基本情報

写真a

清水 昌平

SHIMIZU Shohei


職名

教授

学系

データサイエンス学系

研究分野・キーワード

統計科学、機械学習、因果探索

ホームページ

https://sites.google.com/site/sshimizu06/indexj

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.15より)「観察データに基づく因果構造推定法の研究」

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  人間科学部

    大学,2001年03月,卒業,

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  人間科学研究科

    修士課程,2003年03月,修了,

  • 大阪大学  基礎工学研究科

    博士課程,2006年03月,修了,

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),統計科学,大阪大学,課程,2006年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,准教授,2016年04月 ~ 2017年03月

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,准教授,2017年04月 ~ 2018年03月

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,教授,2018年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本行動計量学会,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知能情報学

  • 統計科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of cause-effect inference by comparing regression errors,PeerJ Computer Science,2019年01月,Patrick Blöbaum, Dominik Janzing, Takashi Washio, Shohei Shimizu, Bernhard Schölkopf

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Personalization recommendation algorithm based on trust correlation degree and matrix factorization,IEEE Access,2019年01月,Weimin Li, Xiaokang Zhou, Shohei Shimizu, Mingjun Xin, Jiulei Jiang, Honghao Gao, Qun Jin

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A novel personalized recommendation algorithm based on trust relevancy degree,Proc. 2018 IEEE 16th Intl Conf on Dependable, Autonomic and Secure Computing, 16th Intl Conf on Pervasive Intelligence and Computing, 4th Intl Conf on Big Data Intelligence and Computing and Cyber Science and Technology Congress(DASC/PiCom/DataCom/CyberSciTech),2018年08月,Weimin Li, Heng Zhu, Xiaokang Zhou, Shohei Shimizu, Mingjun Xin, Qun Jin

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • A novel principle for causal inference in data with small error variance,JMLR Workshop and Conference Proceedings, AISTATS2018 (Proc. 21st International Conference on Artificial Intelligence and Statistics),2018年04月,Patrick Bloebaum, Dominik Janzing, Takashi Washio, Shohei Shimizu, Bernhard Schoelkopf

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Learning instrumental variables with structural and non-Gaussianity assumptions,Journal of Machine Learning Research,18巻 (頁 1 ~ 49) ,2017年11月,Ricardo Silva,Shohei Shimizu

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学大事典,共立出版,2017年07月,人工知能学会,清水昌平 他

    事典・辞書,分担執筆

  • 統計的因果探索,講談社,2017年,清水 昌平

    単行本(学術書),単著

  • 確率的グラフィカルモデル,共立出版,2016年,鈴木 譲, 植野 真臣, 黒木 学, 清水 昌平, 湊 真一, 石畠 正和, 樺島 祥介, 田中 和之, 本村 陽一, 玉田 嘉紀

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • Non-Gaussian methods for causal structure learning,Prevention Science,2019年05月,Shohei Shimizu

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • Non-Gaussian structural equation models for causal discovery,Statistics and Causality: Methods for Applied Empirical Research,2016年06月,Shohei Shimizu

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ),単著

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 特許,品質劣化要因推定装置及び方法,石橋圭介, 清水昌平, 田代竜也

    登録番号( 5825599,2015年10月23日 ) ,

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2018年度 統計関連学会連合大会,国内会議,2018年09月,因果探索、予測、そして制御,口頭(招待・特別)

  • The 5th meeting of the Institute of Mathematical Statistics (IMS) meeting series, the IMS Asia Pacific Rim Meeting (IMS-APRM),国際会議,2018年06月,Causal discovery, prediction mechanisms, and control,口頭(招待・特別)

  • Causal Modeling and Machine Learning (CaMaL) Workshop,国際会議,2018年06月,Guangzhou, China,Causal discovery, prediction, and control,口頭(招待・特別)

  • 第21回理論化学討論会,国内会議,2018年05月,局所データモデリング法に基づく力場パラメータ最適化プログラムの開発,口頭(一般)

  • 日本行動計量学会 第20回春の合宿セミナー,国内会議,2018年02月 ~ 2018年03月,因果探索入門,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • データサイエンス入門シリーズ(講談社)の編集委員,2017年09月 ~ 継続中

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本行動計量学会 杉山明子賞 (出版賞),2018年09月,その他の賞,日本,日本行動計量学会

  • 林知己夫賞 (優秀賞),2016年09月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,日本行動計量学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • Elsevier Neurocomputing,編集委員,2019年01月 ~ 継続中

  • 日本行動計量学会,大会担当委員会 委員,2018年11月 ~ 継続中

  • 日本行動計量学会,日本行動計量学会第47回大会 実行委員会 委員,2018年11月 ~ 2019年09月

  • 日本行動計量学会,イノベーション委員会 委員,2018年06月 ~ 継続中

  • Springer,Coordinating Editor of Behaviormetrika,2016年 ~ 継続中

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 機械学習における因果特定に関する研究,共同研究,国内共同研究,2019年02月 ~ 2020年01月,ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社

  • 時系列IoTデータにおける要因・因果分解析技術の開発,共同研究,国内共同研究,2018年12月 ~ 2020年03月,エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

  • キリンが取り組む因果推論技術に関する研究に関するコンサルティング業務,受託事業,2018年12月 ~ 2019年12月,キリン株式会社

  • 自律適応制御技術の開発,共同研究,国内共同研究,2018年08月 ~ 2019年07月,株式会社デンソー

  • 因果推論および因果探索のデータ分析方法の指導,受託事業,2018年07月 ~ 2019年06月,株式会社SCREENアドバンストシステムソリューションズ

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.15より)【代表的な研究テーマ】「観察データに基づく因果構造推定法の研究」,【キーワード】統計科学/機械学習/因果推論

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/10/1.shimizu.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 機械学習,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 情報活用演習A,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 線形代数,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 課題研究Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

  • データサイエンス実践価値創造演習Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社と共同研究,2019年02月 ~ 2020年03月

  • エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社,2018年12月 ~ 2020年03月

  • キリン株式会社 基盤技術研究所へ技術指導,2018年12月 ~ 2019年12月

  • SCREENアドバンストシステムソリューションズへ技術指導,2018年07月 ~ 2019年06月

  • 新日鐵住金へ学術指導,2018年04月 ~ 2019年03月

全件表示 >>