基本情報

写真a

真鍋 晶子

MANABE Akiko


職名

教授

学系

経済学系

生年

1960年

研究分野・キーワード

アイルランド文学、アメリカ文学、モダニズム、詩、能狂言

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

【研究活動】 アメリカとアイルランドのモダニズム文学、特に詩人工ズラ・パウンド、詩人・劇作家W.Bイェイツを中心に研究。西洋文学の伝統から能・俳句等日本の伝統まで作品に入れる両者の言葉へのこだわり、特に言葉の音楽性、東洋と西洋の邂逅に興味がある。パウンドをめぐる芸術家たちがモダニズム文学を形成した過程、それが現代詩へ継承・変化するさまにも注目。最近は、西洋と日本の邂逅によって生み出された舞台公演の企画も行う。

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.15より)「言葉(詩)の音楽性/英米愛モダニズム文学と日本の関係」

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  文学部  文学科英語学英文学

    大学,1984年,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  文学研究科  英語学英米文学

    博士課程,1988年,その他,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士,ヨーロッパ文学,カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校,課程,1995年01月

  • 文学修士,ヨーロッパ文学,京都大学,課程,1988年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,講師,1996年04月 ~ 1998年03月

  • 滋賀大学 経済学部,助教授,1998年04月 ~ 2005年03月

  • 滋賀大学 経済学部,教授,2005年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本アメリカ文学会,日本

  • 日本ジェムズ・ジョイス協会,日本

  • 日本英文学会,日本

  • 日本詩学会,1986年 ~ 継続中,日本

  • 国際アイルランド文学協会,1986年 ~ 継続中,その他の国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ文学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • アイルランドからアメリカ、ヨーロッパへ、そしてborderのない世界への希求,エール(アイルランド研究)38号 (頁 138 ~ 141) ,2019年03月,真鍋晶子

    研究論文(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学

  • エズラ・パウンドの詩学ーふたつの大戦と地上楽園ー,モダニズムを俯瞰する(中央大学人文科学研究所研究叢書),67巻 (頁 59 ~ 97) ,2018年03月,真鍋晶子

    DOI:Ezra Pound's Poetics-Two World Wars and Paradiso Terrestre-,研究論文(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学

  • 狂言とイェイツ,エール(アイルランド研究)36号 (頁 121 ~ 124) ,2017年03月,真鍋晶子

    研究論文(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学

  • ヘミングウェイの詩の文体,ヘミングウェイ研究17号 (頁 35 ~ 48) ,2016年06月,真鍋晶子

    研究論文(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学

  • W. B. Yeats, Ernest Fenollosa and Lafcadio Hearn: Literary Triptych connecting East and West,Proceedings, Lectures Lafcadio Hearn & Japan 8th October Dublin City University, Dublin Ireland (頁 12 ~ 14) ,2016年03月,Akiko Manabe

    研究論文(国際会議プロシーディングス),単著,英米・英語圏文学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • The Oxford Handbook of W.B. Yeats,Oxford University Press,2020年,Akiko Manabe, Lauren Arrington, Matthew Campbell

    単行本(学術書),A Country Over Wave,共著,英米・英語圏文学

  • Crossings-Ireland and Japan,Cork University Press,2019年,Akiko Manabe, Richard Kelly et.al

    単行本(学術書),共著,英米・英語圏文学

  • めぐりあうテクストたちーブロンテ文学の遺産と影響,春風社,2019年,真鍋晶子、岩上はる子、惣谷美智子他

    単行本(学術書),ラフカディオ・ハーン(小泉八雲) アイルランドなるものー想像力、語り、そして妖精,共著,英米・英語圏文学

  • アイルランドを知るための70章[第3版],明石書店,2019年04月,真鍋晶子、海老島均、三神弘子、池田寛子他

    単行本(学術書),日本とアイルランドが出逢う舞台――ウィリアム・バトラー・イェイツと能狂言,共著,英米・英語圏文学

  • ヘミングウェイ 伝記的研究,松籟社,,真鍋晶子、新関芳生 他

    単行本(学術書),共著,英米・英語圏文学

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • “Staging The Cat and the Moon in a Japanese Kyogen Style,” by Kaoru Matsumoto,Cork University Press,Yeats and Asia,2019年,Kaoru Matsumoto, Akiko Manabe et. al.

    その他記事,翻訳と監修,共著,英米・英語圏文学

  • Shiga U Arteに寄せて 愛蘭土、W.B. イェイツ、狂言そして近江の縁,滋賀大学,第一回滋賀大学文化事業 Shiga U Arte 狂言と音楽の夕べーW.B. イェイツとの邂逅ープログラム (頁 7 ~ 8) ,2018年03月,真鍋晶子

    総説・解説(その他),単著,英米・英語圏文学

  • 日愛外交関係樹立60周年記念事業ーダブリン市立図書館「日本コーナー」と茂山千五郎狂言アイルランド公演ー,日本アイルランド協会,日本アイルランド協会会報99号 (頁 2) ,2018年02月,真鍋晶子

    その他記事,単著,英米・英語圏文学

  • アイルランドと狂言,(公財)びわ湖芸術文化財団,湖国と文化162号 (頁 88 ~ 91) ,2018年01月,真鍋晶子

    総説・解説(その他),単著,英米・英語圏文学

  • 「アイルランドと日本の邂逅 イェイツ、ハーンと狂言」に寄せて,山陰中央新報社,山陰中央新報 (頁 10) ,2017年11月,真鍋晶子

    その他記事,単著,英米・英語圏文学

全件表示 >>

芸術・競技活動 【 表示 / 非表示

  • 小泉八雲朗読のしらべ in 彦根〜転生〜,2018年11月

    芸術活動,英米・英語圏文学

  • KBS京都ラジオ レコ室からこんにちは,2018年03月

    芸術活動,英米・英語圏文学

  • 国宝・彦根城築城410年祭 茂山狂言会千五郎家 新作狂言公演(アイルランド凱旋公演),2017年10月

    芸術活動

  • アイルランド・日本外交関係樹立60周年事業「茂山千五郎家アイルランド公演 アイルランドと日本の邂逅〜W.B. イェイツ、ラフカディオ・ハーンと日本,2017年07月 ~ 2017年08月

    芸術活動,英米・英語圏文学

  • 小泉八雲・朗読の夕べin彦根,2017年03月

    芸術活動

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 60th Yeats International Summer School:,国際会議,2019年07月 ~ 2019年08月,Yeats Memorial Building, Sligo, Ireland,Theatre Roundtable,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名),英米・英語圏文学

  • THE CRITICAL GROUND The 2019 Conference of the International Association for the Study of Irish Literatures,国際会議,2019年07月,Trinity College, Dublin ,W.B. Yeats, Lafcadio Hearn, Noh, kyogen, adaptation,口頭(一般)

  • 久米民十郎の再発見,国内会議,2019年01月,神戸学院大学,久米民十郎研究の今後,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名),文学一般

  • international Yeats Symposium in Kyoto,国際会議,2018年12月,京都大学,Yeats’s Later Plays and Laughter: Wheels and Butterflies,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名),英米・英語圏文学

  • The World Humanities Forum,国際会議,2018年10月 ~ 2018年11月,F1963 & Kiswire Center, Busan, South Korea,Metamorphosis of Images ~Lafcadio Hearn’s_Snow Woman_ & Japanese Contemporary Theatre and Film,口頭(一般),英米・英語圏文学

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 「イェイツ生誕百周年に寄せて」、『コージャス』(山陰アイルランド協会会報),2015年12月

    その他

  • Obituary: Daniel Albright, Newsletter for IASIL Japan,2014年06月

    その他

  • 「大学における外国語・異文化教育」、『彦根論叢』第400号,2012年06月

    その他

  • 講演、「狂言と彦根」、彦根シャトーワイズメンズクラブ,2012年01月

    その他

  • 「狂言と私」、『湖国と文化』第138号、滋賀県文化振興事業団、40-43頁,2012年01月

    その他

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本アイルランド協会,事務局長,2018年04月 ~ 継続中

  • 国際イェイツ協会,国際イェイツ協会2018年京都シンポジウム運営委員,2017年10月 ~ 2018年12月

  • 日本イェイツ協会,委員、編集委員,2015年 ~ 継続中

  • 日本ヘミングウェイ協会,運営委員,2012年12月 ~ 継続中

  • 日本アイルランド協会,理事,2001年 ~ 継続中

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • W.B. イェイツ,パウンド、ヘミングウェイと狂言:「笑い」と「間」の詩学,基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月

  • 詩人アーネスト・ヘミングウェイの発見:「うた」と日本的感性,基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.15より)【代表的な研究テーマ】「言葉(詩)の音楽性/英米愛モダニズム文学と日本の関係」,【キーワード】言葉(詩)の音楽/モダニズム/エズラ・パウンド/W.B.イェイツ/アーネスト・ヘミングウェイ/能楽/小泉八雲

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2019/01/10.manabe.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語Ⅰa,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 英語演習,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 言語と文化,2019年04月 ~ 2019年09月

  • 英語,2019年04月 ~ 2019年09月

  • 国際文化システム特殊講義,2019年04月 ~ 2019年09月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 「小泉八雲朗読のしらべ in 彦根」企画・運営・講師として出演,2018年11月

  • 佐々木道誉バサラ祭,2018年05月

  • 滋賀大学文化企画Shiga U Arteの企画,2018年04月 ~ 継続中

  • KBS京都ラジオ 「レコ室からこんにちは」 パーソナリティ,2018年03月

  • 「3回で読む"The Dead"(ジェイムズ・ジョイス『ダブリン市民』より),2018年02月

全件表示 >>