研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • コーポレート・ガバナンス、実証研究、比較法

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  法学政治学研究科  総合法政専攻

    博士課程,2022年10月,修了,日本国

  • 東京大学  法学政治学研究科

    修士課程,2019年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(法学),民事法学,東京大学,課程,2022年10月

  • 修士(法学),民事法学,東京大学,課程,2019年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部 総合経済学科 社会システム専攻,講師,2022年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 国立台湾大学 法学院,大学等非常勤研究員,2022年08月 ~ 2022年09月

  • 日本証券業協会 日本証券業協会,研究員,2022年04月 ~ 2024年03月

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 会社法

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 司法試験

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 個別株主通知と不公正発行[大阪高裁令和4.2.10決定],ジュリスト1592号 (頁 130 ~ 133) ,2024年,賴奕成

    研究論文(学術雑誌),単著

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

  • コーポレート・ガバナンスにおける政策保有株主と機関投資家の役割に関する覚書——理論的・実証的な視点に基づく,公益財団法人みずほ学術振興財団懸賞入選論文集 (頁 1 ~ 11) ,2020年,賴奕成

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

  • 発行者の虚偽記載責任:発行市場取得及び流通市場取得の損害額とその減額[東京高裁平成 29.2.23 判決],ジュリスト1542号 (頁 130 ~ 133) ,2020年,賴奕成

    研究論文(学術雑誌),単著

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 東北大学商法研究会,国内会議,2023年03月,2023年03月,上場企業の株式保有構造と機関投資家のスチュワードシップ責任,口頭発表(一般)

  • 東京大学商法研究会,国内会議,2022年12月,2022年12月,大阪高決令和4年2月10日LEX/DB25591681(原審=大阪地決令和4年2月9日LEX/DB25591680),口頭発表(一般)

  • 企業法研究会,国内会議,2022年10月,上場企業の株式保有構造と機関投資家のスチュワードシップ責任,口頭発表(一般)

  • 日本証券業協会客員研究員会合,国内会議,2022年10月,2022年10月,The Faux and Real Effect of the Stragetic-Holding Shareholders Reformation in Japan,口頭発表(一般)

  • The 19th Annual Asian Law Institute (ASLI) Conference,,2022年05月,2022年05月28日,The Jamais Vu of Stewardship in Japan,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

受賞 【 表示 / 非表示

  • 東京大学博士論文特別優秀賞 ,2022年10月,その他,,東京大学

  • みずほ学術振興財団第 61 回懸賞論文 研究者部門2等,2019年07月,出版社・新聞社・財団等の賞,,みずほ学術振興財団

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • コーボレート・ガバナンスにおける株主の役割――機関投資家と政策保有株主を中心に,その他,公益財団法人石井記念証券研究振興財団研究助成,2019年04月 ~ 2020年03月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「上場企業の保有構造と機関投資家のスチュワードシップ責任との交錯」,【キーワード】コーポレート・ガバナンス/株式保有構造/機関投資家/フィデューシャリー・デューティ(受託者責任)/比較法

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/seeds17-54-.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 商取引法,2023年10月 ~ 2024年03月

  • 社会データ分析演習,2023年10月 ~ 2024年03月

  • 会社法,2023年04月 ~ 2023年09月

  • 大学入門セミナー,2023年04月 ~ 2023年09月

  • 外国文献研究,学部教養科目,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

 
 

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 日本における大量保有報告制度改正の動向

    役割:学術調査立案・実施

    2022年11月

  • 公正なM&Aの在り方に関する指針

    役割:学術調査立案・実施

    2022年08月

  • 日本におけるM&Aの近時動向

    役割:学術調査立案・実施

    2022年08月