基本情報

写真a

滝井 未来

TAKII Miki


職名

講師

学系

教育学系

メールアドレス

メールアドレス

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.16より)「留学生に必要なことばの学び/多文化社会とビリーフ変容」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 多文化共生

  • 日本語教育

  • 留学生

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都外国語大学  外国語学研究科  異言語・文化専攻

    博士課程,2017年03月,修了,日本国

  • 京都外国語大学  外国語学研究科  異言語・文化専攻

    修士課程,2010年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(言語文化学),人文・社会 / 言語学,京都外国語大学,課程,2017年03月

  • 修士(言語文化学),人文・社会 / 言語学,京都外国語大学,課程,2010年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 国際交流機構,講師,2019年10月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 外国語学部,非常勤講師,2018年04月 ~ 2019年09月

  • 日本語日本文化教育センター,非常勤講師,2017年10月 ~ 2019年09月

  • グローバルコミュニケーション研究所,研究員,2017年04月 ~ 2019年03月

  • 教育学部,非常勤講師,2014年04月 ~ 2019年03月

  • 国際教育交流センター,非常勤講師,2010年08月 ~ 2021年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 異文化間教育学会,2020年04月 ~ 継続中,

  • 国際行動学会,2019年12月 ~ 継続中,

  • 日本語教育学会,2009年04月 ~ 継続中,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 日本語教育

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育能力検定試験

  • 高等学校教諭1種免許状(社会)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日本人と留学生の多文化共生学習環境における双方向の学びに関する研究,2017年04月 ~ 継続中

    国内共同研究,共同研究

  • 留学生に必要なことばの学びと周辺環境に関する質的研究,2012年04月 ~ 継続中

    個人研究

  • 学習者ビリーフ変容に関する質的研究,2010年04月 ~ 継続中

    個人研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 大学での留学生を対象とした日本語学習支援における日本人学生の内省を通しての学び ―自律を目指す日本語教育実習の観点から―,国際行動学研究15号 (頁 19 ~ 41) ,2021年03月,飯島有美子,滝井未来,越山泰子

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 「心理的な距離」の観点から見る日本語学習者の学習環境についての考察,グローバルコミュニケーション研究叢書1号 (頁 45 ~ 57) ,2019年03月,越山泰子,滝井未来,飯島有美子

    研究論文(大学,研究機関等紀要),共著

  • ヴォイスの獲得を活性化するエッセイのフィードバックについての一考察,多文化社会と留学生交流21号 (頁 19 ~ 28) ,2017年03月,岡崎洋三,滝井未来

    研究論文(大学,研究機関等紀要),共著

  • 学習者の語りを通じて見る学習意欲とビリーフ変容-タイ人学習者を取り巻く社会との関わりから-,日本語プロフィシエンシー研究4号 (頁 21 ~ 40) ,2016年06月,滝井未来

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 「考えること」から学習者は何を学ぶのか-中級レベルにおける言語運用能力の育成の試み,2016年度日本語教育学会春季大会 (頁 171 ~ 176) ,2016年05月,滝井未来

    論文集(書籍)内論文,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 留学生のことばの学びとビリーフ変容-タイ人留学生の学習意欲に関する質的研究-,株式会社ココ出版,2022年02月,滝井 未来

    学術書,単著

  • 最新日本語能力考試模擬試験題集(N1),上海教育出版社,2010年,中川良雄,張厚泉,滝井未来他共著

    その他,単著

  • 最新日本語能力考試模擬試験題集(N2),上海教育出版社,2010年,中川良雄,張厚泉,滝井未来他共著

    その他,単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育学会第6回研究集会,国内会議,2019年03月,新しい中級教育の提案-テーマ中心による表現力・思考力養成の教育とは-,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 日本語教育国際研究大会(2018年度ヴェネチア大会),国際会議,2018年08月,大学の日本語クラスにおける学習支援インターンシップ-日本人と留学生の双方向の「学び」-,口頭発表(一般)

  • 2018年度CCBIシンポジウム,国内会議,2018年06月,ことばの学びにおける他者の存在が生み出すもの-自国の「社会・文化」が意識に影響を及ぼす韓国人留学生の事例-,口頭発表(一般)

  • 第4回応用言語学と日本語教育実践のためのシンポジウム,国際会議,2017年09月,ことばのジャンルの習得と思考の領域-初級及び中級の日本語学習を行う留学生を対象に-,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 「土曜の会」特別企画公開授業研究会,国内会議,2017年09月,バフチンの対話-自己表現活動中心の基礎日本語教育に向けて-,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 留学生のビリーフ変容に関する聞き取り調査,2012年04月 ~ 2014年03月

    その他

  • マーシャルの環境問題に関する絵本作成,2005年03月

    その他

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 異文化間教育学会,会員,2020年04月 ~ 継続中

  • 国際行動学会,会員,2019年12月 ~ 継続中

  • 言語文化教育研究学会,会員,2016年04月 ~ 継続中

  • 日本語プロフィシエンシー研究学会,会員,2014年06月 ~ 継続中

  • 日本語教育学会,会員,2009年04月 ~ 継続中

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 状況的学習論を用いた留学生の卒業後を見据えた社会参加への道筋構築,研究活動スタート支援,2020年09月 ~ 2022年03月

  • 日本人と留学生の多文化共生学習環境における双方向の学び,共同研究,国内共同研究,2018年 ~ 2019年,関西国際大学

  • ことばの学びとビリーフ変容-タイ人留学生の学習意欲に関する質的研究,その他,京都外国語大学総長給費奨学金,2012年 ~ 2013年,京都外国語大学

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.16より)【代表的な研究テーマ】「留学生に必要なことばの学び/多文化社会とビリーフ変容」,【キーワード】留学生/学習者ビリーフ/動機づけ・意欲/文化・社会/ことばの学び

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/01/16-87.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 日本語アカデミックコミュニケ―ションⅡ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 日本語実践コミュニケーションⅡ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 日本語Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 日本語Ⅳ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 日本語教育の理論と方法,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学教員免許状更新講習(オンデマンド),2021年

  • 滋賀大学教員免許状更新講習,2020年08月

  • 中国残留孤児帰国者への日本語講座,2007年11月 ~ 2009年03月