基本情報

写真a

西村 正秀

NISHIMURA SEISHU


職名

教授

学系

経済学系

生年

1972年

研究分野・キーワード

知覚の哲学、認識論、心の哲学、近世哲学史

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

【研究活動】知覚に関する哲学的諸問題に、近世哲学史研究と現代哲学研究という二つのアプローチで取り組んでいる。前者については、ロックやアルノーなどの観念説の研究、後者については、知覚的信念に関する認識規範の研究や知覚指示のメカニズムの研究などを行っている。 【教育活動】科学哲学や認識論の講義などを担当している。哲学的問題の理解に加えて、議論を組み立てる能力、批判的に問題を検討する能力を育成するような講義を目指している。

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.15より)「知覚経験の表象内容が持つ時間的性質の研究/因果性が知覚経験の表象内容に含まれるのか否かの検討」

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  文学部  哲学

    大学,1996年,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  文学研究科  哲学

    博士課程,2004年,その他,日本

  • イリノイ大学シカゴ校  哲学科

    博士課程,2010年12月,その他,アメリカ

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Ph. D,哲学・倫理学,イリノイ大学シカゴ校,課程,2010年12月, A Theory of Perceptual Entitlement

  • 文学博士,哲学,京都大学,課程,2004年11月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,その他の経歴,2006年06月 ~ 2007年03月

  • 滋賀大学 経済学部,准教授,2007年04月 ~ 2019年05月

  • 滋賀大学 経済学部,教授,2019年06月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 関西学院大学文学部非常勤講師 その他の部署,その他の経歴,2004年04月 ~ 2004年09月

  • 京都大学大学院文学研究科COE研究員 その他の部署,研究員,2006年06月 ~ 2007年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • The American Philosophical Association,その他の国

  • 応用哲学会,日本

  • 関西哲学会,日本

  • 京都哲学会,日本

  • 日本イギリス哲学会,日本

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 哲学・倫理学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 知覚経験の表象内容が持つ時間的性質の研究,2015年04月 ~ 継続中

    哲学・倫理学,個人研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 運動知覚の認知的侵入可能性,『彦根論叢』412号 (頁 52 ~ 66) ,2017年06月,西村正秀

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 概念主義と指示詞的概念の形成,『科学哲学』,48巻 2号 (頁 49 ~ 64) ,2015年12月,西村正秀

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 知覚経験は時間的に延長しているのか,滋賀大学経済学会『彦根論叢』400号 (頁 120 ~ 135) ,2014年06月,その他の著者

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 知覚経験の単称内容,京都大学大学院文学研究科哲学研究室哲学論叢刊行会『哲学論叢』39号 (頁 46 ~ 62) ,2012年11月,その他の著者

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 指示、注意、意識—Campbellの議論の問題点—,滋賀大学経済学会『彦根論叢』393号 (頁 38 ~ 48) ,2012年09月,その他の著者

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 書評:藤岡俊博 著『レヴィナスと「場所」の倫理』 東京大学出版会 2014年,滋賀大学経済学部,滋賀大学経済学部研究年報 ,23巻 (頁 131 ~ 134) ,2016年11月,西村正秀

    書評,文献紹介等,単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 京都哲学史研究会,国内会議,2019年02月,京都大学楽友会館 2階会議室,フッサールの時間意識理論における延長主義的契機,口頭(一般)

  • 京都現代哲学コロキアム第14回例会:知覚・行為・自由 - 美濃正教授退職記念ワークショップ,国内会議,2016年08月,キャンパスプラザ京都,運動知覚の認知的侵入可能性,口頭(招待・特別)

  • 1st International Workshop on Comparative Philosophy of Perception,国内会議,2015年11月,信州大学,Temporal Discontinuity of Perceptual Experience,口頭(一般)

  • TFAP 1st Todai Perception Workshop,国内会議,2014年07月,The Temporal Discontinuity of Perceptual Experience,口頭(一般)

  • Tokyo Forum for Analytic Philosophy,国内会議,2014年05月,東京大学,Iconic Memory and Non-Conceptualism,口頭(一般)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 翻訳:『スクリブナー思想史大事典』(丸善出版, 2016)所収、項目「人格の同一性」、「客観性」、「主観主義」、「知識」、「歴史主義」,2016年01月

    その他

  • 書評:中才・美濃(編)『知識と実在−心と世界についての分析哲学』(世界思想社、2008年刊)、日本科学哲学会編『科学哲学』第42巻第2号122−125頁,2009年12月

    その他

  • サーベイ論文:「応用哲学の現状と課題」(共著(他4名)、項目「モラリズム」、「社会認識論と情報学」、「おわりに」担当)、応用哲学会編『Contemporary and Applied Philosophy』第一巻1001−1041頁,2009年11月

    その他

  • 翻訳:キム・ステレルニー&ポール・E・グリフィス『セックス・アンド・デス—生物学の哲学への招待』(春秋社、2009)、共訳(他5名)、第7章、第13章担当,2009年07月

    その他

  • 「応用哲学の現状と課題」(共同発表(他4名)、項目「モラリズム」「社会認識論と情報学」担当)、応用哲学会設立総会,2008年09月

    その他

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本哲学会若手奨励賞佳作,2007年,その他の賞,日本,日本哲学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 応用哲学会,理事,2014年06月 ~ 2016年05月

  • The American Philosophical Association,会員,1900年

  • 日本哲学会,会員,1900年

  • 日本科学哲学会,会員,1900年

  • 日本イギリス哲学会,会員,1900年

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 知覚経験の表象内容が持つ時間的性質の研究,基盤研究(C),2015年04月 ~ 2020年03月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.15より)【代表的な研究テーマ】「知覚経験の表象内容が持つ時間的性質の研究/因果性が知覚経験の表象内容に含まれるのか否かの検討」,【キーワード】知覚経験の時間的性質/認知的侵入可能性/ゲシュタルト心理学/因果性の知覚

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/12/8.nishimura.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 論理学,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 科学哲学Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

  • Society and Social Science,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 専門演習Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 専門演習Ⅰ,2019年04月 ~ 2019年09月

全件表示 >>