journal of Philosophy of Life,4巻 1号 (頁 1 ~ 27) ,2014年01月,Azumi Tamura

    研究論文(学術雑誌),単著

著書 【 表示 / 非表示

  • Post-Fukushima activism: Politics and knowledge in the age of precarity,Routledge,2018年,Azumi Tamura

    単行本(学術書),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本平和学会春季研究大会,国内会議,2018年06月,東京大学,文化的暴力への非暴力的抵抗:現代日本における『生の政治』の考察,口頭(一般)

  • The 4th International Deleuze Studies in Asia Conference,国際会議,2016年06月,Seoul National University, South Korea,Creating collective ‘non-identity’: politics after the nuclear disaster as an ‘event’,口頭(一般)

  • Pacific Sociological Association the 86th Annual Meeting,国際会議,2015年04月,Long Beach, California, USA,The politics after catastrophe: Understanding the rise of civil activism in post-Fukushima Japanese society,口頭(一般)

  • 社会正義とカタストロフィ:リスク・責任・互恵性,国際会議,2014年03月,立命館大学,カタストロフィの『消費』を超えて:ポストフクシマ反原発運動と『ネットワーク的倫理』,口頭(一般)

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 3・11後の社会運動の国際的意義―民主主義の危機における「身体性の政治哲学」構想,若手研究,2019年04月 ~ 2023年03月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.15より)【代表的な研究テーマ】「3.11後の社会運動における政治アクターと倫理の考察/ドゥルーズ哲学の政治思想への応用」,【キーワード】社会運動/反原発運動/民主主義/ドゥルーズ/新唯物論

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2019/01/3.tamura.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • プロジェクトC,2020年04月 ~ 2020年09月

  • Japanese Studies B,2020年04月 ~ 2020年09月