基本情報

写真a

田島 友祐

TAJIMA Yusuke


職名

助教

学系

データサイエンス学系

生年

1989年

研究分野・キーワード

睡眠段階推定

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

2017年電気通信大学大学院博士前期課程修了.同年日本学術振興会特別研究員 DC1 採用. 2020 年同大学大学院博士後期課程修了.工学博士.同年 滋賀大学データサイエンス教育研究センター 科助教.現在に至る.睡眠を始めとする生体振動データの解析に従事.進化計算学会,人工知能学会などの学会会員.

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.16より)「睡眠周期と心拍の中周波成分の類似性を考慮した生体振動データに基づく無拘束型睡眠段階推定法」

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 電気通信大学  電気通信学部  人間コミュニケーション

    大学,2013年03月,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),生命・健康・医療情報学,電気通信大学,課程,2020年03月, 睡眠周期と心拍の中周波成分の類似性を考慮した生体振動データに基づく無拘束型睡眠段階推定法

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,助教,2020年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 進化計算学会,2020年04月 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生命・健康・医療情報学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Sleep Stage Estimation Comparing Own Past Heartrate or Others' Heartrate,Measurement, and System Integration,11巻 1号 (頁 32 ~ 39) ,2018年01月,Yusuke Tajima, Fumito Uwano, Akinori Murata, Tomohiro Harada, Keiki Takadama

    研究論文(学術雑誌),共著,生命・健康・医療情報学

  • Sleep Stage Re-Estimation Method focus on Changing Sleep Cycles,AAAI 2018 Spring Symposium Series (頁 280 ~ 284) ,2018年,Yusuke Tajima,Akinori Murata, TomohiroHarada,KeikiTakadama

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,生命・健康・医療情報学

  • Sleep Stage Estimation using heartrate approximateminimum method,AAAI 2017 Spring Symposium Series (頁 734 ~ 739) ,2017年,Yusuke Tajima, Tomohiro Harada, Keiki Takadama

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,生命・健康・医療情報学

  • Personalized real-time sleep stage from past sleep data to today's sleep stage estimation,The 18th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2016) (頁 501 ~ 510) ,2016年,Yusuke Tajima, Tomohiro Harada, Hiroyuki Sato, Keiki Takadama

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,生命・健康・医療情報学

  • Evolutionary algorithms for uncertain evaluation functions,New Mathematics and Natural Computation,11巻 2号 (頁 201 ~ 215) ,2015年07月,YusukeTajima, MasayaNakata, HiroyasuMatsushima, HiroyukiSato, KiyohikoHattori, KeikiTakadama

    研究論文(学術雑誌),共著,生命・健康・医療情報学

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第48回 知能システムシンポジウム,国内会議,2021年03月,Zoom,境界と関係性を視座とするシステムズアプローチ,口頭(一般),生命・健康・医療情報学

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 一般家庭の電力需要予測ロジックの開発,共同研究,国内共同研究,2020年06月 ~ 2021年03月,大阪ガス株式会社

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.16より)【代表的な研究テーマ】「睡眠周期と心拍の中周波成分の類似性を考慮した生体振動データに基づく無拘束型睡眠段階推定法」,【キーワード】睡眠/睡眠段階推定/無拘束/生体振動データ

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/01/16-20.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • プログラミング1演習,2021年04月 ~ 2021年09月

 
 

社会貢献・連携 【 表示 / 非表示

  • 平成31年度滋賀県立河瀬中学校アカデミックプログラム,2020年11月