基本情報

写真a

河本 薫

KAWAMOTO Kaoru


職名

教授

学系

データサイエンス学系

ホームページ

https://kaoru-kawamoto.jimdofree.com/

プロフィール

1991年、京都大学応用システム科学専攻修了。大阪ガスに入社。1998年から米国ローレンスバークレー国立研究所でエネルギー消費データ分析に従事。帰社後、大阪ガスにてデータ分析による業務改革を推進。2011年からデータ分析組織であるビジネスアナリシスセンターの所長を務め、大阪ガスにおいてデータ分析組織を定着させた。日経情報ストラテジーが選ぶ初代データサイエンス・オブ・ザ・イヤーを受賞。2018年4月より現職。大阪大学招聘教授を兼任。博士(工学、経済学)。著書に『会社を変える分析の力』(講談社現代新書)、『最強のデータ分析組織』(日経BP)、『データドリブン思考』(ダイヤモンド社)など。NHKプロフェッショナル仕事の流儀にも出演。

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.17より)「AI時代における企業経営と人材育成」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • データドリブンな意思決定プロセスの構築

  • 時系列データ/状態空間モデル/クラスタリング

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学部  数理工学科

    大学,1989年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学  経済学研究科

    博士課程,2014年09月,修了,

  • 大阪大学  工学系研究科  エネルギー環境工学

    博士課程,2005年03月,修了,

  • 京都大学  工学系研究科  応用システム科学

    博士課程,1991年03月,修了,

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経済学),人文・社会 / 経済統計,神戸大学,課程,2014年09月, エネルギー市場の効率性および価格形成メカニズムに関する実証研究

  • 博士(工学),環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会,大阪大学,課程,2005年03月, 情報機器のエネルギー消費実態とその削減に関する研究

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,教授,2018年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 基礎工学研究科,招聘教授,2015年04月 ~ 継続中

  • 神戸大学 経済学部,非常勤講師,2010年04月 ~ 2010年09月

  • 東京大学 先端科学技術研究センター,研究員,2008年04月 ~ 2010年03月

  • 大阪ガス ビジネスアナリシスセンター,センター長,1991年04月 ~ 2018年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会,2021年04月 ~ 継続中,

  • 平野町アナリティクスHub,2017年02月 ~ 継続中,

  • 丸ノ内アナリティクス,2016年04月 ~ 継続中,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • エネルギー政策、エネルギー市場分析

  • 意思決定とデータサイエンス

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Time Series Clustering with an EM algorithm for Mixtures of Linear Gaussian State Space Models,Pattern Recognition,138巻 ,2023年03月,Ryohei Umatani, Takashi Imai, Kaoru Kawamoto, Shutaro Kunimasa

    DOI:10.1016/j.patcog.2023.109375,研究論文(学術雑誌),共著

  • 現場の能力を引き出すデータ分析の6つの型,ハーバードビジネスレビュー,2019年06月,河本薫

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 全国電源運用最適化シミュレーションモデルの開発,電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌),138巻 11号 (頁 862 ~ 873) ,2018年11月,本田 敦夫,手塚 孔一郎,岡村 智仁,河本 薫,清水 翔司,原田 耕平,田辺 隆人,白川 達也,高橋 智洋

    研究論文(学術雑誌),共著

  • データ分析と意思決定の狭間とそれを埋める力,デジタルプラクティス論文誌,2015年07月,河本薫

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 市場の効率性に対する計量分析手法の有効性に関する多面的考察,神戸大学博士論文,2014年06月,河本薫

    研究論文(大学,研究機関等紀要),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • データドリブン思考,ダイヤモンド社,2022年01月,河本薫

    一般書・啓蒙書,単著

  • AI の利活用に関する特別調査委員会 報告書,日本建築学会,2021年04月,野城智也, 馬郡文平, 宗本晋作, 井野昭夫, 大岡龍三, 金子弘幸, 河本薫 他

    調査報告書,AI 技術を利活用するための建築学の再構築の必要性を問う,共著

  • 会社を変える分析の力,講談社現代新書,2018年07月,河本薫

    一般書・啓蒙書,単著

  • 最強のデータ分析組織,日経BP,2017年11月,河本薫

    一般書・啓蒙書,単著

  • データ活用実践教室,日経BP,2015年03月,河本薫、高橋威知郎、安宅和人、吉田隆光、北川拓也、工藤卓哉、西山直樹、シバタアキラ

    一般書・啓蒙書,共著

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • キーエンス流、データサイエンティストになる方法とは,日経リスキリング,2023年02月,河本薫

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),単著

  • データとAIの社内実装で陥りがちな“初歩的な間違い,EnterpriseZine,2023年01月,河本薫

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),単著

  • ビジネス課題を解決しDX推進の鍵を握る「データドリブン思考」3つの流れとは,JBPress,2022年10月,河本薫

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),単著

  • データに基づいた戦略が企業の未来を変える 組織と人材の成長を促す「データドリブン経営」,日本の人事部,2022年07月,河本薫

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),単著

  • ポートフォリオで組織の人材構成を理解することが重要である,アッテル社ホームページ,2022年06月,河本薫

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会 第85回全国大会,国内会議,2023年03月,風力発電設備に対する負荷条件に依存しない異常検知手法の開発を目的としたオートエンコーダベース異常検知モデルの提案と考察,口頭発表(一般)

  • 日経ビジネス Business Foresight,国内会議,2023年03月,~データAIを実務に活かす~ データドリブン思考,口頭発表(基調)

  • Data Tech 2022,国内会議,2022年12月,~データAIを実務に活かす~ データドリブン思考,口頭発表(基調)

  • 東洋経済データドリブンフォーラム2022,国内会議,2022年11月,~データAIを実務に活かす~ データドリブン思考,口頭発表(基調)

  • HULFT Days 2022,国内会議,2022年11月,~データAIを実務に活かす~ データドリブン思考,口頭発表(基調)

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 「卓越した技能者(現代の名工)」,2021年11月,その他,,厚生労働省

  • 情報化促進貢献 経済産業大臣賞,2016年10月,その他,,経済産業大臣

  • IT総合賞,2015年11月,その他,,企業情報化協会

  • デジタルプラクティス論文賞,2015年11月,学会誌・学術雑誌による顕彰,,情報処理学会

  • データマネジメント大賞,2014年03月,その他,,日本データマネジメントコンソーシアム

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • JUAS データエクスペリエンス研究会,委員,2020年04月 ~ 継続中

  • 環境省省エネ行動変容プログラム評価委員会,有識者メンバー,2019年04月 ~ 継続中

  • 建築学会,AI活用委員会の有識者メンバー,2019年04月 ~ 2021年03月

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 状態空間モデルを用いた電力需要予測,共同研究,国内共同研究,2022年06月 ~ 2023年03月,大阪ガス株式会社

  • 教育研究活動支援,寄附金,2022年,生活協同組合コープさっぽろ

  • 教育研究活動支援,寄附金,2022年,旭化成株式会社

  • 教育研究活動支援,寄附金,2022年,プライムアースEVエナジー株式会社

  • 教育研究活動支援,寄附金,2022年,株式会社ノビテク

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • モデルベース時系列クラスタリング,時系列データ/状態空間モデル/クラスタリング,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

    製造業におけるIoTデータや小売業におけるID-PoSデータなど、企業は大量の時系列データを保有しています。これらについて、個別時系列ごとの分析では全体は見えませんし、全体平均時系列の分析では個の特徴が見えません。私たちは、その中間的な分析として、時系列パターンに類似性のある時系列ごとに時系列モデルを推定するという、モデルベース時系列クラスタリングの研究を行っています。本手法を用いれば、例えば、販売パターンに類似性のある商品や商店ごとのクラスタリング、また、各クラスターごとに推定した時系列モデルを用いた予測や潜在変数の推定が可能になります。

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    https://kaoru-kawamoto.jimdofree.com/%E6%B2%B3%E6%9C%AC%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%AE%A4-%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2/

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「AI時代における企業経営と人材育成」,【キーワード】データサイエンス/意思決定/人材育成/組織経営

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/seeds17-8.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究4,2023年10月 ~ 2024年03月

  • 課題研究2,2023年10月 ~ 2024年03月

  • データサイエンス実践価値創造演習Ⅱ,2023年10月 ~ 2024年03月

  • データサイエンス上級実践価値創造卒業演習Ⅱ,2023年10月 ~ 2024年03月

  • AI・機械学習入門,2023年10月 ~ 2024年03月

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会学生奨励賞,2023年03月,情報処理学会,石塚諒一(大学院2回生)

  • 卒業発表優秀賞,2023年03月,滋賀大学,林紗紗花

  • 卒業発表優秀賞,2022年03月,滋賀大学,釼持実祐

  • 卒業発表優秀賞,2021年03月,滋賀大学,森口翼

  • 卒業発表優秀賞,2021年03月,滋賀大学,田室建志

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 富士フィルムソフトウエアにおけるデータサイエンスの講演と指導,2020年02月

  • 因果整理の勉強会(AGC、数理システムと共同で製造業向けに),2019年02月 ~ 継続中

  • 環境省プロジェクト「省エネ行動変容研究会」の有識者委員,2018年12月

  • 製造業向け「第1期 データサイエンス人材育成塾」(オージス総研、関西生産性本部と共同で),2018年09月 ~ 2018年10月

  • 人財ASIA講師,2018年08月 ~ 継続中

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 大学、データ人材育成に軸、実践型教育を産学連携で模索

    2023年02月03日

  • ダイハツのデジタル人材育成論、「AIを作るのではなく使う人材になれ」

    2022年11月15日

  • うつろう嗜好品サントリー予測

    2022年11月03日

  • ドミノピザの経営変革の秘密

    2022年08月18日

  • 風力発電機異常を検知

    2022年07月22日

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪ガスとの共同研究

    役割:監修

    2022年04月01日 ~ 継続中

  • NEXCO西日本エンジニアリング関西との共同研究

    役割:監修

    2022年04月01日 ~ 2022年12月31日