基本情報

写真a

真鍋 晶子

MANABE Akiko


職名

教授

学系

経済学系

生年

1960年

研究分野・キーワード

アイルランド文学、アメリカ文学、モダニズム、詩、能狂言

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

【研究活動】 アメリカとアイルランドのモダニズム文学、特に詩人工ズラ・パウンド、詩人・劇作家W.Bイェイツを中心に研究。西洋文学の伝統から能・俳句等日本の伝統まで作品に入れる両者の言葉へのこだわり、特に言葉の音楽性、東洋と西洋の邂逅に興味がある。パウンドをめぐる芸術家たちがモダニズム文学を形成した過程、それが現代詩へ継承・変化するさまにも注目。最近は、西洋と日本の邂逅によって生み出された舞台公演の企画も行う。

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.16より)「言葉(詩)の音楽性/英米愛モダニズム文学と能狂言、俳句」

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  文学部  文学科英語学英文学

    大学,1984年,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  文学研究科  英語学英米文学

    博士課程,1988年,その他,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士,ヨーロッパ文学,カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校,課程,1995年01月

  • 文学修士,ヨーロッパ文学,京都大学,課程,1988年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,講師,1996年04月 ~ 1998年03月

  • 滋賀大学 経済学部,助教授,1998年04月 ~ 2005年03月

  • 滋賀大学 経済学部,教授,2005年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本アメリカ文学会,日本

  • 日本ジェムズ・ジョイス協会,日本

  • 日本英文学会,日本

  • 日本詩学会,1986年 ~ 継続中,日本

  • 国際アイルランド文学協会,1986年 ~ 継続中,その他の国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ文学

  • アイルランド文学・アメリカ文学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • "Are you that flighty?" "I am that flighty.":__The Cat and the Moon__ and_Kyogen_ Revisited,International Yeats Studies,5巻 1号 (頁 53 ~ 70) ,2021年04月,Akiko Manabe

    研究論文(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学

  • ハ-ンのアイルランド,季刊 民族学 170,43巻 4号 (頁 18 ~ 25) ,2019年10月,真鍋晶子

    研究論文(学術雑誌),単著

  • アイルランドからアメリカ、ヨーロッパへ、そしてborderのない世界への希求,エール(アイルランド研究)38号 (頁 138 ~ 141) ,2019年03月,真鍋晶子

    研究論文(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学

  • エズラ・パウンドの詩学ーふたつの大戦と地上楽園ー,モダニズムを俯瞰する(中央大学人文科学研究所研究叢書),67巻 (頁 59 ~ 97) ,2018年03月,真鍋晶子

    DOI:Ezra Pound's Poetics-Two World Wars and Paradiso Terrestre-,研究論文(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学

  • 狂言とイェイツ,エール(アイルランド研究)36号 (頁 121 ~ 124) ,2017年03月,真鍋晶子

    研究論文(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • The Oxford Handbook of W.B. Yeats,Oxford University Press,2022年,Akiko Manabe, Lauren Arrington, Matthew Campbell, et.al.

    単行本(学術書),A Country Over Wave,共著,英米・英語圏文学

  • ヘミングウェイ研究−30年の軌跡,彩流社,2022年,真鍋晶子、新関芳生 他

    単行本(学術書),チンクとヘムーエリック・エドワード・ドーマン=スミス(オガワン)との友情,共著,英米・英語圏文学

  • Crossings-Ireland and Japan,Cork University Press,2021年,Akiko Manabe, Richard Kelly et.al

    単行本(学術書),The Pure Cold Light: Yeats's and Hearn's Influence on Contemporary Performing Arts in Japan and Ireland,共著,英米・英語圏文学

  • Yeats and Asia: Overviews and Case Studies,Cork University Press,2020年,Akiko Manabe, Sean Golden et. al

    単行本(学術書),W.B. Yeats, Ernest Fenollosa and Lafcadio Hearn:; Triptych or Bridege between Japan and the West,共著,英米・英語圏文学

  • めぐりあうテクストたちーブロンテ文学の遺産と影響,春風社,2019年07月,真鍋晶子、岩上はる子、惣谷美智子他

    単行本(学術書),ラフカディオ・ハーン(小泉八雲) アイルランドなるものー想像力、語り、そして妖精,共著,英米・英語圏文学

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • A Kyogen's Version 'Kiogen' : On Directing _The Cat and the Moon_in Japan(英訳と註釈),Cork University Press,Yeats and Asia: Overviews and Case Studies,2020年10月,Kaoru Matsumoto, Akiko Manabe

    総説・解説(その他),翻訳と監修,共著,英米・英語圏文学

  • 長谷川年光先生のこと,日本アイルランド協会,日本アイルランド協会会報106号 (頁 4) ,2020年08月,真鍋晶子

    その他記事,単著,英米・英語圏文学

  • ハ-ンと漢字,小泉八雲熊本旧居保存会,石仏:ハ-ン通信27号27号 (頁 25) ,2020年04月,真鍋晶子

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌),単著,英米・英語圏文学

  • 近江と能狂言〜湖東湖北をめぐって〜,びわこ湖東路観光協議会事務局(彦根市観光企画課内),近江・湖東ゴーストハンティング,2020年03月,真鍋晶子、杉原正樹、小泉凡

    総説・解説(その他),近江と能狂言〜湖東湖北をめぐって〜,単著

  • Shiga U Arteに寄せて 愛蘭土、W.B. イェイツ、狂言そして近江の縁,滋賀大学,第一回滋賀大学文化事業 Shiga U Arte 狂言と音楽の夕べーW.B. イェイツとの邂逅ープログラム (頁 7 ~ 8) ,2018年03月,真鍋晶子

    総説・解説(その他),単著,英米・英語圏文学

全件表示 >>

芸術・競技活動 【 表示 / 非表示

  • HEMINGWAY  A FILM BY KEN BURNS AND LYNN NOVICK,2021年04月 ~ 継続中

    その他,英米・英語圏文学

  • KBS京都ラジオ番組パートナー,2020年09月

    芸術活動,英米・英語圏文学

  • 新作能『高虎」上演実行委員、講演,2019年10月

    芸術活動,芸術一般,日本文学

  • 滋賀大学文化事業「書と言葉と声とー小泉八雲をめぐって」企画運営,2019年10月

    芸術活動,英米・英語圏文学,芸術一般

  • 小泉八雲朗読のしらべ in 彦根〜転生〜,2018年11月

    芸術活動,英米・英語圏文学

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本イェイツ協会・日本パウンド協会合同学会,国内会議,2021年11月,獨協大学,YeatsとPound 1910年代以後(シンポジウム「W. B. Yeats and Ezra Pound: Stone Cottage and Thereafter」),口頭(一般),英米・英語圏文学

  • Annual Conference of IASIL Japan,国際会議,2021年10月,明治大学,Revolutions/Resolutions: Conflict and Art,口頭(一般),英米・英語圏文学

  • 関西アイルランド研究会,国内会議,2021年09月,大阪経済大学,The Cat and the Moon,口頭(一般),英米・英語圏文学

  • 日本英文学会第93回大会,国内会議,2021年05月,早稲田大学→ZOOM,舞台をめぐるアメリカ、アイルランドと日本:伝統と革新を再考する,口頭(一般),英米・英語圏文学

  • 日本英文学会第92回大会,国内会議,2020年05月,琉球大学,アメリカおよびアイルランドの文学と日本古典芸能の交錯,口頭(一般),英米・英語圏文学

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • アメリカPBSドキュメンタリーHemingway出演,2021年04月 ~ 継続中

    その他

  • 講演「世界の中の能と狂言」,2019年10月

    その他

  • 「イェイツ生誕百周年に寄せて」、『コージャス』(山陰アイルランド協会会報),2015年12月

    その他

  • Obituary: Daniel Albright, Newsletter for IASIL Japan,2014年06月

    その他

  • 「大学における外国語・異文化教育」、『彦根論叢』第400号,2012年06月

    その他

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 国際イェイツ協会,理事,2021年01月 ~ 継続中

  • 日本エズラ・パウンド協会,理事 (会計監査),2019年04月 ~ 継続中

  • 日本アイルランド協会,事務局長,2018年04月 ~ 継続中

  • 国際イェイツ協会,国際イェイツ協会2018年京都シンポジウム運営委員,2017年10月 ~ 2018年12月

  • 日本イェイツ協会,委員、編集委員,2015年 ~ 継続中

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 笑いと鎮魂の詩学:能狂言とアイルランド W.B.イェイツ、小泉八雲、パウンド,基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月

  • W.B. イェイツ,パウンド、ヘミングウェイと狂言:「笑い」と「間」の詩学,基盤研究(C),2017年04月 ~ 2021年03月

  • 詩人アーネスト・ヘミングウェイの発見:「うた」と日本的感性,基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.16より)【代表的な研究テーマ】「言葉(詩)の音楽性/英米愛モダニズム文学と能狂言、俳句」,【キーワード】言葉(詩)の音楽/アイルランド/エズラ・パウンド/W.B.イェイツ/アーネスト・ヘミングウェイ/能狂言/小泉八雲

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/01/16-115.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 文学,2021年10月 ~ 2022年03月

  • 英語演習,2021年10月 ~ 2022年03月

  • 英語Ⅰa,2021年10月 ~ 2022年03月

  • 大学英語入門,2021年04月 ~ 2021年09月

  • 英語Ⅱ,2021年04月 ~ 2021年09月

全件表示 >>

 
 

社会貢献・連携 【 表示 / 非表示

  • 彦根城址維持管理等業務および彦根城博物館受付等業務委託事業者選定に係る公募型プロポーザル審査会審査員,2019年11月 ~ 2020年03月

  • 甲良町新作能「高虎」上演実行アドバイザー、及び、上演実行委員会委員,2019年06月 ~ 2020年03月

  • 公財)堤康次郎記念育英財団奨学生選考委員会委員,2019年04月 ~ 継続中

  • 「小泉八雲朗読のしらべ in 彦根」企画・運営・講師として出演,2018年11月

  • 佐々木道誉バサラ祭,2018年05月

全件表示 >>