基本情報

写真a

芦谷 道子

ASHITANI Michiko


職名

教授

学系

教育学系

研究分野・キーワード

心理療法、心身症、発達障害、箱庭療法、予防的教育

メールアドレス

メールアドレス

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.15より)「小児聴覚情報処理障害の教育臨床心理的支援」

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  人間科学研究科  臨床教育学

    博士課程,2001年03月,単位取得満期退学,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士,医学,関西医科大学,論文,2012年03月, Clinical features of hearing loss with attention problem in Japanese children.

  • 修士,臨床心理学,大阪大学,課程,1994年03月, 認知世界と経験世界

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,特任講師,2007年04月 ~ 2012年03月

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2012年04月 ~ 2018年03月

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2018年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪府中宮病院 非常勤講師 その他の部署,その他の経歴,1994年05月 ~ 1997年09月

  • 大阪市スクールカウンセラー その他の部署,その他の経歴,1996年04月 ~ 1997年10月

  • 関西医科大学付属香里病院 非常勤嘱託 その他の部署,その他の経歴,2000年04月 ~ 2005年12月

  • 京都ノートルダム女子大学 非常勤講師 その他の部署,その他の経歴,2004年04月 ~ 2007年03月

  • 佛教大学 非常勤講師 その他の部署,その他の経歴,2004年04月 ~ 2007年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本心理臨床学会,1992年04月 ~ 継続中,日本

  • 耳鼻咽喉科臨床学会,2000年04月 ~ 継続中,日本

  • 日本教育心理学会,2009年04月 ~ 継続中,日本

  • 日本音声言語医学会,2012年04月 ~ 継続中,日本

  • 日本小児心身医学会,2015年04月 ~ 継続中,日本

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 公認心理師

  • .b Teacher(MiSP:Mindfulness in School Project)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 小児機能性難聴の心理療法,2000年04月 ~ 継続中

    心理療法 機能性難聴 心身医学 箱庭療法,臨床心理学,国内共同研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 英国で開発された子ども用マインドフルネス・プログラム(.b:ドットビー)の日本への導入の検討.,日本マインドフルネス学会第6回大会抄録集 (頁 43) ,2019年08月,芦谷道子,伊藤靖,山本和美,中川栄太

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),全体の統括,共著,臨床心理学

  • 子どもの聴こえの問題に対する心理的支援ー機能性難聴を中心に,教育オーディオロジー研究,12巻 (頁 19 ~ 24) ,2019年03月,芦谷道子

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),全体,単著,臨床心理学

  • 子どもの聴こえの問題に対する心理的支援,近畿教育オーディオロジー研究協議会収録,20巻 (頁 48 ~ 65) ,2019年03月,芦谷道子

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),全体,単著,臨床心理学

  • 雑音下で語音明瞭度が低下する症例の他覚的評価の試みー事象関連電位P300を用いてー,Audiology Japan,61巻 5号 (頁 444) ,2018年09月,土井直,芦谷道子,福井英人,西岡隼基,原島恒夫,小渕千絵,岩井大

    研究論文(学術雑誌),研究のデザイン,共著,臨床心理学,耳鼻咽喉科学

  • 小児を対象とした雑音付加語音明瞭度スクリーニング評価の試み,Audiology Japan,61巻 5号 (頁 509) ,2018年09月,芦谷道子,土井直,原島恒夫,小渕千絵,岩井大

    研究論文(学術雑誌),全体の統括,共著,臨床心理学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 心因性難聴,22-30, 43-48, 133-139,2005年,矢野純・久保千春

    その他,分担執筆

  • 教育職の研究,185-195,2001年,田井康雄

    その他,分担執筆

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本教育心理学会第61回総会,国内会議,2019年09月,日本大学,ここまで来た!「学校予防教育」進化の全貌—子どもたちが待ち焦がれ、教師への負担ニアゼロの教育ー,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募),教育心理学

  • 日本マインドフルネス学会第6回大会,国内会議,2019年08月,関西大学,英国で開発された子ども用マインドフルネス・プログラム(.b:ドットビー)の日本への導入の検討,ポスター(一般),臨床心理学

  • 日本SEL研究会第9回大会,国内会議,2019年03月,早稲田大学早稲田キャンパス,子どもを対象としたマインドフルネスプログラム「.b(Mindfulness in School Project)」の概要と小学生への実践,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名),臨床心理学

  • 近畿教育オーディオロジー研究協議会,国内会議,2018年10月,大阪福祉会館,子どもの聴こえの問題に対する心理的支援,口頭(招待・特別),臨床心理学

  • 第63回日本聴覚医学会,国内会議,2018年10月,神戸国際会議場,小児を対象とした雑音付加語音明瞭度スクリーニング評価の試み,口頭(一般),臨床心理学

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 予防的教育に関する研究,2016年04月 ~ 継続中

    フィールドワーク

  • 特別支援学校における不登校支援,2014年04月 ~ 2016年03月

    フィールドワーク

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本心理臨床学会第36回秋季大会,会員,2017年11月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 日本版ギフテッドを定義する―才能児の実態把握と基礎資料の収集,基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月

  • 小児聴覚処理障害に対する雑音下聴力評価及び他覚的評価の開発と心身臨床教育的支援,基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月

    小児聴覚処理障害(APD)の雑音付加スクリーニング検査の開発及び他覚的聴力検査の開発

  • 小児の聴覚処理障害に対する評価と教育臨床心理的支援,基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.15より)【代表的な研究テーマ】「小児聴覚情報処理障害の教育臨床心理的支援」,【キーワード】聴覚情報処理障害/発達障害/小児/教育臨床心理的支援/心身症/イメージ療法,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/10/8.ashitani.pdf

  • マインドフルネス・プログラムによる予防的教育の導入,予防的教育 児童 マインドフルネス .bプログラム,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究

    予防的教育にマインドフルネスを導入した実践研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • こころ・からだ・ことば,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 学校臨床教育入門,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 教育心理学実践総論,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 臨床心理学査定演習,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 教育相談の理論と実践,2019年10月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度第1回適応指導教室(ドリーム教室)スーパーバイズ研修会,2019年10月

  • 一般社団法人スマイルコム講演,2019年10月

  • 大津市いじめ事案のAIによる分析と予測に関する有識者会議,2019年08月 ~ 継続中

  • 令和元年度東近江市教育研究所夏季研修講座,2019年08月

  • 令和元年度特別支援教育課題別研修,2019年08月

全件表示 >>

社会貢献に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学学長賞,2018年03月,滋賀大学,芦谷道子