基本情報

写真a

小倉 圭

OGURA Kei


職名

講師

学系

生年

1989年

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

【研究活動】1)動作分析を活用した野球選手のコーチングに関する研究.2)野球のコーチングに関する事例研究・実践研究.

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.17より)「野球選手における動作分析を活用したコーチングに関する研究/野球のコーチングに関する事例研究・実践研究」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • コーチング

  • バイオメカニクス

  • 野球

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 静岡大学  教育学部  生涯スポーツ専攻

    大学,2012年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  人間総合科学研究科  コーチング学専攻

    博士課程,2018年03月,修了,日本国

  • 筑波大学  人間総合科学研究科  体育学専攻

    修士課程,2014年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(コーチング学),ライフサイエンス / スポーツ科学,筑波大学,課程,2018年03月

  • 修士(体育学),ライフサイエンス / スポーツ科学,筑波大学,課程,2014年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,講師,2022年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 経済学部,特任講師,2017年04月 ~ 2022年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 教育学部,非常勤講師,2019年04月 ~ 継続中

  • 教学部,非常勤講師,2018年04月 ~ 継続中

  • 子ども未来学部,非常勤講師,2016年04月 ~ 2017年03月

  • 基盤教育センター,非常勤講師,2015年04月 ~ 2016年09月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本スポーツパフォーマンス学会,2016年 ~ 継続中,

  • 日本野球科学研究会,2014年 ~ 継続中,

  • 日本コーチング学会,2012年 ~ 継続中,

  • 日本体育学会,2012年 ~ 継続中,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / スポーツ科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭1種免許

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 野球の内野手におけるバックハンド捕球の有効性に関する研究,2018年 ~ 継続中

    個人研究

  • 野球のコーチング関する事例・実践研究,2014年 ~ 継続中

    個人研究

  • 熟練野球選手のグラウンダー捕球に関するキネマティクス的研究,2012年 ~ 継続中

    個人研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 異なる競技種目におけるステップ調節とパフォーマンスの関係―野球のゴロ捕球およびテニスのグラウンドストロークにおける類似性の検討―,コーチング学研究,35巻 2号 (頁 311 ~ 312) ,2022年,小倉 圭,道上静香

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日常生活のセルフモニタリングおよび運動課題を中心としたオンライン体育授業の実践とその効果の検討,大学体育スポーツ研究,18巻 (頁 97 ~ 111) ,2021年,小倉 圭,道上静香,榎本雅之

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 野球競技の打撃における個人戦術の実践知に関する事例研究―大学生野球選手のリーグ戦期間中における実践知の獲得過程―,コーチング学研究,35巻 1号 (頁 103 ~ 114) ,2021年,野本尭希,小倉 圭,川村 卓

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 大学体育におけるICTを活用したバドミントン授業の実践事例―学生の主体的な学びを促す取組みに着目して―,滋賀大学経済学部研究年報,28巻 (頁 1 ~ 16) ,2021年,道上静香,小倉 圭,島田一志

    研究論文(大学,研究機関等紀要),共著

  • 野球内野手のグラウンダー処理におけるステップ位置のばらつきと捕送球パフォーマンスとの関係,京都滋賀体育学研究,36巻 (頁 1 ~ 12) ,2020年,小倉 圭

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 広まる逆シングル捕球,読売新聞 茨城県版,2018年06月,小倉 圭

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 日本体育・スポーツ・健康学会第71回大会,,2021年09月,2021年,野球の内野守備におけるバックハンド捕球後の送球動作のキネマティクス的特徴,ポスター発表

  • 日本野球科学研究会第7回大会,国内会議,2019年12月,2019年,内野手のゴロ処理におけるステップ位置のばらつきと捕送球パフォーマンスの関連性,ポスター発表

  • 日本野球科学研究会第6回大会,国内会議,2018年12月,2018年,バックハンド捕球の有効性に関する基礎的研究ー送球パフォーマンスに着目してー,ポスター発表

  • 日本体育学会第68回大会,国内会議,2017年09月,2017年,学童期野球選手における野球肘の発症要因となる投球動作:MRI診断結果における陽性者と陰性者の投球動作の比較から,口頭発表(一般)

  • 日本コーチング学会第28回大会,国内会議,2017年03月,2017年,ジュニア期における打撃の長期的指導に関する事例的研究,口頭発表(一般)

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大学体育スポーツ学研究優秀論文賞,2022年03月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,,全国大学体育連合

  • 日本コーチング学会第28回大会優秀発表賞,2017年03月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,,日本コーチング学会

  • 日本コーチング学会第26回大会学会賞,2015年03月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,,日本コーチング学会

  • 日本体育学会第64回大会体育方法専門領域奨励賞,2014年08月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,,日本体育学会

  • 日本体育学会第64回大会体育方法専門領域優秀賞,2014年08月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,,日本体育学会

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 学校体育・スポーツ現場におけるICTを活用した教育支援システムの開発と実用化,基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月

  • 野球の内野手におけるバックハンド捕球の有効性の検証,若手研究,2019年 ~ 2022年

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「野球選手における動作分析を活用したコーチングに関する研究/野球のコーチングに関する事例研究・実践研究」,【キーワード】コーチング/野球/バイオメカニクス/捕球/ゲーム分析

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2022/09/seeds17-103.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • スポーツデータ分析論,2022年10月 ~ 2023年03月

  • スポーツ科学Ⅰ,2022年04月 ~ 2022年09月

  • 身体運動の科学,2022年04月 ~ 2022年09月

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学公開講座「らくらく野球教室」,2019年 ~ 継続中

  • 滋賀県立伊香高等学校高校内ガイダンス,2018年07月

  • 茨城県保育協議会研究アドバイザー,2016年07月 ~ 2017年10月

  • 筑波大学社会貢献プロジェクト「星空野球教室」,2012年04月 ~ 2017年03月