基本情報

写真a

赤塚 尚之

AKATSUKA NAOYUKI


職名

准教授

学系

経済学系

研究分野・キーワード

制度会計(財務会計)

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 三重県立津高等学校  その他の学部

    高等専門学校,1997年03月,卒業,日本

  • 早稲田大学  商学部

    大学,2001年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学大学院  商学研究科  商学専攻

    修士課程,2003年03月,その他,日本

  • 早稲田大学大学院  商学研究科  商学専攻

    博士課程,2006年06月,中退,日本

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,講師,2006年06月 ~ 2008年03月

  • 滋賀大学 経済学部,准教授,2008年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学商学部助手 その他の部署,助手,2004年04月 ~ 2006年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本会計研究学会,日本

  • 国際会計研究学会,日本

  • 日本ディスクロージャー研究学会,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 会計学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年概念フレームワークと引当金会計,2018年04月 ~ 継続中

    引当金、概念フレームワーク、負債の定義、蓋然性要件、履行価値、不履行リスク,個人研究

論文 【 表示 / 非表示

  • (研究ノート)不利な契約に関するIAS第37号の部分改訂プロジェクト ―公開草案とコメントレターの分析―,彦根論叢421号 ,2019年09月,赤塚尚之

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • (ワーキングペーパー)IASB「2018 年概念フレームワーク」による負債の定義と3 要件の適用―IAS 第37 号とその解釈指針の適用対象となる項目への全面適用についての予備的検討―,滋賀大学経済学部Working Paper No. 290 (頁 1 ~ 49) ,2019年08月,赤塚尚之

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • (ワーキングペーパー)IASB「引当金プロジェクト」の論点詳解 ,滋賀大学経済学部Working Paper No. 289 (頁 1 ~ 38) ,2019年07月,赤塚尚之

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • (研究ノート)インドのMandatory CSR―関連法規と会計指針―,彦根論叢420号 (頁 52 ~ 70) ,2019年06月,赤塚尚之

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • (ワーキングペーパー)作業草案「負債」公表以降のIASB「負債プロジェクト」(2010年11月まで),滋賀大学経済学部Working Paper No. 286 (頁 1 ~ 72) ,2019年05月,赤塚尚之

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • IAS第37号改訂プロジェクトの軌跡 「2005年草案」から「2010年作業草案」まで,滋賀大学経済学部,2017年03月,赤塚尚之

    単行本(学術書),単著

  • 環境負債会計論(滋賀大学経済学部研究叢書第46号),1-240,2010年,その他の著者

    その他,単著

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • サロン・ド・クリティーク 環境財務会計の論点(1)(2),企業会計,2010年10月,赤塚尚之

    その他記事,単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本会計研究学会第78回大会自由論題報告,国内会議,2019年09月,神戸学院大学,IASB「2018年概念フレームワーク」と引当金会計,口頭(一般)

  • 日本ディスクロージャー研究学会第17回研究大会,国内会議,2018年05月,地方銀行単体の業績指標の価値関連性,口頭(一般)

  • 日本会計研究学会第73回大会自由論題報告,国内会議,2014年09月,非金融負債の確率的測定,その他

  • 日本会計研究学会第71回大会自由論題報告,国内会議,2012年09月,一橋大学,非金融負債の公正価値測定と自己の信用リスク,口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 会計理論特講,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 演習Ⅳ,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 演習Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 会計学基礎,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 簿記会計,2019年10月 ~ 2020年03月

全件表示 >>