研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • アライアンス

  • ネットワーク分析

  • パナソニック

  • レッツノート

  • 企業再生

全件表示 >>

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 国立台湾大学  国際企業学科

    大学,1995年06月,卒業,台湾

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  経済学研究科  組織経営分析

    博士課程,2004年03月,その他,日本国

  • 京都大学  経済学研究科  組織経営分析

    修士課程,1999年03月,その他,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士,経済学,京都大学,課程,2004年03月

  • 修士,人文・社会 / 経営学,京都大学,課程,1999年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,教授,2021年12月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 大学院経済学研究科 経営学専攻,その他の経歴,2010年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 経済学部,准教授,2010年04月 ~ 2021年11月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 宇部工業高等専門学校経営情報学科 非常勤講師 その他の部署,その他の経歴,2006年04月 ~ 2010年03月

  • 九州国際大学経済学部 准教授 その他の部署,准教授,2005年04月 ~ 2010年03月

  • 九州国際大学経済学部 講師 その他の部署,講師,2004年04月 ~ 2005年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本経営学会,

  • 組織学会,

  • 日本労務学会,

  • 国際ビジネス研究学会,

  • 日本地域資源経営学会,2015年 ~ 継続中,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 経営学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • アライアンス(提携)といった外部資源の利用をめぐる価値創造メカニズム,1900年

    アライアンスの価値創造、交渉、学習、

論文 【 表示 / 非表示

  • 改革開放政策後の中国企業のコーポレート・ガバナンスの変化 : テキスト分析による固有企業と民営企業の比較への試論,龍谷大学経営学論集,60巻 1.2号 (頁 15 ~ 37) ,2021年05月,陳韻如・井村直恵・中岡伊織

    DOI:doi/10.50873/9180,研究論文(大学,研究機関等紀要),共著

    担当区分:筆頭著者  

  • “A Study on Ambidextrousness of R&D Organization in ICT Companies”,2020 IEEE International Conference on Industrial Engineering and Engineering Management (IEEM) proceedings (頁 349 ~ 353) ,2020年12月, Iori Nakaoka, Yunju Chen, Yousin Park, Hirochika Akaoka, Seigo Matsuno

    DOI:10.1109/IEEM45057.2020.9309797,研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,人文・社会 / 経営学

  • “The R&D Strategy of Automobile Companies in Radical Innovation”,Journal of Robotics, Networking and Artificial Life,7巻 3号 (頁 184 ~ 189) ,2020年12月,Yousin PARK, Iori NAKAOKA and Yunju CHEN

    DOI:https://doi.org/10.2991/jrnal.k.200909.009,研究論文(学術雑誌),共著,人文・社会 / 経営学

  • 「オメガ型経営モデルによる中国企業の経営管理システム分析」,『情報経営』 ,80巻 (頁 173 ~ 176) ,2020年07月,井村直恵・中岡伊織・陳韻如

    研究論文(学術雑誌),共著,人文・社会 / 経営学

  • 「日本のエレクトロニクス企業の 復活の可能性 テキスト分析によるパナソニックの 経営改革への俯瞰」,『彦根論叢』423号 (頁 156 ~ 171) ,2020年03月,陳韻如

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 『経営戦略と組織間提携の構図』「松下電器に見るストラテジック・アライアンスとコンピュータ産業への再参入」,153-169,2005年,赤岡功・日置弘一郎

    その他,分担執筆

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • The 2022 International Conferrence on Artificial ALife and Robotics,,2022年01月,2022年01月21日,The R&D Direction and Business Strategy:The case study on the cooperation of EV and battery makers,口頭発表(一般)

  • 実践経営学会第64回全国大会 ,国内会議,2021年09月,2021年09月12日,テキスト分析によるアメリカ主要産業の経営システム比較,口頭発表(一般)

  • IEEM2020 Conference,国際会議,2020年12月,"A Study on Ambidextrousness of R&D Organization in ICT Companies",口頭発表(一般),人文・社会 / 経営学

  • 日本情報経営学会第80回全国大会,国内会議,2020年07月,「オメガ型経営モデルによる中国企業の経営管理システム分析」,その他,人文・社会 / 経営学

  • 国際ビジネス研究学会中部部会第37回中部部会,国際会議,2019年10月,「イノベーション・シティ: オウルにおけるノキア・ショック後の復興」,口頭発表(一般)

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第1回日本経営学会学会賞論文部門受賞,2005年09月,その他,,その他の授与機関

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本地域資源開発経営学会,会員,2017年01月 ~ 継続中

  • 日本経営学会,会員,1900年

  • 国際ビジネス研究学会,その他の役職,1900年

  • 日本労務学会,その他の役職,1900年

  • 組織学会,その他の役職,1900年

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 嵯峨野観光鉄道株式会社との共同研究,共同研究,国内共同研究,2020年04月 ~ 2021年03月,嵯峨野観光鉄道株式会社

  • 京都地区及び髙島屋京都店におけるインバウンドマーケティング対策,共同研究,国内共同研究,2019年05月 ~ 2020年03月,株式会社 髙島屋 京都店

  • 東アジアICT企業の競争優位とグローバルバリューネットワークの析出,基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月

  • 嵯峨野観光鉄道株式会社との共同研究,共同研究,国内共同研究,2019年04月 ~ 2020年03月,嵯峨野観光鉄道株式会社

  • 京都地区及び髙島屋京都店におけるインバウンドマーケティング対策,共同研究,国内共同研究,2018年06月 ~ 2019年02月,株式会社髙島屋京都店

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「外部資源の利用のダイナミズム/経営の可視化」,【キーワード】アライアンス/パナソニック/スマートフォン/特許分析/社会ネットワーク分析/国際比較

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/seeds17-45.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 専門演習Ⅳ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 専門演習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 演習Ⅳ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 演習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 日本と東アジア,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀賞,2020年09月,経営学合同ゼミ合宿,陳ゼミ

  • 最優秀賞,2019年10月,日本学生経済ゼミナール関西大学・新潟大学大会,陳ゼミAチーム

  • 優秀賞,2019年10月,日本学生経済ゼミナール関西大学・新潟大学大会,陳ゼミBチーム

  • 最優秀賞,2018年11月,日本学生経済ゼミナール関西ブロック大会,陳ゼミBチーム

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • NPO法人高周波・アナログ半導体ビジネス研究会日台連携推進委員会委員,2021年12月

  • 「グローバル適塾運営協議会」人間力養成講座,2021年04月 ~ 2022年03月

  • 嵯峨野観光鉄道会社との共同研究,2021年04月 ~ 2022年02月

  • 南久ちりめん株式会社との共同研究,2021年04月 ~ 2022年02月

  • 嵯峨野観光鉄道会社との共同研究,2020年04月 ~ 2021年02月

全件表示 >>