基本情報

写真a

岩山 幸治

IWAYAMA Kouji


職名

准教授

学系

データサイエンス学系

研究分野・キーワード

時系列解析、バイオインフォマティクス

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.15より)「トランスクリプトームデータの統計モデリング/不確実環境における栽培条件の効率的最適化」

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  環境情報学部

    大学,2006年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  政策・メディア研究科

    修士課程,2008年03月,修了,日本

  • 東京大学  情報理工学系研究科  数理情報学専攻

    博士課程,2011年03月,修了,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 情報理工学,数理情報学,東京大学,課程,2011年03月

  • 政策・メディア,政策・メディア,慶應義塾大学,課程,2008年03月

  • 環境情報学,環境情報学,慶應義塾大学,課程,2006年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,助教,2017年04月 ~ 2019年03月

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,准教授,2019年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 国立研究開発法人科学技術振興機構 FIRST 合原最先端数理モデルプロジェクト,研究員,2011年04月 ~ 2014年03月

  • 京都大学 生態学研究センター,研究員,2014年04月 ~ 2015年03月

  • 龍谷大学 食と農の総合研究所,研究員,2015年04月 ~ 2017年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会,日本

  • 日本生態学会,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生命・健康・医療情報学

  • 数理情報学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 不確実環境下における栽培条件のベイズ的最適化,2017年10月 ~ 2020年03月

    個人研究,JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)

論文 【 表示 / 非表示

  • Annual transcriptome dynamics in natural environments reveals plant seasonal adaptation,Nature Plants,5巻 (頁 74 ~ 83) ,2019年01月,Atsushi J. Nagano, Tetsuhiro Kawagoe, Jiro Sugisaka, Mie N. Honjo, Koji Iwayama, Hiroshi Kudoh

    DOI:10.1038/s41477-018-0338-z,研究論文(学術雑誌),共著

  • Definition of distance for nonlinear time series analysis of marked point process data,Physics Letters A,381巻 4号 (頁 257 ~ 262) ,2017年,Koji Iwayama, Yoshito Hirata, Kazuyuki Aihara

    DOI:10.1016/j.physleta.2016.10.061,研究論文(学術雑誌),共著

  • FIT: Statistical modeling tool for transcriptome dynamics under fluctuating field conditions,Bioinformatics,33巻 11号 (頁 1672 ~ 1680) ,2017年,Koji Iwayama, Yuri Aisaka, Natsumaro Kutsuna, Atsushi J. Nagano

    DOI:10.1093/bioinformatics/btx049,研究論文(学術雑誌),共著

  • Decision-making ability of Physarum polycephalum enhanced by its coordinated spatiotemporal oscillatory dynamics, Bioinspiration & Biomimetics,Bioinspiration & Biomimetics,11巻 3号 (頁 36001 ~ ) ,2016年,Koji Iwayama, Liping Zhu, Yoshito Hirata, Masashi Aono, Masahiko Hara, Kazuyuki Aihara

    DOI:10.1088/1748-3190/11/3/036001,研究論文(学術雑誌),共著

  • Possibility of short-term probabilistic forecasts for large earthquakes making good use of the limitations of existing catalogs,Physical Review E,94巻 42217号 ,2016年,Yoshito Hirata, Koji Iwayama, Kazuyuki Aihara

    DOI:10.1103/PhysRevE.94.042217,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会第63回全国大会,国内会議,2106年03月,野外における遺伝子発現量の予測,ポスター(一般)

  • 日本生体学会第65回全国大会,国内会議,2018年03月,トピックモデルを用いた野外トランスクリプトームデータの解析,口頭(一般)

  • Workshop:Data driven crop design technology,国際会議,2018年02月,Estimation of gene expression from shallow RNA-Seq by topic model,口頭(招待・特別)

  • NGS現場の会 第5回研究会,国内会議,2017年05月,機械学習によるリード数の少ないRNA-Seqからの遺伝子発現推定,ポスター(一般)

  • 第28回IBISML研究会,国内会議,2017年03月,遺伝子発現データ解析のためのトピックモデル,口頭(一般)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • The Fifteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics Young author’s award,2010年,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,International Symposium on Artificial Life and Robotics

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会,2019年度 人工知能学会全国大会 大会委員,2018年 ~ 2019年06月

  • 人工知能学会,2018年度 人工知能学会全国大会 大会委員,2017年 ~ 2018年06月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 企業ビッグデータを用いた統計解析手法による経済的知見の発見に関する研究,共同研究,国内共同研究,2018年07月 ~ 2019年06月,株式会社帝国データバンク

  • ガス機器故障検知ロジックの開発およびセンサーを活用した新規サービスのアイデア出し,共同研究,国内共同研究,2018年07月 ~ 2019年03月,大阪ガス株式会社

  • e-ラーニングコースの実施状況に関する分析,共同研究,国内共同研究,2017年11月 ~ 2018年06月,株式会社日本能率協会マネジメントセンター

  • 遊技機/店舗稼働予測分析,受託研究,一般受託研究,2017年07月 ~ 2018年03月,東レエンジニアリング株式会社

  • ビッグデータ・オープンデータの活用等による産業振興に関する共同研究,共同研究,国内共同研究,2017年04月 ~ 2018年03月,株式会社滋賀銀行

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.15より)【代表的な研究テーマ】「トランスクリプトームデータの統計モデリング/不確実環境における栽培条件の効率的最適化」,【キーワード】トランスクリプトーム/遺伝子発現/高次元データ/統計モデル/機械学習

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2019/01/1.iwayama.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • データサイエンス入門演習,2019年10月 ~ 2020年03月

  • データサイエンスへの招待演習,2019年10月 ~ 2020年03月