基本情報

写真a

高柳 昌芳

TAKAYANAGI Masayoshi


職名

准教授

学系

データサイエンス学系

生年

1980年

研究分野・キーワード

分子シミュレーション、物理化学、ビッグデータ解析

メールアドレス

メールアドレス

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.15より)「分子シミュレーションとデータサイエンスの融合による微視的分子挙動の解析」

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学  情報文化学部  自然情報学科

    大学,2002年03月,飛び級,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学  人間情報学研究科  物質・生命情報学専攻

    修士課程,2004年03月,修了,日本

  • 名古屋大学  情報科学研究科  複雑系科学専攻

    博士課程,2009年02月,修了,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報科学),物理化学,名古屋大学,課程,2009年02月

  • 修士(人間情報学),物理化学,名古屋大学,課程,2004年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,助教,2017年04月 ~ 2019年03月

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,准教授,2019年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 大学院情報科学研究科,大学等非常勤研究員,2009年03月 ~ 2012年03月

  • 名古屋大学 大学院情報科学研究科,大学等非常勤研究員,2012年04月 ~ 2012年09月

  • 名古屋大学 大学院工学研究科ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー,大学等非常勤研究員,2012年10月 ~ 2013年11月

  • 名古屋大学 大学院情報科学研究科,特任助教,2013年12月 ~ 2017年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,2005年02月 ~ 継続中,日本

  • 分子シミュレーション研究会,2010年 ~ 継続中,日本

  • 日本生物物理学会,2011年06月 ~ 継続中,日本

  • 分子科学会,2012年09月 ~ 継続中,日本

  • 理論化学研究会,2014年02月 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理化学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 普通自動車免許(一種)

  • 簿記検定(日商1~2級/全経上級・1級/全商1級)

  • 実用英語検定(1・準1・2級)

  • ソフトウェア開発技術者/第1種情報処理技術者

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Atomistic Chemical Computation of Olefin Polymerization Reaction Catalyzed by (Pyridylamido)hafnium(IV) Complex: Application of Red Moon Simulation,Journal of Computational Chemistry,40巻 2号 (頁 421 ~ 429) ,2018年10月,Kentaro Matsumoto, Masayoshi Takayanagi, Yuichi Suzuki, Nobuaki Koga, Masataka Nagaoka

    DOI:10.1002/jcc.25707,研究論文(学術雑誌),共著,物理化学

  • Selective sorting of polymers with different terminal groups using metal-organic frameworks,Nature Communications,9巻 1号 (頁 3635 ~ ) ,2018年09月,Benjamin Le Ouay, Chikara Watanabe, Shuto Mochizuki, Masayoshi Takayanagi, Masataka Nagaoka, Takashi Kitao, Takashi Uemura

    DOI:10.1038/s41467-018-06099-z,研究論文(学術雑誌),共著,物理化学

  • Probing the Most Stable Isomer of Zirconium Bis(phenoxy-imine) Cation: A Computational Investigation,The Journal of Physical Chemistry A,122巻 8号 (頁 2198 ~ 2208) ,2018年02月,Soumen Saha, Masayoshi Takayanagi, Kentaro Matsumoto, Sandhya Karakkadparambil Sankaran, Yuichi Tanaka, Nobuaki Koga, Masataka Nagaoka

    DOI:10.1021/acs.jpca.7b10999,研究論文(学術雑誌),共著,物理化学

  • Sequence-regulated copolymerization based on periodic covalent positioning of monomers along one-dimensional nanochannels,Nature Communications,9巻 1号 (頁 329 ~ ) ,2018年01月,Shuto Mochizuki, Naoki Ogiwara, Masayoshi Takayanagi, Masataka Nagaoka, Susumu Kitagawa, Takashi Uemura

    DOI:10.1038/s41467-017-02736-1,研究論文(学術雑誌),共著,物理化学

  • Role of the Counteranion in the Reaction Mechanism of Propylene Polymerization Catalyzed by a (Pyridylamido)hafnium(IV) Complex,Organometallics,37巻 (頁 343 ~ 349) ,2018年01月,K. Matsumoto, M. Takayanagi, S.K. Sankaran, N. Koga, M. Nagaoka

    DOI:10.1021/acs.organomet.7b00767,研究論文(学術雑誌),共著,物理化学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • データサイエンス大系 データ構造とアルゴリズム,学術図書出版社,2018年11月,川井 明,梅津 高朗,高柳 昌芳,市川 治

    教科書,分担執筆

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第68回高分子討論会,国内会議,2019年09月,福井県福井市,タクティシティ定量的予測を実現する Red Moon重合シミュレーション: 力場パラメータ最適化への データサイエンス的手法の導入,口頭(招待・特別)

  • 第13回分子科学討論会,国内会議,2019年09月,愛知県名古屋市,Red Moon法によるラジカル重合ポリメタクリル酸メチルの立体規則性に関する理論的研究,ポスター(一般)

  • 2019年度統計関連学会連合大会,国内会議,2019年09月,滋賀県彦根市,滋賀大学におけるデータサイエンス産学連携活動,口頭(一般)

  • 第32回分子シミュレーション討論会,国内会議,2018年11月,茨城県つくば市,Red Moon法によるPMMAバルク相ラジカル重合シミュレーション: 分子ミクロ物性の定量的予測の実現に向けて,口頭(一般)

  • Quantum International Frontiers 2018,国際会議,2018年10月,Hunan Province, China,The Influence of Chemical Substituents on Linker Rotational Behavior in Pillar-layered MOFs by Computational Method,ポスター(一般),物理化学

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 分子科学会優秀ポスター賞,2017年09月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,分子科学会

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高分子ミクロ物性の定量的予測の実現に向けた計算化学と機械学習の融合,基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月

    高分子の立体規則性などのミクロ物性を再現可能な高分子重合過程シミュレーション手法の開発を行う。個々の原子を扱う分子シミュレーション技法を用いることで、ミクロ物性を定量的に再現できるが、そのためには膨大な計算コストが必要となる。そこで、ベイズ最適化などの機械学習手法を適用することで必要な計算コストの削減を行い、これまでは実現できていないミクロ物性の定量的予測を実現する。

  • 自律適応制御技術の開発,共同研究,国内共同研究,2018年08月 ~ 2019年07月,株式会社デンソー

  • 空調設備部品故障の予測ロジック開発,共同研究,国内共同研究,2018年07月 ~ 2019年03月,大阪ガス株式会社

  • 局所データモデリングに基づく分子シミュレーション力場パラメータ自動最適化手法の開発,その他,滋賀大学重点領域研究助成,2017年11月 ~ 2020年03月

  • 自律適応制御技術の開発,共同研究,国内共同研究,2017年08月 ~ 2018年07月,株式会社デンソー

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.15より)【代表的な研究テーマ】「分子シミュレーションとデータサイエンスの融合による微視的分子挙動の解析」,【キーワード】分子シミュレーション/物理化学/計算化学/大規模データ解析

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2019/01/1.takayanagipdf.pdf

 
 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県統計アドバイザー,2017年04月 ~ 2018年03月