基本情報

写真a

大谷 宗啓

OHTANI Munehiro


職名

特任講師

学系

生年

1975年

研究分野・キーワード

対人関係、友人関係、アイデンティティ、時間的展望、動機づけ

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.re2.sakura.ne.jp/ohtani/jp/index.html

プロフィール

自己のあり方および関係対象の切替に注目した友人関係研究と,課題価値に注目した学習動機づけ研究の2つを主たる切り口として,青年が社会とどのように折り合いをつけていくのかを研究しています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 同朋大学  社会福祉学部  社会福祉学科 人間形成論講座

    大学,2000年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学  教育学研究科  学校教育専攻

    修士課程,2005年09月,修了,日本

  • 関西大学  社会学研究科  社会心理学専攻

    博士課程,2009年03月,中退,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(教育学),教育学,滋賀大学,課程,2005年09月, 高校生・大学生の友人関係における「状況に応じた切替」―心理的ストレス反応,自我同一性の感覚,個人志向性・社会志向性との関連にも注目して

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,特任講師,2018年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本教育心理学会,2003年 ~ 継続中,日本

  • 日本青年心理学会,2005年 ~ 継続中,日本

  • 日本社会心理学会,2007年 ~ 継続中,日本

  • 日本心理学会,2007年 ~ 継続中,日本

  • 日本学校心理士会,2014年 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 学校心理士

  • 高等学校教諭専修免許

  • 中学校教諭専修免許

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 大学生にとって友人関係における状況に応じた切替とはどのような体験なのか――自由記述と半構造化面接によるボトムアップアプローチ――,滋賀大学教育学部紀要68号 (頁 99 ~ 113) ,2019年03月,大谷 宗啓

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,教育心理学,社会心理学

  • 今後の恋愛関係研究のために――髙坂論文への意見論文――,青年心理学研究,30巻 2号 (頁 179 ~ 182) ,2019年03月,大谷 宗啓

    研究論文(学術雑誌),単著,教育心理学,社会心理学

  • 現代青年のコミュニケーション行動の変容 ――学校生活指導への示唆――,大阪教育大学紀要(人文社会科学・自然科学),67巻 (頁 135 ~ 147) ,2019年02月,白井 利明, 大谷 宗啓

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著,教育心理学,社会心理学

  • 現代青年の友人関係は希薄化したのか――青年バッシングという世代間格差に抗して――,心理科学,38巻 2号 (頁 1 ~ 9) ,2017年12月,白井 利明, 大谷 宗啓

    研究論文(学術雑誌),共著,教育心理学,社会心理学

  • 大学生の同性友人関係における状況に応じた切替――社会的スキルとしての効果性と教育上の課題――,大阪電気通信大学人間科学研究,15巻 (頁 79 ~ 93) ,2013年12月,大谷 宗啓

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,教育心理学,社会心理学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 新・青年心理学ハンドブック,福村出版,2014年,日本青年心理学会

    単行本(学術書),分担執筆,教育心理学,社会心理学

  • 教育者の見たライフサイクル,教育新潮社,2011年,北畠 知量, 大谷 宗啓

    単行本(学術書),共著,教育学,教育心理学

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度第二回研究会第一部(教育心理学――学びを支える工夫――),大阪私立中学校・高等学校カウンセリング研究会,大阪私学カウンセリング研究24号 (頁 160 ~ 169) ,2017年07月,大谷 宗啓

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他),単著,教育心理学

  • アンケート集計と応答,大阪私立中学校・高等学校カウンセリング研究会,大阪私学カウンセリング研究24号 (頁 179 ~ 194) ,2017年07月,伊藤 隆, 大谷 宗啓, 米山 直樹, 箱井 英寿

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他),共著,教育心理学,臨床心理学,社会心理学

  • 鈴木謙介(著)『ウェブ社会のゆくえ:多孔化した現実のなかで』(<書評>デジタルツールと心理学に関連した選書での私のおすすめ,この一冊),日本青年心理学会事務局,日本青年心理学会News Letter70号 (頁 4 ~ 5) ,2017年01月,大谷 宗啓

    書評,文献紹介等,単著,教育心理学,社会心理学

  • 現代青年の友人関係は柔軟になったのか?(<特集>青年の人間関係は変わったか?),日本青年心理学会事務局,日本青年心理学会News Letter49号 (頁 6 ~ 7) ,2009年,大谷 宗啓

    総説・解説(その他),単著,教育心理学,社会心理学

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本青年心理学会第26回大会,国内会議,2018年10月,京都大学,文献の概観――何が足りないのか――(日本青年心理学会研究委員会,大谷 宗啓,村山 光子,池田 幸恭, 田澤 実「発達障害を有する青年の成人期への移行に関する研究展望」:話題提供者),シンポジウム・ワークショップ パネル(指名),教育心理学,社会心理学

  • 日本教育心理学会第60回総会,国内会議,2018年09月,慶應大学,対人関係における心理社会的早熟の可能性(岡田 努, 大谷 宗啓, 萩原 建次郎, 白井 利明, 松井 豊「現代青年の対人関係――その神話と現実――」 :話題提供者),シンポジウム・ワークショップ パネル(公募),教育心理学,社会心理学

  • 日本青年心理学会第24回大会,国内会議,2016年11月,滋賀大学,同性友人関係における状況に応じた切替――彼ら自身はどのように意味づけているのか――,口頭(一般),教育心理学,社会心理学

  • 日本青年心理学会第23回大会,国内会議,2015年11月,立教大学,現代青年の会話に対する評価の世代差,口頭(一般),教育心理学,社会心理学

  • 日本教育心理学会第56回総会,国内会議,2014年11月,神戸国際会議場,教員養成学部生の課題価値プロフィールと学習成果の関連――教職必修科目受講者の教職志望度に注目して――,ポスター(一般),教育心理学,社会心理学

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県学校心理士会,監査,2017年 ~ 継続中

  • 日本青年心理学会,研究委員,2016年04月 ~ 2019年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業論文,2018年10月 ~ 継続中

  • 心理学特定演習,2018年10月 ~ 継続中

  • 心理学研究法Ⅰ,2019年04月 ~ 継続中

  • 心理学研究法Ⅱ,2018年10月 ~ 継続中

  • 心理学演習Ⅰ,2018年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 大阪私立中学校・高等学校カウンセリング研究会 「高校生のための心理学入門講座:教育心理学(教育評価)」,2019年07月

  • 大阪私立中学校・高等学校カウンセリング研究会 「高校生のための心理学入門講座:発達心理学(「発達段階を考慮する」とは?)」,2017年07月

  • 大阪私立中学校・高等学校カウンセリング研究会「高校生のための心理学入門講座:教育心理学(学びを支える工夫)」,2016年07月