基本情報

写真a

伊達 平和

DATE Heiwa


職名

准教授

学系

データサイエンス学系

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.17より)「地域課題や家族に関する計量社会学的研究」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 家族社会学

  • 比較社会学

  • 社会調査

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  教育学部

    大学,2008年03月,卒業,

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  教育学研究科

    博士課程,2014年03月,単位取得満期退学,

  • 京都大学  教育学研究科

    修士課程,2010年03月,修了,

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(教育学),人文・社会 / 教育学,京都大学,課程,2016年03月, 現代アジアにおける家族意識の計量社会学的研究-東アジアならびに東南アジア7地域を対象として-

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,准教授,2020年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,講師,2017年04月 ~ 2020年03月

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,助教,2016年04月 ~ 2017年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 青少年問題学会,2022年04月 ~ 継続中,

  • 日本社会福祉学会,2021年11月 ~ 継続中,

  • 日本社会学会,2012年03月 ~ 継続中,

  • 関西社会学会,2012年02月 ~ 継続中,

  • 日本教育社会学会,2011年04月 ~ 継続中,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 社会学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Diet quality and physical or comprehensive frailty among older adults,European journal of nutrition,2022年02月,Daiki Watanabe, Kayo Kurotani, Tsukasa Yoshida, Hinako Nanri, Yuya Watanabe, Heiwa Date, Aya Itoi, Chiho Goto, Kazuko Ishikawa-Takata, Misaka Kimura, Motohiko Miyachi, Yosuke Yamada

    DOI:10.1007/s00394-022-02819-w,研究論文(学術雑誌),共著

  • 滋賀大学データサイエンス学部及び 研究科の育成人材像と育成実績,工学教育,70巻 1号 (頁 7 ~ 12) ,2022年01月,伊達 平和, 清水 昌平, 竹村 彰通

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 令和2年度医療ソーシャルワーカー(MSW)における依存症支援意識・実態調査報告ーMSWが依存症支援力を高めるために、協会が取り組むべき課題とアクションプランー,医療と福祉,55巻 2号 (頁 2 ~ 8) ,2021年11月,稗田里香、伊達平和、堀兼大朗、坪田まほ、南本宜子、左右田哲、野村裕美、浅野正友輝、上堂薗順代、才田靖人、斉藤正和、佐々木幸、佐原まち子、兵倉香織、松浦千恵

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),共著

  • Adherence to the food-based Japanese dietary guidelines and prevalence of poor oral health-related quality of life among older Japanese adults in the Kyoto–Kameoka study,British Journal of Nutrition,2021年08月,Watanabe D、Kurotani K、Yoshida T、Nanri H、Watanabe Y、Date H、Itoi A、Goto C、Ishikawa-Takata K、Kikutani T、Yoshida M、Fujita H、Yamada Y、Kimura M

    DOI:10.1017/S0007114521003329,研究論文(学術雑誌),共著

  • Association between the prevalence of frailty and doubly labeled water-calibrated energy intake among community-dwelling older adults ,The Journals of Gerontology: Series A,2020年06月,Daiki Watanabe, Tsukasa Yoshida, Hinako Nanri, Yuya Watanabe, Heiwa Date, Aya Itoi, Chiho Goto, Kazuko Ishikawa-Takata, Hiroyuki Sagayama, Naoyuki Ebine, Hisamine Kobayashi, Misaka Kimura, Yosuke Yamada, for Kyoto-Kameoka Study

    DOI:10.1093/gerona/glaa133,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 湖東地区で働く若手従業員の職場環境と生活に関する調査  滋賀大学データサイエンス学部 令和2年度 社会調査実践演習 報告書 ,滋賀大学 データサイエンス学部 伊達平和研究室,2022年,伊達平和・堀兼大朗

    調査報告書,編集

  • 令和3年度公益社団法人日本医療ソーシャルワーカー協会社会貢献事業部依存症リカバリーソーシャルワークチーム事業報告書―「依存症支援研修」受講後アンケート調査及び活動―,公益社団法人 日本医療ソーシャルワーカー協会,2022年,公益社団法人 日本医療ソーシャルワーカー協会 社会貢献事業部 依存症リカバリーソーシャルワークチーム

    調査報告書,編集

  • 医療ソーシャルワーカー(MSW)における依存症支援意識・実態調査最終報告書,日本医療社会福祉協会,2021年,稗田里香, 左右田哲, 野村裕美, 浅野正友輝, 伊達平和, 堀兼大朗他日本医療社会福祉協会依存症リカバリーソーシャルワークチーム

    調査報告書,共著

  • 食とライフスタイルに関する調査 滋賀大学データサイエンス学部 令和2年度 社会調査実践演習 報告書 ,滋賀大学 データサイエンス学部 伊達平和研究室,2021年,伊達平和

    調査報告書,編集

  • 男女共同参画に関する調査 最終報告書,大津市,2020年,大津市

    調査報告書,単著

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 専業主婦を「選択」する韓国高学歴女性の論理,図書新聞3509号 ,2021年08月,伊達平和

    書評論文,書評,文献紹介等,単著

  • オープンガバナンスにおける政治参加規定要因の研究:ポートランドの Neighborhood association を事例として,国立大学法人滋賀大学研究推進機構環境総合研究センター 研究年報,18巻 1号 (頁 51 ~ 52) ,2021年08月,伊達平和, 田中勝也

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),共著

  • 『教育格差のかくれた背景―親のパーソナルネットワークと学歴志向―』,ソシオロジ,65巻 2号 (頁 96 ~ 100) ,2020年10月,伊達 平和

    書評論文,書評,文献紹介等,単著

  • 休日だけ料理をする夫たち―文化資本としての「男の料理」,滋賀大学 データサイエンス学部 伊達平和研究室,滋賀大学データサイエンス学部 令和元年度 社会調査実践演習 報告書,2020年03月,伊達平和

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),単著

  • 滋賀県への Uターン人材のニーズ把握に基づく持続可能な地域づくりに関する調査研究,国立大学法人滋賀大学研究推進機構環境総合研究センター 研究年報,16巻 1号 (頁 89 ~ 92) ,2019年08月,伊達平和

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 2022年度アルコール・薬物依存関連学会 合同学術総会,国内会議,2022年09月,2022年09月09日,医療ソーシャルワーカー (MSW) を対象とする「依存症支援研修」の再設計に向けて- 受講後インタビュー調査結果より,ポスター発表

  • 2022年度アルコール・薬物依存関連学会 合同学術総会,国内会議,2022年09月,2022年09月09日,医療ソーシャルワーカー (MSW) を対象とする「依存症支援研修」の再設計に向けて:受講後アンケート調査結果より ( パート 1),ポスター発表

  • 関西社会学会第73回大会,国内会議,2022年05月,2022年05月29日,「どちらともいえない」はどのように説明されるのか―性役割意識における中間回答理由の内容分析―,口頭発表(一般)

  • 第43回日本アルコール関連問題学会 ,国内会議,2021年12月,医療ソーシャルワーカー(MSW)における依存症支援意識と実態(パート1)―アンケート調査の単純・クロス集計とKHコーダーによる分析結果から―,ポスター発表

  • 第43回日本アルコール関連問題学会 ,国内会議,2021年12月,医療ソーシャルワーカー(MSW)における依存症支援意識と実態(パート2)ー当協会の取り組むべきアクションプランの提示ー,ポスター発表

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 学長賞,2022年03月,その他,,国立大学法人滋賀大学

  • 学長賞,2021年03月,その他,,国立大学法人滋賀大学

  • 奨励賞,2012年05月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,,関西社会学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本家族社会学会,全国家族調査委員会,2020年 ~ 継続中

  • 日本家族社会学会,大会実行委員,2017年04月 ~ 2017年09月

  • 青少年問題学会,青少年問題学会機関誌『青少年問題』編集委員会専門委員,2022年04月 ~ 継続中

  • 福井県教育総合研究所,特別研究員,2022年04月 ~ 継続中

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 湖東・湖北地区における若者の働き方に関する研究,受託研究,一般受託研究,2021年04月 ~ 2022年03月

  • アジア家族の比較分析に関する方法論の構築―家父長制尺度の妥当性と中間回答を中心に,若手研究,2020年04月 ~ 2023年03月

  • 食とライフスタイルに関する調査研究,受託研究,一般受託研究,2020年04月 ~ 2021年03月,株式会社ヨシケイ滋賀

  • オープンガバナンスにおける政治参加規定要因の研究:ポートランドのNeighborhood associationを事例として,その他,環境総合研究センタープロジェクト研究,2020年04月 ~ 2021年03月,滋賀大学環境総合研究センター

  • 大津市の女性活躍推進ならびに小中学校における女性のリーダーシップやジェンダーギャップに関する調査,受託研究,一般受託研究,2019年05月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「地域課題や家族に関する計量社会学的研究」,【キーワード】家族社会学/比較社会学/教育社会学/社会階層論/国際比較/アジア

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/seeds17-20.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • データサイエンス実践価値創造演習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 社会調査実践演習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 社会調査法Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • データサイエンス特別研究2,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 課題研究4,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 教育実践優秀賞,2022年,国立大学法人滋賀大学

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • えにしアカデミー フェロー,2021年10月 ~ 継続中

  • 京都府立桂高校におけるデータサイエンス講義,2021年10月

  • 公益社団法人日本医療社会福祉協会 データ分析メンター,2021年07月 ~ 2022年03月

  • 公益社団法人日本医療社会福祉協会 データ分析メンター,2020年09月 ~ 2021年03月

  • 京都府立桂高校におけるデータサイエンス講義,2019年09月

全件表示 >>