基本情報

写真a

来嶋 秀治

KIJIMA Shuji


職名

教授

学系

データサイエンス学系

ホームページ

https://shuji-kijima.com/index_j.html

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.17より)「乱択アルゴリズムの設計・解析」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 数理工学

  • 理論計算機科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学部

    大学,2002年03月,卒業,

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  情報理工学系研究科

    博士課程,2007年03月,修了,

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報理工学),情報通信 / 情報学基礎論,東京大学,課程,2007年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス学部 データサイエンス学科,教授,2022年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大学院システム情報科学研究院,准教授,2010年04月 ~ 2022年03月

  • 数理解析研究所,助教,2007年04月 ~ 2010年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会,

  • 日本計算機統計学会,

  • 日本統計学会,

  • 日本応用数理学会,

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会,

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 情報学基礎論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Can a Skywalker Localize the Midpoint of a Rope?,ACM Transactions on Computation Theory,13巻 3号 (頁 17 ~ 23) ,2021年,Akihiro Monde, Yukiko Yamauchi, Shuji Kijima, Masafumi Yamashita

    DOI:10.1145/3460954,研究論文(学術雑誌),共著

  • Every finite distributive lattice is isomorphic to the minimizer set of an M♮-concave set function.,Operations Research Letters,49巻 1号 (頁 1 ~ 4) ,2021年,Tomohito Fujii, Shuji Kijima

    DOI:10.1016/j.orl.2020.10.012,研究論文(学術雑誌),共著

  • Search by a metamorphic robotic system in a finite 2D square Grid,Information and Computation,2021年,Keisuke Doi, Yukiko Yamauchi, Shuji Kijima, Masafumi Yamashita

    DOI:10.1016/j.ic.2021.104695,研究論文(学術雑誌),共著

  • Searching for an evader in an unknown dark cave by an optimal number of asynchronous searchers.,Theoretical Computer Science,887巻 (頁 11 ~ 29) ,2021年,Takahiro Yakami, Yukiko Yamauchi, Shuji Kijima, Masafumi Yamashita

    DOI:10.1016/j.tcs.2021.06.042,研究論文(学術雑誌),共著

  • How Many Vertices Does a Random Walk Miss in a Network with Moderately Increasing the Number of Vertices?,Proceedings of the 2021 ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms(SODA) (頁 106 ~ 122) ,2021年,Shuji Kijima, Nobutaka Shimizu, Takeharu Shiraga

    DOI:10.1137/1.9781611976465.8,研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 動的グラフ上のランダムウォーク,応用数理,32巻 1号 (頁 5 ~ 15) ,2022年03月,来嶋秀治, 清水伸高, 白髪丈晴

    DOI:10.11540/bjsiam.32.1_3,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),共著

  • グラフアルゴリズムの最先端,電子情報通信学会誌,101巻 3号 (頁 246 ~ 247) ,2018年03月,来嶋秀治

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),単著

  • 乱択と計算,応用数理,27巻 3号 (頁 15 ~ 23) ,2017年09月,来嶋秀治

    DOI:10.11540/bjsiam.27.3_15,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),単著

  • Randomness in algorithm design,Journal of Physics: Conference Series,473巻 012014号 (頁 1 ~ 10) ,2013年12月,Shuji Kijima

    記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ),単著

  • マルコフ連鎖の完璧シミュレーション, シミュレーション,26巻 2号 (頁 101 ~ 106) ,2007年06月,松井知己, 来嶋秀治

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),共著

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • LAシンポジウム2021,事務局代表,2021年04月 ~ 2022年03月

  • The 9th Hungarian-Japanese Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications,Organizing Chair,2015年06月

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 確率過程としての乱択計算論,基盤研究(B),2021年04月 ~ 2026年03月,日本学術振興会

  • うごきの分散計算理論,その他,挑戦的研究(萌芽),2017年06月 ~ 2021年03月,日本学術振興会

    分散計算論は,小さな計算(局所計算)を統合して全体を計算するための理論である.計算において,環境の変化(うごき)は本来回避して制御すべき対象であるが,本課題では,逆に「うごき」を分散計算に積極的に取り込むための理論研究に取り組んだ.
    自律分散ロボットやモジュールロボットの分散アルゴリズム設計で成果を得たほか,線分上の中点探索問題や動的グラフ上のランダムウォークの解析などの新しい研究領域を開拓する成果を得た.

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「乱択アルゴリズムの設計・解析」,【キーワード】数理工学/理論計算機科学/オペレーションズ・リサーチ

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/seeds17-9-.pdf