研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 医療社会学

  • 社会調査

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 中京大学  社会学研究科

    博士課程,2017年03月,修了,

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(社会学),人文・社会 / 社会学,中京大学,課程,2017年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス・AIイノベーション研究推進センター,助教,2022年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,助教,2021年04月 ~ 2022年03月

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 社会学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度医療ソーシャルワーカー(MSW)における依存症支援意識・実態調査報告ーMSWが依存症支援力を高めるために、協会が取り組むべき課題とアクションプランー ,医療と福祉,55巻 2号 (頁 2 ~ 8) ,2021年11月,稗田里香, 伊達平和, 堀兼大朗, 坪田まほ, 南本宜子, 左右田哲, 野村裕美, 浅野正友輝, 上堂薗順代, 才田靖人, 斉藤正和, 佐々木幸, 佐原まち子, 兵倉香織, 松浦千恵

    研究論文(学術雑誌),共著

  • ユニバーサル・アクセス時代における高等教育進学者の様態の社会空間アプローチ : 多重対応分析における投入変数とサプリメンタリー変数の関連から,中京大学社会学研究科社会学論集,18巻 (頁 27 ~ 40) ,2019年03月,堀 兼大朗, 相澤 真一, 森田 次朗

    研究論文(学術雑誌),共著

    担当区分:筆頭著者  

  • 最長職が高齢者の健康行動に及ぼす影響の検証 ,2015年SSM調査報告3 社会移動・健康,2018年04月,堀 兼大朗

    論文集(書籍)内論文,単著

  • 自閉症スペクトラム障害者の母親による障害の打ち明けの規定因の解明 ,保健医療社会学論集,27巻 2号 (頁 38 ~ 47) ,2017年04月,堀 兼大朗

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 公共空間における自閉症者の母親の責任をめぐる社会学的研究 ,東海社会学会年報,8巻 (頁 131 ~ 142) ,2016年04月,堀 兼大朗

    研究論文(学術雑誌),単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 大学教育と博物館,ユニテ,2021年03月,村上 隆,谷岡 謙,堀 兼大朗

    学術書,共著

  • 特別支援教育の到達点と可能性 ―2001~2016 年:学術研究からの論考 ,金剛出版,2017年09月,辻井 正次,堀 兼大朗

    学術書,共著

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 湖東地区で働く若手従業員の職場環境と生活に関する調査,湖東地区で働く若手従業員の職場環境と生活に関する調査,2022年03月,伊達 平和,堀 兼大朗

    ,単著

  • 令和3年度公益社団法人日本医療ソーシャルワーカー協会社会貢献事業部依存症リカバリーソーシャルワークチーム事業報告書―「依存症支援研修」受講後アンケート調査及び活動―,令和3年度公益社団法人日本医療ソーシャルワーカー協会社会貢献事業部依存症リカバリーソーシャルワークチーム事業報告書―「依存症支援研修」受講後アンケート調査及び活動―,2022年03月,公益社団法人 日本医療ソーシャルワーカー協会 社会貢献事業部 依存症リカバリーソーシャルワークチーム

    ,単著

  • 医療ソーシャルワーカー(MSW)における依存症支援意識・実態調査最終報告書 ,医療ソーシャルワーカー(MSW)における依存症支援意識・実態調査最終報告書 ,2021年03月,稗田里香, 左右田哲, 野村裕美, 浅野正友輝, 伊達平和, 堀兼大朗他日本医療社会福祉協会依存症リカバリーソーシャルワークチーム

    ,単著

  • 訪問による自立訓練(生活訓練)を活用した地域移行及び地域生活支援の在り方に関する研究 ~発達障害領域の訪問(アウトリーチ)サービス~,訪問による自立訓練(生活訓練)を活用した地域移行及び地域生活支援の在り方に関する研究 ~発達障害領域の訪問(アウトリーチ)サービス~,2016年,辻井正次, 浮貝明典, 松田裕次郎, 堀兼大朗, 田中尚樹, 村山恭朗, その他

    その他,単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 日本アルコール関連問題学会第43回,,2021年12月,医療ソーシャルワーカー(MSW)における依存症支援意識と実態(パート2)ー当協会の取り組むべきアクションプランの提示ー,口頭発表(一般)

  • 日本アルコール関連問題学会第43回,,2021年12月,医療ソーシャルワーカー(MSW)における依存症支援意識と実態(パート1)ーアンケート調査の単純・クロス集計とKHコーダーによる分析結果からー,ポスター発表

  • 第94回日本社会学会大会,,2021年11月,日本社会における生活様式空間と文化資本,口頭発表(一般)

  • The 2nd Congress of East Asian Sociological Association,,2021年10月,Social Class Structure in Japan: Measuring Social Class Using Capitals and Assets,口頭発表(一般)

  • British Sociological Association 70th Anniversary virtual conference 2021,,2021年04月,The Structure of Social Class in Japan: Application of the Great British Class Survey Experiment to a Japanese National Representative Datase,口頭発表(一般)

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀修士論文研究 ,2014年,学会誌・学術雑誌による顕彰,,東海社会学会

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 重層的支援体制整備におけるソーシャルワーカーと救急隊員の連携協働の意義,基盤研究(C),一般受託研究,国内共同研究,2021年04月 ~ 2024年03月

  • 湖東・湖北地区における若者の働き方に関する研究,受託研究,一般受託研究,2021年04月 ~ 2022年03月

  • 外国にルーツを持つ子の親にとっての発達障害概念と子育て,基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,中京大学

  • 普通学校における障害児排除の多層的要因の解明 ,特別研究員奨励費,2019年04月 ~ 2021年03月

  • 自閉症スペクトラム障害をめぐる差別的排除構造の社会学的解明,特別研究員奨励費,2015年04月 ~ 2017年03月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.16より)【代表的な研究テーマ】「障がい者支援に関する社会学的研究/人々のライフスタイルに関する社会学的研究」,【キーワード】社会学/社会調査/保健医療社会学/障害学

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/08/16-hori.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 社会分析論,2022年04月 ~ 2022年09月

  • 社会分析演習,2022年04月 ~ 2022年09月

  • 社会分析演習,2021年04月 ~ 2021年09月

  • 社会分析論,2021年04月 ~ 2021年09月

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 京都府立桂高校におけるデータサイエンス講義,2021年10月

  • 長浜市データアカデミー,2021年06月 ~ 2021年08月

  • 彦根市雇用対策協議会との共同研究:湖東地区に住む若手従業員と大学生を対象とする調査,2021年04月 ~ 2022年03月