基本情報

写真a

徳田 陽明

Tokuda Yomei


職名

教授

学系

教育学系

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

077-537-7712

ホームページ

https://glass1.net/

プロフィール

[学歴]
平成8年3月26日
京都大学工学部工業化学科卒業
平成10年3月23日
京都大学大学院工学研究科 分子工学専攻修士課程修了
平成13年3月23日
京都大学大学院工学研究科 分子工学専攻博士後期課程研究指導認定

[職歴]
平成13年4月1日~平成15年3月31日
日本学術振興会 特別研究員(玉尾COE)
平成15年4月1日~平成15年10月15日
科学技術振興事業団 研究員
平成15年10月16日~平成19年3月31日
京都大学化学研究所 助手
平成19年4月1日~平成23年4月30日
京都大学化学研究所 助教
平成23年5月1日~平成28年3月31日
京都大学化学研究所 准教授
平成28年4月1日~平成30年3月31日 
滋賀大学教育学部准教授
平成30年4月1日〜継続
滋賀大学教育学部教授

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.17より)「ビッグデータの機械学習による材料探索」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 機械学習

  • 無機材料化学

  • 物理化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学部  工業化学科

    大学,1996年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  工学研究科  分子工学専攻

    博士課程,2001年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),工学,京都大学,課程,2001年03月, Studies on the Structure and Properties of Glasses as Photonics Materials

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2018年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2016年04月 ~ 2018年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 環境ソルーション工学,非常勤講師,2020年04月 ~ 2022年03月

  • 生存圏研究所,非常勤講師,2016年04月 ~ 2017年03月

  • 化学研究所,准教授,2011年05月 ~ 2016年03月

  • 化学研究所,助教,2007年04月 ~ 2011年04月

  • 化学研究所,助手,2003年10月 ~ 2007年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本理科教育学会,2017年12月 ~ 継続中,

  • ニューセラミックス懇話会,

  • 日本セラミックス協会,

  • 応用物理学会,

  • 日本化学会,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

  • ナノテク・材料 / 無機物質、無機材料化学

  • ナノテク・材料 / 無機材料、物性

  • 情報通信 / 統計科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 衛生管理者(第1種)

  • 危険物取扱者(甲種)

  • エックス線作業主任者

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Xeガスを用いた微細気泡水の生成とその特性解析,応用電子物性分科会会誌,28巻 (頁 15 ~ ) ,2022年01月,上田 義勝, 徳田 陽明, 谷垣実

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A machine learning approach to the prediction of the dispersion property of oxide glass,AIP Advances,11巻 (頁 125127 ~ ) ,2021年12月,80. Yomei Tokuda, Misa Fujisawa, Jinto Ogawa, and Yoshikatsu Ueda

    DOI:10.1063/5.0075425,研究論文(学術雑誌),共著

    担当区分:筆頭著者  

  • ウルトラファインバブル水の加圧液滴化によるマイクロバブル生成とその洗浄効果について,混相流,35巻 1号 (頁 36 ~ 42) ,2021年03月,上田 義勝, 徳田 陽明, 廖 正浩, 日高 義晴

    DOI:https://doi.org/10.3811/jjmf.2021.007,,共著

  • Data-driven design of glasses with desirable optical properties using statistical regression,AIP Advances,2020年10月,Tokuda Y, Fujisawa M, Packwood D M, Kambayashi M, and Ueda

    DOI:10.1063/5.0022451,研究論文(学術雑誌),共著

  • Analysis on XAFS for Xe ulfra fine bubbles in pure water,Radiation Physics and Chemistry,2020年10月,78. Ueda Y, Tokuda Y, Shida H

    DOI:10.1016/j.radphyschem.2020.109071,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 大学の基礎化学 必要な物理・数学とともに,丸善出版,2021年11月,若狭雅信,尾関徹,陶山寛志,関根あき子,徳田陽明,樋上照男,山本雅博

    教科書・概説・概論,共著

  • 化学 教授資料,数研出版,2018年02月,辰巳敬,徳田陽明 他

    教科書・概説・概論,共著

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 特許権,放射性物質の除染方法,上田義勝,徳田陽明 他

    登録番号( 6250341,2017年12月01日(年月日),2017年12月01日 ) ,

    出願国:

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ニューガラスフォーラム若手懇談会,国内会議,2021年10月,2021年10月04日,ガラスの構造解析,口頭発表(招待・特別)

  • 混相流シンポジウム,,2021年08月,ウルトラファインバブル水の加圧液滴化時における液滴の粒度分布と マイクロバブル生成,

  • 2021年日本セラミックス協会年会,国際会議,2021年03月,ベイズ最適化を用いた光学ガラス材料の探索,口頭発表(一般)

  • 混相流シンポジウム2020,国内会議,2020年08月,加圧液滴化によるウルトラファインバブル水からのマイクロバブル生成及びその洗浄効果,口頭発表(一般)

  • 龍谷大学 革新的材料・プロセス研究センターシンポジウム,国内会議,2020年02月,機械学習の基礎から応用〜ガラス材料探索の試み〜,口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 機器分析・計算科学の基礎,2021年11月

    その他

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本セラミックス協会関西支部,役員,2022年04月 ~ 継続中

  • ニューガラスフォーラム,ニューガラスセミナー主査,2018年04月 ~ 継続中

  • ニューセラミックス懇話会,理事,2016年07月 ~ 継続中

  • ニューガラスフォーラム,特別会員,2015年04月 ~ 継続中

  • 日本セラミックス協会関西支部,行事企画委員,2013年04月 ~ 2022年03月

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 機械学習を用いた無機ガラス材料の物性設計,寄附金,2021年10月 ~ 2023年09月,泉科学技術振興財団

  • 学校教育における外部人材活用事業 テーマ2.就職氷河期世代を対象とした教職に関するリカレントプログラムの開発・実施(更新講習),受託事業,2021年05月 ~ 2022年03月,文部科学省総合教育政策局

  • 2021年度泉科学技術振興財団研究助成,寄附金,2021年,公益財団法人 泉科学技術振興財団

  • 残留農薬除去性能の高い食品用アルカリ性電解水の開発に関する研究,共同研究,国内共同研究,2020年08月 ~ 2021年03月,髙橋金属株式会社

  • ウルトラファインバブル検出手法の確立と存在確認,共同研究,国内共同研究,2020年05月 ~ 2021年03月,京都大学、株式会社Ligaric

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 化学と物理の垣根を越えた理科教育の実現,【キーワード】物理化学/無機材料化学/固体物性/元素科学

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2019/01/7.tokuda.pdf

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「ビッグデータの機械学習による材料探索」,【キーワード】物理化学/無機材料化学/固体物性/元素科学/機械学習/データサイエンス

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/seeds17-89.pdf

  • ガラス材料の高機能化に関する研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,共同研究

  • カーネル多変量解析を用いた材料物性予測

  • 機械学習を用いた材料物性探索

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 化学実験,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 化学演習ⅡA,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 基礎化学Ⅰ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 理科の基礎,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 観察・実験指導実習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 滋賀ジュニアリサーチグランドに関する指導助言,2018年04月 ~ 2019年03月

  • 科学の祭典 副実行委員長,2016年04月 ~ 継続中

  • 滋賀県科学教育振興委員会 委員,2016年04月 ~ 継続中