基本情報

写真a

若松 養亮

WAKAMATU YOSUKE


職名

教授

学系

教育学系

生年

1963年

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.edu.shiga-u.ac.jp/~wakamatu/labo/

プロフィール

【研究活動】主として本学部学生を対象として、大学生の進路意思決定のメカニズムと、そこで妨害的に作用する諸要因の検討を行なっている。1999年度調査のデータを「教育心理学研究」への投稿論文としてまとめ、採択・掲載された。2000〜2002年度分については、「青年心理学研究」に投稿論文としてまとめ、採択・掲載された。今後は、その後のデータと合わせて、博士論文へとまとめる予定である。また学会における会員以外の活動としては、日本キャリア教育学会と日本青年心理学会において編集委員(後者は常任編集委員を07年4月より)を務め、投稿論文の査読を行っており、また青年心理学会においては常任理事も務めている。 【教育活動】主として職業指導の免許のための科目として、進路指導の概説から実践的な教材の開発とその活かし方まで複数の講義で幅広く解説している。また教科情報の必修科目「情報と職業」、大学院生を対象とした生徒指導に関する講義、および学校心理学専修の学生対象の実験および論文指導にも関わっている。今後は、各領域をさらに実践的に、また最先端の動向に沿ったものにしていく。 【学内行政職務】入試運営委員会、入試プログラム委員、情報処理センター分室運営委員、教育改革推進委員など

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.17より)「大学生のキャリア選択の遅延/教員養成学部生の教職選択のメカニズム」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 進路選択

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  教育学部  教育心理学

    大学,1986年,その他,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  教育学研究科  教育心理学

    博士課程,1994年,その他,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(教育学),人文・社会 / 教育心理学,東北大学,論文,2009年01月, 大学生の職業・進路未決定の教育心理学的研究−一般学生における意思決定遅延の解明−

  • 教育学修士,教育・社会系心理学,東北大学,課程,1988年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2007年04月 ~ 2010年03月

  • 滋賀大学 教育学部,助教授,1999年04月 ~ 2007年03月

  • 滋賀大学 教育学部,講師,1995年04月 ~ 1999年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 教授 その他の部署,教授,2010年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本発達心理学会,2008年04月 ~ 継続中,

  • 日本心理学会,2004年04月 ~ 継続中,

  • 日本青年心理学会,1994年04月 ~ 継続中,

  • 日本教育心理学会,1988年07月 ~ 継続中,

  • 日本キャリア教育学会,1988年07月 ~ 継続中,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 教育心理学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 教員養成学部学生における進路意思決定の研究,1995年04月 ~ 継続中

    教員養成 教職 意思決定,人文・社会 / 教育心理学,個人研究

    2014年度より基盤研究助成(C)を取得し、研究を続行している。

  • 青年期における進路未決定について,1986年04月 ~ 継続中

    進路意思決定 青年期 進路未決定,人文・社会 / 社会福祉学,個人研究

    2009年にこの課題について学位論文を執筆し、学位を取得した。2012年より風間書房よりその成果を単著にて出版した。

論文 【 表示 / 非表示

  • 教育実習による教職志望の変化と実習生間の相互作用の関連-教員養成学部生の場合-,滋賀大学教育実践研究論集4号 (頁 115 ~ 122) ,2022年03月,若松養亮, 古川真実

    研究論文(大学,研究機関等紀要),単著

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • 2つの側面で定義された過剰適応と進路選択の関連を再検討する,青年心理学研究,33巻 2号 (頁 125 ~ 128) ,2022年03月,若松養亮

    研究論文(学術雑誌),単著

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • 「楽しく働く」の含意と勤労観および意思決定プロセスとの関連-教員養成学部生を対象として-,滋賀大学教育学部紀要71号 (頁 239 ~ 253) ,2022年02月,若松養亮

    研究論文(大学,研究機関等紀要),単著

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • 教職志望者における労働条件の相対的軽視-就業動機と性差にも着目して-,キャリア教育研究,39巻 2号 (頁 29 ~ 39) ,2021年03月,若松養亮, 矢田陽美

    研究論文(学術雑誌),調査の構想、分析、論文の執筆を行った,共著,人文・社会 / 教育心理学

  • 同性友人関係における状況に応じた切替の生涯発達― 中学生から高齢者を対象とした横断調査 ―,滋賀大学教育実践研究論集3号 (頁 129 ~ 136) ,2021年03月,大谷宗啓, 渡部雅之, 若松養亮

    研究論文(大学,研究機関等紀要),論文全体の推敲,共著,人文・社会 / 社会心理学,人文・社会 / 教育心理学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 生涯発達の理論と支援,金子書房,2020年01月,白井 利明,加藤 弘通,堀尾 良弘,若松 養亮,間宮 正幸,神谷 哲司,山口 智子,上山 眞知子

    学術書,大学生の進路未決定と支援,共著,人文・社会 / 教育心理学

  • 君の悩みに答えよう,福村出版,2017年11月,大野久・小塩真司・佐藤有耕・白井利明・平石賢二・溝上慎一・三好昭子・若松養亮

    一般書・啓蒙書,「勉強が嫌いだから、高卒で就職しようと思います」「就活に勝てる自己分析とは」就職の前に院でもう2年という選択は正解でしょうか」の3項。他に第3章「進路・就職」の編集も行った。,共編者(共編著者),人文・社会 / 教育心理学

  • 詳解 大学生のキャリアガイダンス,Kaneko Publishing,2012年,下村英雄

    その他,共編者(共編著者)

  • 大学生におけるキャリア選択の遅延,Kazama Publishing,2012年,その他の著者

    その他,単著

  • フリーターの心理学,77-101,2009年,白井利明・川崎友嗣・下村英雄・安達智子

    その他,分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • キャリア教育に関する研究と実践の倫理をめぐって-近年の動向と学会の姿勢を考える-,日本キャリア教育学会,キャリア教育研究,35巻 2号 (頁 75 ~ 79) ,2017年03月,古川雅文・渡部昌平・若松養亮・川﨑友嗣

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),論文等を発表するにあたって注意すべきこと-基本的事項の確認と新たな趨勢に照らして-,共著,人文・社会 / 教育学

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 日本キャリア教育学会令和3年度第2回研究推進委員会企画講習会,国内会議,2021年09月,2021年09月26日,投稿論文の書き方とコツ~量的研究に着目して~,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 日本教育心理学会第61回総会,国際会議,2019年09月,教員養成学部生における教職志望変化のパターンと自他への信頼の関連,ポスター発表,人文・社会 / 教育心理学

  • 日本心理学会第82回大会,国内会議,2018年09月,教育学部生の教職選択と成長欲求の関連,口頭発表(一般),人文・社会 / 教育心理学

  • 日本教育心理学会第60回総会,国内会議,2018年09月,キャリア支援の目標やその研究における従属変数はいかにあるべきか,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名),人文・社会 / 教育心理学

  • 日本教育心理学会第60回総会,国内会議,2018年09月,教員養成学部生における教職の過酷さ認知が志望意識に及ぼす影響-教育参加体験の印象と志望度の関連に対する調整機能-,口頭発表(一般),人文・社会 / 教育心理学

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究論文奨励賞,2003年,その他,,日本進路指導学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本キャリア教育学会,常任理事(倫理委員長),2019年01月 ~ 2022年12月

  • 日本教育心理学会,「教育心理学研究」常任編集委員,2019年01月 ~ 2021年12月

  • 日本青年心理学会,常任理事,2007年04月 ~ 継続中

  • 日本青年心理学会,常任編集委員,2020年04月 ~ 継続中

  • 日本青年心理学会,編集委員長,2017年04月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 教職志望における利他的動機、およびその源泉としての利己的感情・欲求,基盤研究(C),2022年04月 ~ 2025年03月

  • 大学生の職業選択に作用する「楽しく働きたい」欲求・価値観の解明,基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,日本学術振興会

    大学生の職業選択や就職活動に困難をもたらし、あるいは動機づけるメカニズムとしての「楽しく働きたい」という欲求・価値観についてその含意、実際の選択行動との関連、経験による変化を明らかにする。

  • 教職への意思決定における内的ワーキングモデル理論の構築-社会心理学視点も加えて-,基盤研究(C),2014年04月 ~ 2019年03月

  • undecided型の進路未決定のリラクタンシーおよび自己との適合希求の解明,基盤研究(C),2009年04月 ~ 2012年03月,日本学術振興会

    慢性的ではないが意思決定が遅れていて適切な時期まで決められない進路未決定者には、進路探索行動に気が進まず、動き出せないという性質がある。本研究ではそのメカニズムを解明し、その現象と、自身の興味や各巻といった人格的な側面への適合を希求していることが関連をもっていることを明らかにした。

  • フリーターのキャリア自立,基盤研究(B),2005年04月 ~ 2007年03月,日本学術振興会

    大学卒のフリーターが正規の職に就く、またはそれを目標に行動を起こすためのメカニズムや有効な支援を調査研究から検討した。

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「大学生のキャリア選択の遅延/教員養成学部生の教職選択のメカニズム」,【キーワード】進路意思決定/青年心理学/教育心理学/大学生の職業選択/教育学部生と教職/生徒指導

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/seeds17-84.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 生徒指導特論,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 教育実践課題解決研究Ⅳ(教育実践),2022年10月 ~ 2023年03月

  • 教育実践課題解決研究Ⅱ(教育実践),2022年10月 ~ 2023年03月

  • 社会的・職業的自立を支援する進路指導とキャリア教育,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 教育委員会実習,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県公立高校入試改善協議会,2022年03月 ~ 2025年03月

  • 大津高等学校進路説明会,2022年03月

  • キャリア教育講演会,2020年11月

  • 共同研究「人間関係に関する研究」アドバイザー,2019年04月 ~ 2020年03月

  • 「小学校における進路指導の在り方に関する調査研究」アドバイザー,2018年12月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 「次代を担う生徒のキャリア教育推進事業」連絡協議会

    2019年03月

  • 「小学校における進路指導の在り方に関する調査研究」アドバイザー

    2019年02月

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大学連携製作事業推進委員会

    2018年09月 ~ 2019年03月