基本情報

写真a

飯山 将晃

IIYAMA Masaaki


職名

教授

学系

データサイエンス学系

ホームページ

https://www.iiyama-lab.org/

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • CGモデリング

  • EMアルゴリズム

  • インタラクション

  • コミュニケーション

  • コンテンツ作成

全件表示 >>

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学部  情報工学科

    大学,1998年03月,卒業,

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  情報学研究科  知能情報学専攻

    博士課程,2003年03月,単位取得満期退学,日本国

  • 京都大学  情報学研究科  知能情報学専攻

    修士課程,2000年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報学),情報通信 / 知覚情報処理,京都大学,課程,2006年07月, 3D Object Model Acquisition from Silhouettes

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,教授,2021年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 学術情報メディアセンター,准教授,2015年04月 ~ 2021年03月

  • 経済学研究科,准教授,2010年01月 ~ 2015年03月

  • 経済学研究科,講師,2006年05月 ~ 2009年12月

  • 学術情報メディアセンター,助手,2003年04月 ~ 2006年04月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • IEEE,

  • 水産海洋学会,

  • 人工知能学会,

  • 情報処理学会,

  • 電子情報通信学会,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 知覚情報処理

  • 情報通信 / 知能ロボティクス

  • 情報通信 / 知覚情報処理

  • 情報通信 / 知能情報学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Deep learning models to predict sea surface temperature in Tohoku region,IEEE Access,2022年04月,Kalpesh R. Patil, Masaaki Iiyama

    DOI:10.1109/ACCESS.2022.3167176,研究論文(学術雑誌),共著

    担当区分:最終著者  

  • Towards Open-Set Scene Graph Generation With Unknown Objects,IEEE Access,10巻 (頁 11574 ~ 11583) ,2022年01月,Motoharu Sonogashira, Masaaki Iiyama, Yasutomo Kawanishi

    DOI:10.1109/ACCESS.2022.3145465,研究論文(学術雑誌),共著

  • Dehazing cost volume for deep multi-view stereo in scattering media with airlight and scattering coefficient estimation,Computer Vision and Image Understanding,211巻 103253号 ,2021年10月,Yuki Fujimura, Motoharu Sonogashira, Masaaki Iiyama

    DOI:10.1016/j.cviu.2021.103253,研究論文(学術雑誌),共著

    担当区分:最終著者  

  • Cloud-Free Sea-Surface-Temperature Image Reconstruction From Anomaly Inpainting Network,IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing,60巻 (頁 1 ~ 11) ,2021年09月,Nobuyuki Hirahara, Motoharu Sonogashira, Masaaki Iiyama

    DOI:10.1109/TGRS.2021.3111649,研究論文(学術雑誌),共著

    担当区分:最終著者  

  • Tourist Transition Model among Tourist Attractions based on GPS Trajectory,Journal of Smart Tourism,1巻 2号 (頁 19 ~ 25) ,2021年06月,Hidekazu Kasahara, Takeshi Watabe, Masaaki Iiyama

    DOI:10.52255/smarttourism.2021.1.2.4,研究論文(学術雑誌),共著

    担当区分:最終著者  

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • コンピュータビジョン ―アルゴリズムと応用―,共立出版,2013年,R. Szeliski,玉木 徹,福嶋 慶繁,飯山 将晃,鳥居 秋彦,栗田 多喜夫,波部 斉,林 昌希,野田 雅文

    学術書,共訳

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 時系列予測と画像インペインティングによる海面水温画像の修復,情報処理学会全国大会,6Q-09巻 ,2022年03月,飯田 琢矢, 笠原 秀一, 近藤 一晃, 飯山 将晃

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議),共著

  • 漁場ナビ,スマート水産業入門,p.66-67巻 ,2022年03月,飯山 将晃

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),共著

  • ピクセルごとのディスクリミネータを用いた海水温画像の欠損修復と超解像,情報処理学会全国大会,5Q-07巻 ,2022年03月,佐藤 雄志, 笠原 秀一, 近藤 一晃, 飯山 将晃

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議),共著

  • 学習ベースの重み付き最小二乗法による単一光源下での散乱除去,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)2021,S1-4巻 ,2021年07月,住江 祐哉, 藤村 友貴, 薗頭 元春, 飯山 将晃

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議),共著

  • Focusing Cost Volumeを用いた深層Depth from Defocus,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)2021,I11-15巻 ,2021年07月,伊藤 佑真, 藤村 友貴, 薗頭 元春, 飯山 将晃

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議),共著

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 特許権,推定システム、推定装置および推定方法,橋本敦史, 飯山将晃, 高橋龍平, 薗頭元春

    出願番号( 特願2019-206383,2019年11月14日 ) ,オムロン株式会社,

    出願国:

  • 特許権,モデル生成装置、予測装置、モデル生成方法、及びモデル生成プログラム,橋本敦史, 上川優太, 薗頭元春, 飯山将晃

    出願番号( 特願2019-026013,2019年02月15日 ) ,

    出願国:

  • 特許権,修復用関数調整システム、データ修復装置、修復用関数調整方法、修復用関数生成方法、およびコンピュータプログラム,飯山 将晃, 美濃 導彦, 笠原 秀一, 柴田 哲希, 橋本 敦史

    出願番号( 特願2018-139601,2018年07月25日 ) ,京都大学,

    出願国:

  • 特許権,クラスタ評価装置、クラスタ数算出装置、クラスタ装置、クラスタ評価方法、およびプログラム,橋本敦史,伊奈拓郎,飯山将晃,森 幹彦,笠原秀一,美濃導彦

    出願番号( 特願2016-138105,2016年07月01日 ) ,京都大学,

    出願国:

  • 特許権,開口パターンの設計方法,画像の復元方法および画像復元装置,作山 努, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦

    出願番号( 特願2014-057916,2014年03月20日 ) ,大日本スクリーン製造株式会社,

    出願国:

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 第1回びわ湖環境シンポジウム,,2021年11月,2021年11月14日,漁業とAI ~宇宙からの目とデータサイエンスで海を見る~,口頭発表(基調)

  • 第47回可視化情報シンポジウム,,2019年07月,2019年07月25日,パターン認識技術を用いた海洋・水産データ処理,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 食品小売店舗、製造ラインにおける画像識別技術の開発,共同研究,国内共同研究,2021年08月 ~ 2022年03月,株式会社イシダ

  • オーシャンビジョン:機械学習と機械学習の統合による海洋予測技術の研究,基盤研究(A),2021年04月 ~ 2025年03月

  • Fish Techによるサステイナブル漁業モデルの創出,戦略的創造研究推進事業,2021年04月 ~ 2023年03月,国立研究開発法人科学技術振興機構

  • 種子発芽、苗の画像解析,受託事業,2021年04月 ~ 2022年03月,タキイ種苗株式会社

  • 衛星とシングルビーム測深機及び人工知能を活用した詳細海底地形図自動作成システムの開発,共同研究,国内共同研究,2021年04月 ~ 2022年03月,株式会社AquaFusion

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究4,2022年10月 ~ 2023年03月

  • データサイエンス実践価値創造演習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 課題研究2,2022年10月 ~ 2023年03月

  • データサイエンス入門演習,2022年10月 ~ 2023年03月

  • データ構造とアルゴリズム,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

 
 

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 遠洋カツオ釣りでAIによる漁場予測

    2021年10月18日

    執筆者:本人以外