基本情報

写真a

菊地 利奈

KIKUCHI Rina


職名

教授

学系

経済学系

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

滋賀大学教授、キャンベラ大学在外研究員、詩の翻訳家。著書に、日英対訳アンソロジー『Poet to Poet: Contemporary Women Poets from Japan 』(2017年、Recent Work Press)、『pleasant troubles 喜ビ苦シミ翻ル詩~日毫対訳アンソロジー~』(2018年、Recent Work Press)。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • アイルランド

  • ジェンダー

  • 女性詩

  • 戦争詩

  • 文学

全件表示 >>

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  文学部  文学科

    大学,1996年03月,卒業,日本国

  • オーストラリア国立大学(ANU)  Asian Studies

    大学,1995年01月,その他,

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  社会文化科学研究科  比較文化論

    博士課程,2002年09月,その他,日本国

  • ダブリン大学大学院トリニティ・コレッジ(Trinity College, Dublin)  文学研究科  アイルランド英語文学

    修士課程,2000年06月,その他,アイルランド

  • 千葉大学  文学研究科  欧米言語文化

    修士課程,1999年03月,その他,日本国

  • ウォリック大学大学院  比較文化研究科  比較文学理論

    修士課程,1998年08月,その他,

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),人文・社会 / ヨーロッパ文学,千葉大学,課程,2002年09月

  • 文学修士,人文・社会 / ヨーロッパ文学,千葉大学,課程,1999年03月

  • M.A.,比較文学,ウォリック大学大学院,課程,1998年09月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,教授,2020年01月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 経済学部,准教授,2007年04月 ~ 2019年12月

  • 滋賀大学 経済学部,助教授,2005年03月 ~ 2007年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • University of Canberra Faculty of Arts & Design,Adjunct Associate Professor,2018年12月 ~ 継続中

  • キャンベラ大学 Faculty of Arts & Design,visiting fellow,2017年05月 ~ 2018年11月

  • オーストラリア国立大学 College of Asia and the Pacific ,Visiting Fellow ,2016年08月 ~ 2019年07月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • EAJS European Association for Japanese Studies ,2013年04月 ~ 継続中,

  • 日本比較文学学会,2021年04月 ~ 継続中,

  • International Comparative Literature Association ,2021年04月 ~ 継続中,

  • JSAA Japanese Studies Association of Australia,2010年01月 ~ 継続中,

  • 日本アイルランド協会,2000年04月 ~ 継続中,

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / ジェンダー

  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学

  • 人文・社会 / 日本文学

  • 人文・社会 / 外国語教育

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 近現代女性詩,2015年04月 ~ 継続中

    詩、比較文学、翻訳、ジェンダー,人文・社会 / 日本文学,人文・社会 / 英文学、英語圏文学,人文・社会 / ジェンダー,国際共同研究,科学研究費補助金

  • 現代アイルランド詩,2008年04月 ~ 2009年03月

    詩、アイルランド,人文・社会 / 英文学、英語圏文学,人文・社会 / ヨーロッパ文学,個人研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • 詩の翻訳、詩になる翻訳,文學界3月号 (頁 218 ~ 232) ,2022年03月,伊藤比呂美, 菊地利奈, 柴田元幸, 栩木伸明, 藤井一乃, 四元康裕

    ,共著

  • Poetry co-translation and an attentive cosmopolitanism: internationalising contemporary Japanese poetry,Coolabah: Observatori: Centre d' Estudis Australians i Transnacionals 30号 (頁 4 ~ 22) ,2021年06月,Cassandra Atherton, Paul Hetherington, Rina Kikuchi

    研究論文(学術雑誌),共著,人文・社会 / 英文学、英語圏文学

  • 永瀬清子と戦争詩,詩と思想,3巻 403号 (頁 74 ~ 81) ,2021年03月,菊地利奈

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),単著,人文・社会 / 日本文学

  • わかちあう・いま・つながり,現代詩手帖,63巻 7号 (頁 82 ~ 84) ,2020年07月,菊地利奈

    研究論文(学術雑誌),単著,人文・社会 / 日本文学,人文・社会 / 英文学、英語圏文学

  • For You by Ishikawa Itsuko tr. by Rina Kikuchi & Jen Crawford ,Modern Poetry in Translation 1号 ,2020年04月,Rina Kikuchi & Jen Crawford

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Factory Girls,Action Books,2019年,Jeffrey Angles, Jen Crawford, Carol Hayes, Rina Kikuchi, You Nakai, Sawako Nakayasu

    ,国際共著,共訳

  • 喜ビ苦シミ翻ル詩 Pleasant Troubles ,Recent Work Press,2018年,菊地 利奈, 川口 晴美

    学術書,共編者(共編著者)

  • Poet to Poet: Contemporary Women Poets from Japan,Recent Work Press,2017年,Rina Kikuchi & Jen Crawford

    学術書,共著

  • 『郷土出身文学者シリーズ⑪鳥取ゆかりの女性文学者―生田花世―』,郷土出身文学者シリーズ、鳥取県立図書館,2017年,菊地利奈、井上博昭、新光江

    学術書,共著

  • 『英文学のディスコース—中世演劇から現代詩まで—』,230-251,2004年,植月恵一郎他

    その他,分担執筆

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 私たちが帰る場所,思潮社,現代詩手帖,64巻 6号 (頁 59) ,2021年06月,菊地利奈

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),単著,人文・社会 / 日本文学,人文・社会 / 文学一般

  • 情熱に生きた「新しい女」たち―女流作家・田中古代子と生田花世,とっとりNOW,125巻 (頁 4 ~ 12) ,2020年03月,鳥飼明子、井上嘉明、菊地利奈

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),共著

  • 書評『Cultural Hybrids of (Post) Modernism, Japanese and Western Litera¬ture, Art and Philosophy』eds. Beatriz Penas‐Ibáñez & Akiko Manabe. , 『彦根論叢』414号 (頁 132 ~ 134) ,2017年12月,菊地利奈

    書評論文,書評,文献紹介等,単著

  • Translations of Three Poems by Yamasaki Kayoko: 'Tree' 'The Hour-glass' and 'Coming Home for a Brief Visit',Shiga University,Working Paper275号 ,2017年12月,Rina Kikuchi & Subhash Jaireth

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要),共著

  • Translations with Commentary: Three Poems from the latest collection by Kono Satoko, Everything happening on earth has been watched from here ,Shiga University,Working Paper273号 ,2017年11月,Rina Kikchi & Shane Strange

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要),共著

全件表示 >>

芸術・競技活動 【 表示 / 非表示

  • Writer in Residence at WrICE (Writers Immersion and Cultural Exchange) with RMIT University,2021年10月 ~ 2021年11月

    芸術活動

  • 「詩の翻訳、詩になる翻訳」朗読会,2021年10月

    芸術活動

  • 左川ちか生誕110周年記念会,2021年02月

    芸術活動,人文・社会 / 文学一般

  • Not Very Quiet: Australian Poets, Japanese Influences ,2018年10月

    芸術活動

  • 旅する詩声 Poetic Journey through Translation and Transformation,2018年07月

    芸術活動

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 詩の翻訳、詩になる翻訳:ワークショップ,,2022年01月,2022年01月13日,詩の翻訳、詩になる翻訳:ワークショップ,口頭発表(招待・特別)

  • シンポジウム「詩の翻訳、詩になる翻訳」,国内会議,2021年10月,シンポジウム「詩の翻訳、詩になる翻訳」,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本近代文学会・昭和文学会・社会文学会合同国際研究集会「文学のサバイバル──ネオリベラリズム以後の文学研究」,国際会議,2019年11月,Women's War Poetry研究における日本女性詩人によるアジア太平洋戦争詩 がしめる位置と意義 ―フェミニズムとインペリアリズムの視 点から―,口頭発表(一般)

  • Cold War Lives and Literatures Workshop,国際会議,2018年12月,For women by women: gender and politics in Fukao Sumako’s poetry,口頭発表(一般)

  • Not Very Quiet: That Poetry Thing ,国際会議,2018年10月,Not Very Quiet: Australian Poets, Japanese Influences,口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • ワークショップ「左川ちか生誕110周年記念会」,2021年02月

    フィールドワーク

  • ワークショップ開催「生き抜く女たち ドキュメンタリー『東北おんばのうた:つなみの浜辺で』をめぐって」,2020年11月

    その他

  • ワークショップ開催「女性が語る社会問題:なぜ選択制夫婦別姓は認められないのか-日本の事情・世界の事情-」,2020年07月

    その他

  • 教育研究プロジェクト「2007年度教育研究プロジェクトセンター活動報告書—グローバル・スペシャリストとしての実践的英語運営能力と英語コミュニケーション力に対する自信の育成—」,2007年04月 ~ 2008年03月

    その他

  • 教育研究プロジェクト「グローバル・スペシャリストとしての実践的英語運営能力と英語コミュニケーション力に対する自信の育成:Eラーニング自学自習システムの効果と効用」,2007年04月

    その他

受賞 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学学長奨励賞,2022年03月,その他,,滋賀大学

  • ASIA STUDY GRANT (Honorary Grant),2018年,国内外の国際的学術賞,,National Library of Australia (オーストラリア国立図書館)

委員歴 【 表示 / 非表示

  • インターナショナルシンポジウム「Poetry and Translation: Women, Politics, Displacement」,その他の役職,2016年 ~ 継続中

  • Poetry on the Move(国際詩祭),その他の役職,2016年12月 ~ 継続中

  • 日英翻訳詩歌朗読講演会,会員,2016年07月

  • 日本イェイツ学会,その他の役職,1900年

  • 日本アイルランド協会,その他の役職,1900年

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • アジア太平洋戦争下の女性詩―加害と被害、ジェンダー、イデオロギーを巡る総合的研究,基盤研究(C),2019年04月 ~ 2023年03月

    アジア太平洋戦争中(1931年~1945年)、特に1937年の日華事変以降から敗戦にかけて、日本国内の女性詩人らは、男性詩人らと競うかのように、次々と「戦争詩(愛国詩・国民詩)」を発表したが、それらの詩作品は文学史上存在を無視されてきた。本研究は、教養と良識を備えた当時のフェミニスト女性詩人が、いかに帝国主義にのまれ戦争に加担協力するにいたったかを考察し、ジェンダーとイデオロギーの観点から、女性詩人による戦争協力・賛美詩を分析するものである。

  • Diversity Contemporary Japanese Women's Poetry 現代日本語女性詩における多様性,寄附金,2019年,公益財団法人陵水学術後援会学術調査・研究助成金

  • 1920‐30年代の日本の女性詩人・ジェンダー・主知的客観性に関する文学研究(国際共同研究強化),国際共同研究加速基金・国際共同研究強化,2015年04月 ~ 2020年03月

  • 1920‐30年代の日本の女性詩人・ジェンダー・主知的客観性に関する文学研究,基盤研究(C),2015年04月 ~ 2019年03月

  • 20世紀前期の帝国日本における教養の知と技をめぐる実学リテラシー研究,基盤研究(C),2015年04月 ~ 2019年03月

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • Poetry and Gender (women's poetry)

  • Modern and Contemporary Japanese Poetry

  • Translation Studies

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 文学の世界,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 専門演習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 専門演習Ⅰ,2022年04月 ~ 2022年09月

  • 大学英語入門,2022年04月 ~ 2022年09月

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 生き抜く女たち ドキュメンタリー『東北おんばのうた:つなみの浜辺で』をめぐって,2020年11月

  • 滋賀大学経済学部ワークショップReD:「詩はいつもあなたのことを忘れない―詩「そのコ」から、最新作「Girl P 白く溶ける日」まで,2019年12月

  • 公開講座・翻訳ワークショップの開催(2017年9月15日),2017年09月

  • バイリンガル朗読会の開催(2017年9月16日),2017年09月

  • 第二回日英翻訳朗読講演会-女の詩声が降るー,2016年

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • シンポジウム「詩の翻訳、詩になる翻訳 Translating Poetry, Translation as Poetry」

    2021年10月15日

  • WrICE Writer in Residence (Writers Immersion and Cultural Exchange)

    2021年10月