基本情報

写真a

青木 高明

AOKI Takaaki


職名

准教授

学系

データサイエンス学系

ホームページ

https://takaakiaokiwork.github.io/

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.17より)「人の流れから都市の姿を描く/ネットワーク視点から文理融合研究へ」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ネットワーク科学

  • パターン形成

  • ヘテロ複雑システム

  • 数理地理モデリング

  • 神経回路網の数理

全件表示 >>

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学研究科  物理学・宇宙物理学専攻

    大学,2007年01月,卒業,

  • 京都大学  情報科学研究科  複雑系科学専攻

    大学,2003年03月,卒業,日本国

  • 京都大学  理学部  理学科

    大学,2001年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学,自然科学一般 / 数理物理、物性基礎,京都大学,課程,2007年01月, 神経ネットワークにおける情報表現とその機能に関する数理モデル研究

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,准教授,2023年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,准教授,2023年04月 ~ 継続中

  • オックスフォード大学 数学研究所,客員研究員,2019年03月 ~ 2020年02月

  • 香川大学 教育学部,准教授,2013年04月 ~ 2023年04月

  • 香川大学 教育学部,講師,2011年10月 ~ 2013年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経回路学会,

  • 日本物理学会,

  • 数理生物学会,

  • 応用地域学会,

  • アメリカ物理学会,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / ソフトコンピューティング

  • 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Urban spatial structures from human flow by Hodge–Kodaira decomposition,Scientific Reports,12巻 1号 (頁 11258 ~ ) ,2022年07月,Takaaki Aoki, Shota Fujishima, Naoya Fujiwara

    DOI:10.1038/s41598-022-15512-z,研究論文(学術雑誌),単著

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • A model for simulating emergent patterns of cities and roads on real-world landscapes,Scientific Reports,12巻 1号 (頁 10093 ~ ) ,2022年06月,Takaaki Aoki, Naoya Fujiwara, Mark Fricker, Toshiyuki Nakagaki

    DOI:10.1038/s41598-022-13758-1,研究論文(学術雑誌),単著

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • Graph-based open-ended survey on concerns related to COVID-19,PLOS ONE,16巻 8号 ,2021年08月,Tatsuro Kawamoto, Takaaki Aoki, Michiko Ueda

    DOI:10.1371/journal.pone.0256212,研究論文(学術雑誌),単著

  • Democratic classification of free-format survey responses with a network-based framework,Nature Machine Intelligence,1巻 7号 (頁 322 ~ 327) ,2019年07月,Tatsuro Kawamoto, Takaaki Aoki

    DOI:10.1038/s42256-019-0071-y,研究論文(学術雑誌),単著

    担当区分:最終著者  

  • Disaster Management and Integrated Economy in Early Modern Japan. Amakusa in the 19th Century.,Integrated Peasant Economy in a Comparative Perspective. Alps, Scandinavia, and Beyond. (頁 241 ~ 266) ,2017年01月,M. Satoshi, H. Nakamura, N. Higashi, T. Aoki

    論文集(書籍)内論文,単著

    担当区分:最終著者  

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • いかなる場所に人々は集まり住むのか? : 街と道の千年紀シミュレーション,科学,93巻 2号 (頁 156 ~ 162) ,2023年02月,青木 高明

    ,単著

  • 対面学生にも遠隔学生にも同等に演示実験を伝達するハイブリッド型授業の新たな取組—「文系のための物理学」における実践記録—,香川大学大学教育基盤センター紀要編集委員会,香川大学教育研究 = Journal of research in higher education, Kagawa University,19巻 (頁 159 ~ 165) ,2022年03月,高橋, 尚志, 笠, 潤平, 青木, 高明

    ,単著

  • 複雑ネットワーク研究の最前線 ネットワークにおける時間と変化-Temporal and adaptive networks,一般社団法人 システム制御情報学会,システム/制御/情報,65巻 5号 (頁 176 ~ 181) ,2021年,青木高明

    ,単著

  • グラフベースの自由記述式アンケートシステムを用いた新型コロナウイルスについての心情調査研究,日本物理学会講演概要集(CD-ROM),76巻 1号 ,2021年,川本達郎, 青木高明, 上田路子

    ,単著

  • 数理地理モデリング:江戸期郡村誌に対するデータ分析の試み,小宮山印刷工業,シミュレーション,40巻 2号 (頁 101 ~ 104) ,2021年,青木高明

    ,単著

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • CSIS DAYS 2021 優秀共同研究発表賞,2021年11月,,,東京大学空間情報科学研究センター

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,代議員,2017年04月 ~ 2019年03月

  • 日本物理学会,領域11運営委員,2014年04月 ~ 2015年03月

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 産業連関分析とネットワーク科学の融合アプローチによる地域内経済循環構造の解明,その他,挑戦的研究(萌芽),2022年06月 ~ 2025年03月,日本学術振興会

  • 原シルクロードの形成-中央アジア山岳地帯の初期開発史に関する総合研究-,基盤研究(A),2021年04月 ~ 2026年03月,日本学術振興会

  • 人流ネットワークに特化した数理解析基盤の整備とその応用,基盤研究(B),2021年04月 ~ 2024年03月,日本学術振興会

  • アンケートの問い方を変える:ネットワーク科学を活用した自由記述式の統計分類法,その他,挑戦的研究(萌芽),2018年06月 ~ 2021年03月,日本学術振興会

    意思決定に際して「人々の意見や考え・思いを聞きたい」という社会ニーズがある。アンケート調査は社会調査の基盤技術として、広く社会的に利用され、新商品の開発や政策決定に役立てられている。アンケートによる質問には選択肢回答方式と自由記述回答方式の2つがある。特に自由記述式では選択肢に囚われない、多様な意見を集めることが可能である。一方その統計分析には、分析者が文章を精読し、数のグループに分類する(コード化)等の処理が必要とされ、大規模アンケートにおいては実質的に利用困難となっている。
    本研究の目的はこの困難を克服し、回答者の「生の意見」という非標準データの統計分析法を開発することである。提案法は、(1)通常の自由回答方式の質問と回答を実施、 (2)過去に得られた回答リストを提示し、自分の意見と「似た/似ていない」を選択し回答させる。この2ステップの回答から、意見が「似た・似ていない」の関係で繋がったネットワークを構築する。ネットワーク科学のコミュニティ検出法を応用し、似た意見のグループを自動抽出し,多様な自由記述を複数グループに分類する。この分類は名義変量として選択肢回答と同様にクロス表分析や回帰分析などの統計解析が可能である。
    今年度の研究実績として、(1) 改良したWebアンケートシステムを利用し、トライアル調査を実施した。トライアル調査の目的の一つは,意見ネットワーク構造の特徴把握である.トライアルでは,似た意見として選択されるケースが少なく,スパース性が高い結果となった. (2) 自然言語解析などの他の手法との比較検討を実施した。近年発展が進んでいる自然言語解析の手法について、性能比較を実施した。これらの成果は、論文にまとめて発表予定である。

  • 江戸期石高データに潜む数理構造の解明,基盤研究(C),2014年07月 ~ 2018年03月,日本学術振興会

    本課題の目的は,江戸期の石高・人口データ等を元に当時の人口動態・生産システムを統計・ネットワーク科学のアプローチから理解することである.研究背景として,特定地域を包括的に叙述する「地誌」の研究があり,特に近世江戸期について日本は世界史的に類を見ないほどの史料がある.一方これらは叙述記録であり,直接的な比較や解析が難しい.そこで本研究では村落間の繋がりをグラフとして記述し,コミュニティ検出解析する事で,村落クラスタを同定した.村落クラスタに注目することで,史料間の比較やその歴史変化を論じることが可能となる.

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「人の流れから都市の姿を描く/ネットワーク視点から文理融合研究へ」,【キーワード】数理地理モデリング/ネットワーク科学/非線形動力学

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    https://www.shiga-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/seeds17-2023-2.pdf

 
 
 

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 人流データで首都圏の変遷を可視化 東北大学、香川大学など

    2022年07月24日

  • イタリアの都市発展 粘菌の「賢さ」で検証 香川大・北大などの研究チームが論文

    2022年07月16日

  • 香川大・一橋大・東北大、人々の移動行動データに対してポテンシャル場を導入し都市空間構造を可視化する手法を発表

    2022年07月15日

  • 道はローマに通ず 粘菌の「知性」、イタリアの都市ほぼ再現

    2022年07月14日