研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • バイオインフォマティクス

  • 時系列解析

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  環境情報学部

    大学,2006年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  情報理工学系研究科  数理情報学専攻

    博士課程,2011年03月,修了,日本国

  • 慶應義塾大学  政策・メディア研究科

    修士課程,2008年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 情報理工学,情報通信 / 数理情報学,東京大学,課程,2011年03月

  • 政策・メディア,政策・メディア,慶應義塾大学,課程,2008年03月

  • 環境情報学,環境情報学,慶應義塾大学,課程,2006年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,准教授,2019年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,助教,2017年04月 ~ 2019年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 食と農の総合研究所,研究員,2015年04月 ~ 2017年03月

  • 生態学研究センター,研究員,2014年04月 ~ 2015年03月

  • 国立研究開発法人科学技術振興機構 FIRST 合原最先端数理モデルプロジェクト,研究員,2011年04月 ~ 2014年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会,

  • 日本生態学会,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

  • 情報通信 / 数理情報学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 不確実環境下における栽培条件のベイズ的最適化,2017年10月 ~ 2020年03月

    個人研究,JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)

論文 【 表示 / 非表示

  • Genomic Basis of Transcriptome Dynamics in Rice under Field Conditions, Plant and Cell Physiology,Plant and Cell Physiology,62巻 9号 (頁 1436 ~ 1445) ,2021年09月,Makoto Kashima, Ryota L Sakamoto, Hiroki Saito, Satoshi Ohkubo, Ayumi Tezuka, Ayumi Deguchi, Yoichi Hashida, Yuko Kurita, Koji Iwayama, Shunsuke Adachi, Atsushi J Nagano

    DOI:10.1093/pcp/pcab088,研究論文(学術雑誌),共著

  • Duration of cold exposure defines the rate of reactivation of a perennial FLC orthologue via H3K27me3 accumulation,Scientific Reports,10巻 (頁 16056 ~ ) ,2020年09月,Haruki Nishio, Koji Iwayama, Hiroshi Kudoh

    DOI:10.1038/s41598-020-72566-7,研究論文(学術雑誌),共著

  • Repressive chromatin modification underpins the long-term expression trend of a perennial flowering gene in nature,Nature Communications,11巻 (頁 2065 ~ ) ,2020年05月,Haruki Nishio, Diana M. Buzas, Atsushi J. Nagano, Koji Iwayama, Masayuki Ushio, Hiroshi Kudoh

    DOI:10.1038/s41467-020-15896-4,研究論文(学術雑誌),共著

  • Annual transcriptome dynamics in natural environments reveals plant seasonal adaptation,Nature Plants,5巻 (頁 74 ~ 83) ,2019年01月,Atsushi J. Nagano, Tetsuhiro Kawagoe, Jiro Sugisaka, Mie N. Honjo, Koji Iwayama, Hiroshi Kudoh

    DOI:10.1038/s41477-018-0338-z,研究論文(学術雑誌),共著

  • Definition of distance for nonlinear time series analysis of marked point process data,Physics Letters A,381巻 4号 (頁 257 ~ 262) ,2017年,Koji Iwayama, Yoshito Hirata, Kazuyuki Aihara

    DOI:10.1016/j.physleta.2016.10.061,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 「後悔」の少ない選択をするために‐バンディット問題,PWC's View,2019年05月,岩山幸治

    その他,単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会 第132回数理モデル化と問題解決研究発表会,国内会議,2021年03月,連続晶析における粒度分布遷移過程の状態空間モデルによる分析,口頭発表(一般)

  • 2020年度統計関連学会連合大会,国内会議,2020年09月,バスケットボールにおけるポゼッション数を考慮した実践的選手評価手法の提案,口頭発表(一般)

  • 日本産業技術教育学会第63回全国大会,国内会議,2020年09月,滋賀県在来'杉谷とうがらし'に適した栽培条件の検討,口頭発表(一般)

  • 2020年度人工知能学会全国大会,国内会議,2020年06月,外的要因の影響を受ける関数のベイズ最適化,口頭発表(一般)

  • 第22回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2019),国内会議,2019年11月,確率的環境下における期待値のベイズ最適化,ポスター発表

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • The Fifteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics Young author’s award,2010年,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,,International Symposium on Artificial Life and Robotics

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会,2019年度 人工知能学会全国大会 大会委員,2018年 ~ 2019年06月

  • 人工知能学会,2018年度 人工知能学会全国大会 大会委員,2017年 ~ 2018年06月

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 成膜条件最適化,共同研究,国内共同研究,2021年04月 ~ 2022年03月,株式会社KOKUSAI ELECTRIC

  •  「Data Engineering and Machine Learning センター」の設置と運営に関する実施協定締結(7/11締結)による,受託事業,2020年07月 ~ 2021年06月,株式会社帝国データバンク

  • ガス機器故障検知ロジックの開発,共同研究,国内共同研究,2019年06月 ~ 2020年05月,大阪ガス株式会社

  • 時間貸駐車場の利用に関する需要予測手法の研究,共同研究,国内共同研究,2019年06月 ~ 2020年05月,パーク24㈱

  • 企業ビッグデータを用いた統計解析手法による経済的知見の発見に関する研究,共同研究,国内共同研究,2018年07月 ~ 2019年06月,株式会社帝国データバンク

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「トランスクリプトームデータの統計モデリング/不確実環境における栽培条件の効率的最適化」,【キーワード】トランスクリプトーム/遺伝子発現/高次元データ/統計モデル/機械学習

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2022/09/seeds17-3.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 強化学習・転移学習実践論,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 強化学習・転移学習,2022年10月 ~ 2023年03月

  • AI・機械学習,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 課題研究2,2022年10月 ~ 2023年03月

  • データサイエンス上級実践価値創造卒業演習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>