研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • バイオインフォマティクス

  • 時系列解析

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  環境情報学部

    大学,2006年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  情報理工学系研究科  数理情報学専攻

    博士課程,2011年03月,修了,日本国

  • 慶應義塾大学  政策・メディア研究科

    修士課程,2008年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 情報理工学,情報通信 / 数理情報学,東京大学,課程,2011年03月

  • 政策・メディア,政策・メディア,慶應義塾大学,課程,2008年03月

  • 環境情報学,環境情報学,慶應義塾大学,課程,2006年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,准教授,2019年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,助教,2017年04月 ~ 2019年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 龍谷大学 食と農の総合研究所,研究員,2015年04月 ~ 2017年03月

  • 京都大学 生態学研究センター,研究員,2014年04月 ~ 2015年03月

  • 国立研究開発法人科学技術振興機構 FIRST 合原最先端数理モデルプロジェクト,研究員,2011年04月 ~ 2014年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本計算機統計学会,2021年 ~ 継続中,

  • 日本生態学会,

  • 人工知能学会,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

  • 情報通信 / 数理情報学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 不確実環境下における栽培条件のベイズ的最適化,2017年10月 ~ 2020年03月

    個人研究,JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)

論文 【 表示 / 非表示

  • Alternative stable states, nonlinear behavior, and predictability of microbiome dynamics,Microbiome ,11巻 63号 ,2023年03月,Hiroaki Fujita, Masayuki Ushio, Kenta Suzuki, Masato S. Abe, Masato Yamamichi, Koji Iwayama, Alberto Canarini, Ibuki Hayashi, Keitaro Fukushima, Shinji Fukuda, E. Toby Kiers, Hirokazu Toju

    DOI:10.1186/s40168-023-01474-5,研究論文(学術雑誌),共著

  • Genomic Basis of Transcriptome Dynamics in Rice under Field Conditions, Plant and Cell Physiology,Plant and Cell Physiology,62巻 9号 (頁 1436 ~ 1445) ,2021年09月,Makoto Kashima, Ryota L Sakamoto, Hiroki Saito, Satoshi Ohkubo, Ayumi Tezuka, Ayumi Deguchi, Yoichi Hashida, Yuko Kurita, Koji Iwayama, Shunsuke Adachi, Atsushi J Nagano

    DOI:10.1093/pcp/pcab088,研究論文(学術雑誌),共著

  • Duration of cold exposure defines the rate of reactivation of a perennial FLC orthologue via H3K27me3 accumulation,Scientific Reports,10巻 (頁 16056 ~ ) ,2020年09月,Haruki Nishio, Koji Iwayama, Hiroshi Kudoh

    DOI:10.1038/s41598-020-72566-7,研究論文(学術雑誌),共著

  • Repressive chromatin modification underpins the long-term expression trend of a perennial flowering gene in nature,Nature Communications,11巻 (頁 2065 ~ ) ,2020年05月,Haruki Nishio, Diana M. Buzas, Atsushi J. Nagano, Koji Iwayama, Masayuki Ushio, Hiroshi Kudoh

    DOI:10.1038/s41467-020-15896-4,研究論文(学術雑誌),共著

  • Annual transcriptome dynamics in natural environments reveals plant seasonal adaptation,Nature Plants,5巻 (頁 74 ~ 83) ,2019年01月,Atsushi J. Nagano, Tetsuhiro Kawagoe, Jiro Sugisaka, Mie N. Honjo, Koji Iwayama, Hiroshi Kudoh

    DOI:10.1038/s41477-018-0338-z,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 「後悔」の少ない選択をするために‐バンディット問題,PWC's View,2019年05月,岩山幸治

    その他,単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 2022年度統計関連学会連合大会,,2022年09月,Variational Autoencoderを用いた組織種による遺伝子発現データの分離,口頭発表(一般)

  • 情報処理学会 第132回数理モデル化と問題解決研究発表会,国内会議,2021年03月,連続晶析における粒度分布遷移過程の状態空間モデルによる分析,口頭発表(一般)

  • 2020年度統計関連学会連合大会,国内会議,2020年09月,バスケットボールにおけるポゼッション数を考慮した実践的選手評価手法の提案,口頭発表(一般)

  • 日本産業技術教育学会第63回全国大会,国内会議,2020年09月,滋賀県在来'杉谷とうがらし'に適した栽培条件の検討,口頭発表(一般)

  • 2020年度人工知能学会全国大会,国内会議,2020年06月,外的要因の影響を受ける関数のベイズ最適化,口頭発表(一般)

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • The Fifteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics Young author’s award,2010年,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,,International Symposium on Artificial Life and Robotics

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学会,2019年度 人工知能学会全国大会 大会委員,2018年 ~ 2019年06月

  • 人工知能学会,2018年度 人工知能学会全国大会 大会委員,2017年 ~ 2018年06月

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 空調商品需要予測:空調商品需要予測に使用する暗黙知の影響分析,受託事業,2023年02月 ~ 2024年02月,ダイキン工業株式会社

  • 栽培履歴に基づく栽培モデルおよび予測手法の構築と食農教育への活用方法の検討,共同研究,国内共同研究,2022年12月 ~ 2023年11月,プランティオ株式会社

  •  「Data Engineering and Machine Learning センター」の設置と運営に関する実施協定締結(7/11締結)による,受託事業,2020年07月 ~ 2021年06月,株式会社帝国データバンク

  • ガス機器故障検知ロジックの開発,共同研究,国内共同研究,2019年06月 ~ 2020年05月,大阪ガス株式会社

  • 時間貸駐車場の利用に関する需要予測手法の研究,共同研究,国内共同研究,2019年06月 ~ 2020年05月,パーク24㈱

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「トランスクリプトームデータの統計モデリング/不確実環境における栽培条件の効率的最適化」,【キーワード】トランスクリプトーム/遺伝子発現/高次元データ/統計モデル/機械学習

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/seeds17-3.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • データサイエンス・AIへの招待,2023年10月 ~ 2024年03月

  • データサイエンス上級実践価値創造卒業演習Ⅱ,2023年10月 ~ 2024年03月

  • データサイエンス実践価値創造演習Ⅱ,2023年10月 ~ 2024年03月

  • 課題研究4,2023年10月 ~ 2024年03月

  • 課題研究2,2023年10月 ~ 2024年03月

全件表示 >>