基本情報

写真a

阿部 安成

ABE YASUNARI


職名

教授

学系

経済学系

研究分野・キーワード

近代日本、社会史、生活史

プロフィール

【研究活動】ここ数年は①歴史と記憶、②都市スラム、③病という歴史への問い、を主題として研究をすすめている。とくに③については、「「衛生」という秩序」見市雅俊ほか編『疾病・開発・帝国医療:アジアにおける病気と医療の歴史学』(東京大学出版会、2001)や、「養生から衛生へ」岩波講座『近代日本の文化史』第4巻(岩波書店、2002)といった論考を発表した。今後、元ハンセン病者からの聞き取りなどをおこなう予定である。 【教育活動】今年度は大学入門セミナーを担当し、1回生にむけてテキストの読解、レポートの作成、口頭報告の要領などの技術と、歴史と現在をつなぐための思考の観点についての養成をはかっている。 【学内行政職務】2002.4−経済経営研究所評議員・調査資料室主任 経済経営研究所所蔵の旧彦根高等商業学校収集資料の保存・公開・活用につとめている。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  文学部  史学科日本専攻

    大学,1988年,その他,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 一橋大学  社会学研究科  地域社会史

    博士課程,1995年,その他,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士,日本史,千葉大学,課程,1900年

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,教授,2000年03月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 一橋大学 助手 その他の部署,助手,1995年 ~ 1997年

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 「歴史と人間」研究会,日本

  • 東京歴史科学研究会,日本

  • 歴史学研究会,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本史

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 彦根高等商業学校の研究,1900年

    高等教育 戦前 日本史,個人研究

  • ハンセン病の研究,1900年

    ハンセン病 隔離 日本史,個人研究

  • 災厄の研究,1900年

    コレラ 地震 日本史,個人研究

  • 都市横浜の研究,1900年

    横浜 政治文化 日本史,個人研究

  • 文明開化の研究,1900年

    文明開化 民衆 日本史,個人研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 「書史を伝えること、書史から考えること:国立療養所大島青松園で蔵書目録をつくる」,国立ハンセン病資料館研究紀要6号 (頁 17 ~ 42) ,2019年03月,阿部 安成

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 「ハンセン病をめぐる史料の見落としと目配り:国立療養所大島青松園をフィールドとした史料論にむけて」,研究紀要52号 (頁 85 ~ 100) ,2019年03月,阿部 安成

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 「国立療養所大島青松園史跡めぐりと史料(4完)」,彦根論叢418号 (頁 146 ~ 161) ,2018年12月,阿部 安成

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 「国立療養所大島青松園史跡めぐりと史料(3)」,滋賀大学経済学部研究年報,25巻 (頁 127 ~ 155) ,2018年11月,阿部 安成

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 「国立療養所大島青松園史跡めぐりと史料(2)」,彦根論叢417号 (頁 118 ~ 132) ,2018年09月,阿部 安成

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 大島ユリイカ:ハンセン病をめぐる国立療養所大島青松園の歴史表象,滋賀大学経済学部,2019年,阿部 安成

    単行本(学術書),単著

  • 島の野帖から:ハンセン病の療養所がある島でのフィールドワークから歴史を縁どる試み,滋賀大学経済学部,2018年,阿部 安成

    単行本(学術書),単著

  • 島で:ハンセン病療養所の百年,サンライズ出版,2015年,阿部 安成

    単行本(学術書),単著

  • 透過する隔離:療養所での生をめぐる批評の在処,滋賀大学経済学部,2014年,阿部 安成

    単行本(学術書),単著

  • 浮遊する「記憶」,青弓社,2005年,矢野 敬一,木下 直之,野上 元,福田 珠己,阿部 安成

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 「二〇一八年回顧/動向収穫/日本史近代以後」,読書人,週刊読書人3270号 ,2018年12月,阿部 安成

    書評,文献紹介等,単著

  • 「二〇一七年回顧/動向収穫/日本史近代以後」,読書人,『週刊読書人』3220号 ,2017年12月,阿部 安成

    書評,文献紹介等,単著

  • 「二〇一六年回顧/動向収穫/日本史近代以後」,読書人,週刊読書人3170号 ,2016年12月,阿部 安成

    書評,文献紹介等,単著

  • 「二〇一五年回顧/動向収穫/日本史近代以後」,読書人,『週刊読書人』3120号 ,2015年12月,阿部安成

    書評,文献紹介等,単著

  • 「書評 輪倉一広著『司祭平服と癩菌』」,図書新聞,『図書新聞』3218号 ,2015年08月,阿部安成

    書評,文献紹介等,単著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 「読点、ひとつ―『大島青松園で生きたハンセン病回復者の人生の語り』を読む」滋賀大学経済学部Workin Paper Series No.267,2017年06月

    その他

  • 「手づくりで録す―国立療養所大島青松園関係史料の保存と公開と活用にむけて」滋賀大学経済学部Working Paper Series No.259,2016年10月

    フィールドワーク

  • 「手づくりが震え戦く―国立療養所大島青松園関係史料の保存と公開と活用にむけて」滋賀大学経済学部Working Paper Series No.257,2016年09月

    フィールドワーク

  • 「手づくりで引き続き、また、新たに―国立療養所大島青松園関係史料の保存と公開と活用にむけて」滋賀大学経済学部Working Paper Series No.258,2016年09月

    フィールドワーク

  • 「手づくりで伝える―国立療養所大島青松園関係史料の保存と公開と活用にむけて」滋賀大学経済学部Working Paper Series No.256,2016年08月

    フィールドワーク

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 歴史学研究会,その他の役職,1900年

  • 東京歴史科学研究会,その他の役職,1900年

  • 「歴史と人間」研究会,その他の役職,1900年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 20世紀前期日本の高等商業学校とその同窓会をめぐる文化研究,寄附金,2018年,公益財団法人陵水学術後援会学術調査・研究助成金

  • 滋賀大学経済学部阿部安成教授の研究への奨学寄附,寄附金,2016年,国立療養所大島青松園

  • 20世紀前期の帝国日本における教養の知と技をめぐる実学リテラシー研究,基盤研究(C),2015年04月 ~ 2019年03月

  • ハンセン病史の研究,寄附金,2015年

  • 療養所環境を交ぜる,その他,滋賀大学環境総合研究センタープロジェクト研究,2015年

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 戦争と平和,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 基礎演習,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 歴史学方法論,2019年10月 ~ 2020年03月

  • ドキュメンタリー論,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 日本史,2019年10月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 国立療養所大島青松園社会交流会館展示準備,2018年04月 ~ 2018年12月

  • 国立療養所大島青松園社会交流会館展示準備,2017年04月 ~ 継続中

  • 2015年大島連続講演会,2015年10月 ~ 2015年11月