研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学

  • 社会心理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学  教育学部

    大学,2007年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  教育学研究科

    博士課程,2009年04月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(心理学),心理学,広島大学,課程,2012年03月, 感謝に関する社会心理学的研究―生起から効果に至るまで―

  • 修士(心理学),心理学,広島大学,課程,2009年03月, 感謝の構造―下位感情と生起状況の関連―

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2020年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 教育学部,講師,2016年04月 ~ 2020年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀学習センター,客員准教授,2017年04月 ~ 2018年05月

  • 幼児教育学科,講師,2014年04月 ~ 2016年03月

  • 広島大学大学院 教育学研究科,助教,2013年04月 ~ 2014年03月

  • 広島大学大学院 教育学研究科,特任助教,2012年04月 ~ 2013年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本グループ・ダイナミックス学会,2010年09月 ~ 継続中,

  • 日本パーソナリティ心理学会,2010年03月 ~ 継続中,

  • 日本感情心理学会,2009年03月 ~ 継続中,

  • 日本社会心理学会,2007年08月 ~ 継続中,

  • 日本教育心理学会,2007年07月 ~ 継続中,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 社会心理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 学校心理士

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 軽蔑を特徴づける状況―嫌悪・怒りとの比較を考慮した探索的検討―,感情心理学研究,28巻 3号 (頁 57 ~ 66) ,2021年05月,福田哲也・蔵永 瞳

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 利他性を育む学級運営―共感と感謝に着目して―,日本学校心理士会年報13号 (頁 34 ~ 42) ,2021年03月,蔵永 瞳

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 児童生徒におけるワーキングメモリと学習困難:ウェブにおけるアセスメントの試み,発達心理学研究,30巻 4号 (頁 266 ~ 277) ,2019年12月,湯澤美紀・湯澤正通・蔵永 瞳

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 児童・生徒用集団式ワーキングメモリアセスメントテストの作成,発達心理学研究,30巻 4号 (頁 253 ~ 365) ,2019年12月,湯澤正通・蔵永 瞳・齋藤 智・水口啓吾・渡辺大介・森田愛子

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 感謝された後に向社会的行動が起こるまでの心理過程,心理学研究,89巻 1号 (頁 40 ~ 49) ,2018年04月,蔵永 瞳・樋口匡貴・福田哲也

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 第1章 教育心理学の意義と課題 Q3 教育心理学の主要な研究方法を取り上げ、それぞれの利点と限界を述べなさい, 第3章 学習の基礎理論 Q19 グループで効果的な話し合いを行うための条件について述べなさい, Q20 ジグソー法を説明し、その教育的意義について述べなさい,共同出版,2021年05月,蔵永 瞳

    教科書・概説・概論,分担執筆

  • 第12章 第2節 他者との関係性で生じる感情(日本感情心理学会(企画)内山伊知郎(監修)中村 真・武藤世良・大平英樹・樋口匡貴・石川隆行・榊原良太・有光興記・澤田 匡人・湯川進太郎(編集) 感情心理学ハンドブック),北大路書房,2019年09月,蔵永 瞳

    学術書,分担執筆

  • トピックス25 感情を偽る―感謝の嘘が獲得される背景―(日本感情心理学会(企画)内山伊知郎(監修)中村 真・武藤世良・大平英樹・樋口匡貴・石川隆行・榊原良太・有光興記・澤田 匡人・湯川進太郎(編集) 感情心理学ハンドブック),北大路書房,2019年09月,蔵永 瞳

    学術書,分担執筆

  • 第13章 ワーキングメモリと瞑想(Alloway, T.P. & Alloway, R.G.(編著) 湯澤正通・湯澤美紀(監訳) 認知心理学のフロンティア ワーキングメモリと日常:人生を切り拓く新しい知性),北大路書房,2015年10月,蔵永 瞳

    学術書,分担執筆

  • 第2章 第2節 罪悪感・共感・感謝(有光興記・藤澤 文(編) モラルの心理学―理論・研究・道徳教育の実践),北大路書房,2015年03月,蔵永 瞳

    学術書,分担執筆

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会第84回全国大会,国内会議,2022年03月,制御焦点理論を考慮した避難訓練システムの提案,口頭発表(一般)

  • 日本感情心理学会第29回大会,国内会議,2021年10月,二度目の感謝表出が援助者に及ぼす影響:「昨日はありがとう」と言われることの効果,口頭発表(一般)

  • 日本心理学会第85回大会,国際会議,2021年09月,子育て中の親が嫌悪感を感じる要因についての探索的検討,ポスター発表

  • マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム,国内会議,2019年07月,出来事の想起を促す感謝日記継続支援システムの開発,口頭発表(一般)

  • 日本社会心理学会第59回大会,国内会議,2018年08月,軽蔑の典型的な生起状況の検討―生起状況の構造および嫌悪、怒りとの比較―,口頭発表(一般)

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 学術貢献賞,2022年02月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,,日本感情心理学会

  • 精励発表賞,2022年02月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,,日本感情心理学会

  • 感情心理学研究第28巻優秀論文賞,2021年07月,学会誌・学術雑誌による顕彰,,日本感情心理学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本感情心理学会,理事,2019年04月 ~ 継続中

  • 日本教育心理学会,編集委員,2020年01月 ~ 継続中

  • 日本感情心理学会,編集委員,2015年09月 ~ 2019年06月

  • 日本心理学会,認定委員,2015年11月 ~ 2019年10月

  • 日本パーソナリティ心理学会,広報委員,2012年08月 ~ 2015年08月

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 代理的怒りと代理的感謝の競合:外集団成員に対する攻撃抑制の試み,若手研究,2021年04月 ~ 2025年03月

  • 感謝表出の対人機能―直接的・間接的互恵関係の成立における役割―,若手研究(B),2013年04月 ~ 2016年03月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.16より)【代表的な研究テーマ】「感謝をはじめとする社会的感情の生起過程と機能/社会的感情の仕組みを生かした学級運営や集団の運営」,【キーワード】感謝/社会的感情/コミュニケーション/感情表出/思いやり行動/学級運営

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/01/16-85.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 心理学基礎Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 心理学実験法Ⅳ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 心理学実験法Ⅲ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 心理学研究法Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 心理学基礎Ⅰ,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県学校心理士会 理事(事務局・会計担当) ,2021年04月 ~ 2022年03月

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 石山高校放送部から教育心理学に関わる取材を受けた

    2021年05月