基本情報

写真a

竹村 彰通

TAKEMURA Akimichi


職名

教授

学系

データサイエンス学系

生年

1952年

研究分野・キーワード

数理統計学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/atstat/athp/

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.15より)「データサイエンスの社会実装・人材育成」

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  経済学部  経済学科

    大学,1976年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  経済学研究科  理論経済学・経済史学専門課程

    修士課程,1978年03月,修了,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(統計学),統計学,スタンフォード大学(アメリカ合衆国),論文,1982年09月, A Statistical Approach to Zonal Polynomials

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,教授,2016年04月 ~ 2017年03月

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,教授,2017年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,センター長,2016年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 統計科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Erdos-Feller-Kolmogorov-Petrowsky law of the iterated logarithm for self-normalized martingales: a game-theoretic approach. ,The Annals of Probability,47巻 (頁 1136 ~ 1161) ,2019年02月,Takeyuki Sasai, Kenshi Miyabe, Akimichi Takemura

    DOI:10.1007/s42081-018-0005-7,研究論文(学術雑誌),共著

  • Relation between the rate of convergence of strong law of large numbers and the rate of concentration of Bayesian prior in game-theoretic probability.,Stochastic Processes and their Applications128号 (頁 1466 ~ 1484) ,2018年,Ryosuke Sato, Kenshi Miyabe and A.Takemura.

    DOI:doi:10.1016/j.spa.2017.07.014.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Distribution of the ratio of two Wishart matrices and cumulative probability evaluation by the holonomic gradient method. ,Journal of Multivariate Analysis165号 (頁 270 ~ 278) ,2018年,Hiroki Hashiguchi, Nobuki Takayamab and A. Takemura.

    DOI:doi:10.1016/j.jmva.2018.01.002.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Exact ZF analysis and computer-algebra-aided evaluation in rank-1 LoS Rician fading.,IEEE Transactions on Wireless Communications,2016年,Constantin Siriteanu, A.Takemura, Christoph Koutschan, Satoshi Kuriki, Donald Richards and Hyundong Shin

    DOI:10.1109/TWC.2016.2555796,研究論文(学術雑誌),共著

  • A power-law growth and decay model with autocorrelation for posting data to social networking services.,PLoS ONE 11(8),2016年,Toshifumi Fujiyama, Chihiro Matsui and A.Takemura.

    DOI:10.1371/journal.pone.0160592. ,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 代数的統計モデル,共立出版,2019年07月,青木 敏, 竹村彰通, 原 尚幸

    単行本(学術書),共著,統計科学

  • 基礎系 数学 確率・統計II (東京大学工学教程) ,丸善出版,2018年01月,青木 敏, 竹村彰通

    単行本(学術書),共著,統計科学

  • Markov Bases in Algebraic Statistics,Springer ,2012年,Aoki, Satoshi, Hara, Hisayuki, Takemura, Akimichi

    単行本(学術書),共著

  • 統計学の基礎 I 第一部 多変量解析入門,岩波書店,,2003

    単行本(学術書),単著

  • 電子社会と市場経済」~ 情報化と経済システムの変容 ~,サイエンス社,,竹村彰通

    単行本(学術書),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 統計関連学会連合大会,国内会議,2018年09月,中央大学後楽園キャンパス,データサイエンス学部卒業生の人材像,口頭(招待・特別)

  • 品質管理学会関西支部研究発表会,国内会議,2017年09月,大阪大学中之島センター,滋賀大学で始まったデータサイエンティストの組織的育成,口頭(招待・特別)

  • 2017年度統計関連学会連合大会,国内会議,2017年09月,南山大学,滋賀大学データサイエンス学部の現状,口頭(一般)

  • 2017年度 組織学会研究発表大会,国内会議,2017年06月,滋賀大学 彦根キャンパス,デーサイエンス研究と教育の意義,口頭(基調)

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議,数理科学委員会数理統計学分科会委員長,2017年10月 ~ 継続中

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 経営実務データを用いたデータサイエンティスト育成方法の研究,共同研究,国内共同研究,2018年10月 ~ 2019年03月,特定非営利活動法人ビュー・コミュニケーションズ

  • 装置稼働情報によるビッグデータ解析,受託事業,2018年09月 ~ 2019年09月,株式会社イシダ

  • 統計学を用いた石油貯蔵地下タンクの漏洩の早期発見,共同研究,国内共同研究,2018年06月 ~ 2018年11月,玉田工業株式会社

  • トヨタグループのエンジニアをビッグデータ分析の指導者(中核人材)候補として育成するための教材開発研究,受託研究,一般受託研究,2018年05月 ~ 2019年03月,トヨタ自動車株式会社

  • 計算代数統計の方法の性能向上と実用化の推進,基盤研究(A),2018年04月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.15より)【代表的な研究テーマ】「データサイエンスの社会実装・人材育成」,【キーワード】データサイエンス(DS)社会実装推進/DS人材育成/統計的モデリング/多変量解析/実験計画

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/11/1.takemura.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • データサイエンス実践論B,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 時系列解析入門,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 強化学習・転移学習実践論,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 強化学習・転移学習,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 課題研究Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 講演,2018年04月 ~ 2019年03月

  • RESAS(地域経済分析システム)講習会講師,2016年04月 ~ 2017年04月

  • 滋賀県地域情報化推進会議 第6回ICT利活用検討部会委員,2016年04月 ~ 2017年04月

  • 日本学術会議連携会員(数理科学委員会),2016年04月 ~ 2017年04月

  • MOOC 統計学講座対面講義講師,2016年04月 ~ 2017年03月