基本情報

写真a

清水 昌平

SHIMIZU Shohei


職名

教授

学系

データサイエンス学系

ホームページ

https://www.shimizulab.org

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.17より)「観察データに基づく因果構造推定法の研究」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 因果探索

  • 機械学習

  • 統計科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  人間科学部

    大学,2001年03月,卒業,

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  基礎工学研究科

    博士課程,2006年03月,修了,

  • 大阪大学  人間科学研究科

    修士課程,2003年03月,修了,

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),情報通信 / 統計科学,大阪大学,課程,2006年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,教授,2018年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,准教授,2017年04月 ~ 2018年03月

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,准教授,2016年04月 ~ 2017年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本計量生物学会,2021年12月 ~ 継続中,

  • 日本行動計量学会,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 知能情報学

  • 情報通信 / 統計科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Causal Discovery with Multi-Domain LiNGAM for Latent Factors,Proceedings of the Thirtieth International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI-21),2021年,Yan Zeng, Shohei Shimizu, Ruichu Cai, Feng Xie, Michio Yamamoto, Zhifeng Hao

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Causal Additive Models with Unobserved Variables,Proc. 37th Conference on Uncertainty in Artificial Intelligence 2021 (UAI2021),2021年,Takashi Nicholas Maeda, Shohei Shimizu

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • RCD: Repetitive causal discovery of linear non-Gaussian acyclic models with latent confounders,JMLR Workshop and Conference Proceedings, AISTATS2020 (Proc. 23rd International Conference on Artificial Intelligence and Statistics),2020年05月,T. N. Maeda, S. Shimizu

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Chemical-Mediated Microbial Interactions Can Reduce the Effectiveness of Time-Series-Based Inference of Ecological Interaction Networks,International Journal of Environmental Research and Public Health,2022年01月,Kenta Suzuki, Masato S Abe, Daiki Kumakura, Shinji Nakaoka, Fuki Fujiwara, Hirokuni Miyamoto, Teruno Nakaguma, Mashiro Okada, Kengo Sakurai, Shohei Shimizu, Hiroyoshi Iwata, Hiroshi Masuya, Naoto Nihei, Yasunori Ichihashi

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Hierarchical Adversarial Attacks Against Graph Neural Network Based IoT Network Intrusion Detection System,IEEE Internet of Things Journal,2021年11月,Xiaokang Zhou, Wei Liang, Weimin Li, Ke Yan, Shohei Shimizu, I Kevin, Kai Wang

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学大事典,共立出版,2017年07月,人工知能学会,清水昌平 他

    事典・辞書,分担執筆

  • 統計的因果探索,講談社,2017年,清水 昌平

    学術書,単著

  • 確率的グラフィカルモデル,共立出版,2016年,鈴木 譲, 植野 真臣, 黒木 学, 清水 昌平, 湊 真一, 石畠 正和, 樺島 祥介, 田中 和之, 本村 陽一, 玉田 嘉紀

    学術書,共著

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学データサイエンス学部及び研究科の育成人材像と育成実績,工学教育,2022年,伊達 平和, 清水 昌平, 竹村 彰通

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),単著

  • Privacy preservation in permissionless blockchain: A survey,Digital Communications and Networks,2021年08月,Li Peng, Wei Feng, Zheng Yan, Yafeng Li, Xiaokang Zhou, Shohei Shimizu

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),単著

  • Recent advances in semi-parametric methods for causal discovery,Direction Dependence in Statistical Modeling: Methods of Analysis,2020年12月,Shohei Shimizu, Patrick Blöbaum

    記事・総説・解説・論説等(その他),共著

  • A survey on integrity auditing for data storage in the cloud: from single copy to multiple replicas,IEEE Transactions on Big Data,2020年10月,Angtai Li, Yu Chen, Zheng Yan, Xiaokang Zhou, Shohei Shimizu

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),共著

  • 統計的因果推論への招待,サイエンス社,数理科学,2020年09月,清水昌平

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),単著

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 特許権,品質劣化要因推定装置及び方法,石橋圭介, 清水昌平, 田代竜也

    登録番号( 5825599,2015年10月23日(年月日),2015年10月23日 ) ,

    出願国:

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • JMP Discovery Summit Japan 2021,国内会議,2021年12月,2021年12月17日,滋賀大学データサイエンス学部におけるJMPの活用事例,口頭発表(招待・特別)

  • 電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解(PRMU)研究会,,国内会議,2021年12月,2021年12月16日,統計的因果探索: セミパラメトリックアプローチを中心に,口頭発表(招待・特別)

  • 電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解(PRMU)研究会,,2021年12月,2021年12月16日,プラントシミュレータを用いた時系列因果探索手法の評価,口頭発表(一般)

  • 2021年度JST-理研合同AIP公開シンポジウム~研究報告から探るAI分野の未来~,国内会議,2021年12月,2021年12月01日,統計的因果探索: 領域知識とデータから因果仮説を探索する,口頭発表(一般)

  • 人工知能学会 第118回 人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI),国内会議,2021年12月,2021年12月01日,セミパラメトリックアプローチによる統計的因果探索,

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • データサイエンス入門シリーズ(講談社)の編集委員,2017年09月 ~ 継続中

    その他

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2020 IEEE SMC Society/Andrew P. Sage Best Transactions Paper Award,2020年11月,学会誌・学術雑誌による顕彰,,IEEE Systems, Man, and Cybernetics Society

  • 日本行動計量学会 杉山明子賞 (出版賞),2018年09月,その他,,日本行動計量学会

  • 林知己夫賞 (優秀賞),2016年09月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,,日本行動計量学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本行動計量学会,大会担当委員会 委員,2018年11月 ~ 2022年03月

  • 日本行動計量学会,イノベーション委員会 委員,2018年06月 ~ 継続中

  • 日本行動計量学会,運営委員会 委員,2015年06月 ~ 2018年03月

  • 日本行動計量学会,理事,2015年04月 ~ 継続中

  • 電子情報通信学会,プログラム委員,2021年

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 因果推論および因果探索のデータ分析方法の指導,受託事業,2021年11月 ~ 2022年10月,株式会社SCREENアドバンストシステムソリューションズ

  • 統計的因果探索技術のプロセス産業への適用,受託事業,2021年10月 ~ 2022年09月,日鉄テックスエンジ株式会社

  • 製造プロセスの不良原因分析に関する技術指導,受託事業,2021年09月 ~ 2022年03月,東レ株式会社

  • IoTデータ向け因果分析技術の開発,共同研究,国内共同研究,2021年07月 ~ 2022年03月,エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

  • 化学プロセスの時系列データの因果解析,受託事業,2021年05月 ~ 2022年03月,株式会社神戸製鋼所

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「観察データに基づく因果構造推定法の研究」,【キーワード】統計科学/機械学習/因果推論

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/seeds17-13.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • データサイエンス特別研究6,2022年10月 ~ 2023年03月

  • データサイエンス特別研究4,2022年10月 ~ 2023年03月

  • データサイエンス特別研究2,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 課題研究4,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 生物・経済データと因果分析,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 教育実践優秀賞,2020年10月,滋賀大学

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • SCREENアドバンストシステムソリューションズ,2021年11月 ~ 2022年10月

  • 日鉄テックスエンジ株式会社,2021年10月 ~ 2022年09月

  • 東レ株式会社,2021年10月 ~ 2022年03月

  • 株式会社神戸製鋼所,2021年05月 ~ 2022年03月

  • SCREENアドバンストシステムソリューションズ,2020年11月 ~ 2021年10月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • ええじゃない課Biz #30

    2022年06月05日