基本情報

写真a

江崎 剛史

ESAKI Tsuyoshi


職名

助教

学系

データサイエンス学系

研究分野・キーワード

情報科学、薬物動態、代謝物解析

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学  理学部  数学科

    大学,2008年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学  自然科学研究科  数理物理科学専攻

    修士課程,2010年03月,修了,日本

  • 大阪大学  生命機能研究科  生命機能専攻

    博士課程,2015年09月,単位取得満期退学,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),医療系薬学,大阪大学,課程,2016年03月, 1細胞質量分析法による生きたミトコンドリア単体でのダイレクト代謝解析

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,助教,2019年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 広島大学 医歯薬学総合研究科等運営支援グループ,職員(事務系),2010年04月 ~ 2012年03月

  • 理化学研究所 生命システム研究センター,職員(技術系),2012年04月 ~ 2016年03月

  • 医薬基盤・健康・栄養研究所 バイオインフォマティクスプロジェクト,研究員,2016年04月 ~ 2019年03月

  • 東京医科歯科大学  ,非常勤講師,2018年07月 ~ 継続中

  • 医薬基盤・健康・栄養研究所 AI健康・医薬研究センター,研究員,2019年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 情報計算化学生物学会,2018年04月 ~ 継続中,日本

  • 薬物動態学会,2018年10月 ~ 継続中,日本

  • 構造活性相関部会,2019年04月 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学

  • 数学基礎・応用数学

  • 生命・健康・医療情報学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)

  • 中学校教諭免許(専修・1種・2種)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Novel development of an anti-flavivirus drug targeting the nucleolar distribution of the core protein,Virology,541巻 (頁 41 ~ 51) ,2020年02月,Makoto Tokunaga, Yoichi Miyamoto, Tatsuya Suzuki, Mayumi Otani, Shinsuke Inuki, Tsuyoshi Esaki, Chioko Nagao, Kenji Mizuguchi, Hiroaki Ohno, Yoshihiro Yoneda, Toru Okamoto, Masahiro Oka, Yoshiharu Matsuura

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Development of in silico prediction system of human renal excretion and clearance from chemical structure information,Scientific Reports,9巻 (頁 18782 ~ ) ,2019年12月,Reiko Watanabe, Rikiya Ohashi, Tsuyoshi Esaki, Hitoshi Kawashima, Yayoi Natsume-Kitatani, Chioko Nagao, Kenji Mizuguchi

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Constructing an in silico three-class predictor of human intestinal absorption with Caco-2 permeability and dried-DMSO solubility,Journal of Pharmaceutical Sciences,108巻 11号 (頁 3630 ~ 3639) ,2019年11月,Tsuyoshi Esaki, Rikiya Ohashi, Reiko Watanabe, Yayoi Natsume-Kitatani, Hitoshi Kawashima, Chioko Nagao, Kenji Mizuguchi

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Computational model to predict the fraction of unbound drug in the brain,Journal of Chemical Information and Modeling,59巻 7号 (頁 3251 ~ 3261) ,2019年07月,Tsuyoshi Esaki, Rikiya Ohashi, Reiko Watanabe, Yayoi Natsume-Kitatani, Hitoshi Kawashima, Chioko Nagao, Kenji Mizuguchi

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Development of a simplified in vitro P-glycoprotein substrate assay and in silico three-class classification model to evaluate transport potential of P-glycoprotein,Molecular Pharmaceutics,16巻 5号 (頁 1851 ~ 1863) ,2019年04月,Rikiya Ohashi, Reiko Watanabe, Tsuyoshi Esaki, Tomomi Taniguchi, Nao Torimoto-Katori, Tomoko Watanabe, Yuko Ogasawara, Tsuyoshi Takahashi, Mikiko Tsukimoto, Kenji Mizuguchi

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 人と共生するAI革命 ~活用事例からみる生活・産業・社会の未来展望~,エヌ・ティー・エス出版,2019年06月,江崎 剛史,渡邉 怜子,夏目 やよい,伊藤 眞里,長尾 知生子,川島 和,水口 賢司

    単行本(学術書),第7章 第2節 AI活用による薬物動態予測システムの開発,共著

  • Encyclopedia of Bioinformatics and Computational Biology,Elsevier,2019年01月,Lokesh P. Tripathi, Tsuyoshi Esaki§, Mari N. Itoh§, Yi-An Chen, Kenji Mizuguchi

    単行本(学術書),Vol.3: Integrative analysis of Multi-omics data,共著

  • [CSJカレントレビュー 23] 先端計測-研究を支える機器開発,化学同人社,2016年08月,伊達 沙智子,江崎 剛史,升島 努

    単行本(学術書),PartⅡ 2章: 1細胞質量分析法,共著

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 創薬支援のデータサイエンス ~薬物動態データから更なる価値の創造をめざして~,創薬のひろば,11巻 (頁 16 ~ 19) ,2019年10月,江崎 剛史、池田 和由

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 創薬支援インフォマティクスシステム構築プロジェクト:薬物動態、毒性の統合解析プラットフォーム,薬剤学,2017年07月,江崎 剛史,渡邉 怜子,川島 和,夏目 やよい,水口 賢司

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 1細胞レベルの網羅的分子解析 ― メタボロミクス,生体の科学,2014年06月,藤田 愛,江崎 剛史,伊達 沙智子,水野 初,島 努

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 1細胞質量分析法による植物内のダイレクト分子探索,植物の生長調節,2013年12月,江崎 剛史,升島 努

    総説・解説(学術雑誌),共著

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 特許,データ分析方法、データ分類装置およびデータ分類プログラム,櫛部 大介,江崎 剛史,升島 努,山口 政仁

    出願番号( 特願2016-103425,2016年05月24日 ) 公開番号( 特開2017-211762,2017年11月30日 ) ,日本

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第47回構造活性相関シンポジウム,国内会議,2019年12月,膜透過性予測に重要なパラメータの提案に向けた非線形スパース正則法の適用,ポスター(一般)

  • the 34th JSSX Annual Meeting,国内会議,2019年12月,Development of a pharmacokinetics prediction system using multiscale integrated modeling: 3. In Silico Prediction of Human Absorption Ratio using Permeability and Solubility Data,ポスター(一般)

  • The 34th JSSX Annual Meeting,国内会議,2019年12月,Development of Simplified in Vitro P-Glycoprotein Substrate Assay and in Silico Prediction Models to Evaluate Transport Potential of P-Glycoprotein,ポスター(一般)

  • 日本生物工学会バイオインフォマティクス相談部会 第三回講習会,国内会議,2019年11月,京都大学吉田キャンパス,ワークフロー型分析プラットフォームを用いたメタボロームデータの解析,口頭(招待・特別)

  • AAPS 2019 Pharmsci 360,国際会議,2019年11月,Development of in silico prediction models to evaluate pharmacokinetic profiles using chemical structure information,ポスター(一般)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Excellent Poster Award,2019年10月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,情報計算化学生物学会

  • Best Poster Award,2017年10月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,情報計算化学生物学会

  • Hot Article Award Analytical Science,2015年12月,学会誌・学術雑誌による顕彰,Japan,The Japan Society for Analytical Chemistry

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • CBI学会2019年大会,フォーカストセッション 座長,2019年10月

  • CBI学会2018年大会,フォーカストセッション 座長,2018年10月

  • 日本生物工学会 バイオインフォマティクス相談部会,相談窓口 外部アドバイザー,2018年10月 ~ 継続中

  • 情報計算化学生物学会,2018年プログラム委員,2018年06月 ~ 継続中

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ガス機器故障検知ロジックの開発,共同研究,国内共同研究,2019年06月 ~ 継続中,大阪ガス株式会社

  • 非線形スパース正則化を用いた医薬品候補の構造改善を提案する手法の開発,その他,滋賀大学重点領域研究助成,2019年04月 ~ 継続中