基本情報

写真a

太田 拓紀

Ota Hiroki


職名

教授

学系

教育学系

研究分野・キーワード

教育社会学、教師教育論

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  教育学部  社会科社会科学専修

    大学,1998年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  教育学研究科  教育科学専攻

    修士課程,2004年03月,修了,日本

  • 京都大学  教育学研究科  教育科学専攻

    博士課程,2008年03月,単位取得満期退学,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 教育学博士,教育学,京都大学,論文,2014年05月

  • 修士(教育学),教育学,京都大学,課程,2004年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2015年04月 ~ 2020年03月

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2020年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会 日本学術振興会,日本学術振興会特別研究員,2007年04月 ~ 2009年03月

  • 滋賀大学 経済学部,非常勤講師,2007年10月 ~ 2008年03月

  • 神戸女子大学 文学部,非常勤講師,2008年04月 ~ 2009年03月

  • 滋賀大学 教育学部,非常勤講師,2008年10月 ~ 2009年03月

  • 玉川大学 教育学部,助教,2009年04月 ~ 2014年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本教育社会学会,2005年06月 ~ 継続中,日本

  • 日本教師教育学会,2005年09月 ~ 継続中,日本

  • 日本教育学会,2014年05月 ~ 継続中,日本

  • 日本子ども社会学会,2020年03月 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育社会学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 近代の学校紛擾にみる教師・生徒関係の歴史社会学的研究,2012年04月 ~ 継続中

    学校紛擾,個人研究

  • 現代における教師の職業的社会化・教師発達に関する研究,2005年04月 ~ 継続中

    個人研究

  • 戦後教職員組合の教育運動における知識人に関する研究,2012年04月 ~ 継続中

    国内共同研究,科学研究費補助金

  • 近代の私学における中等教員養成の歴史社会学的研究,2005年04月 ~ 2016年03月

    個人研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • 「大正後期中学校の学校紛擾と教師・生徒関係の特質ー水戸中学校同盟休校(大正10年)の事例」,『滋賀大学教育学部紀要』70号 (頁 261 ~ 272) ,2021年02月,太田拓紀

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 「山田清人による教育研究の組織化と日教組教育研究集会 -教育科学研究会・教育研修所における運動との関連-」,布村育子編『戦後日本の教職員組合の教育運動と平和運動』(令和元~3年度 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)「講和期の政治的葛藤が日本教職員組合の平和運動・平和教育に与えた影響の考察」研究成果第一次報告書) (頁 25 ~ 37) ,2021年01月,太田拓紀

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

  • 「『観察による徒弟制』の教員養成教育に対する影響 -教員養成学部生における入学前の学校経験と養成教育の2年間-」,『滋賀大学教育実践研究論集』2号 (頁 37 ~ 44) ,2020年03月,太田拓紀

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 「戦後初期日教組教育運動における知識人の指導的役割-1950年代後半の教研における教科研究志向と講師団-」,『滋賀大学教育学部紀要』68号 (頁 129 ~ 139) ,2019年03月,太田拓紀

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 「『観察による徒弟制』と教員養成との接続関係-教員養成学部生の学校経験と養成教育1年間の社会化過程-」,『滋賀大学教育実践研究論集』1号 (頁 45 ~ 53) ,2019年03月,太田拓紀

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 『近代日本の私学と教員養成』,学事出版,2015年12月,太田拓紀

    単行本(学術書),単著

  • 「教師文化と学校」(稲垣恭子・岩井八郎・佐藤卓己編著『教職教養講座第12巻 社会と教育』),協同出版,2018年11月,太田拓紀

    教科書,分担執筆

  • 「戦前の教員養成」(日本教育社会学会編『教育社会学事典』),丸善出版,2018年01月,太田拓紀

    事典・辞書,分担執筆

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 「書評を受けて」(『近代日本の私学と教員養成』),『日本教育史研究』36号 (頁 156 ~ 160) ,2017年08月,太田拓紀

    書評,文献紹介等,単著

  • 「佐々木啓子氏の『近代日本の私学と教員養成』の書評に応えて」,『教育社会学研究』,99巻 (頁 116 ~ 117) ,2016年11月,太田拓紀

    書評,文献紹介等,単著

  • 「書評 今津孝次郎著『教師が育つ条件』」,日本教育社会学会編『教育社会学研究』,93巻 (頁 240 ~ 242) ,2013年11月,太田拓紀

    書評,文献紹介等,単著

  • 「『教師力』を探る 第7回 実践性は実践の場でこそ」,教育新聞社『教育新聞』,3063巻 (頁 1 ~ ) ,2011年10月,太田拓紀

    総説・解説(商業誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本教育社会学会第72回大会,国際会議,2020年09月,オンライン開催,「大正期中学校の学校紛擾と教師・生徒関係 -水戸中学校同盟休校(1921年)の事例-」,口頭(一般)

  • 日本教育社会学会第71回大会,国内会議,2019年09月,大正大学,「戦前期中等学校における学校紛擾の変遷 -新聞掲載記事に基づく事例の把捉から-」,口頭(一般)

  • 日本教師教育学会第28回研究大会,国内会議,2018年09月,東京学芸大学,「『観察による徒弟制』と教員養成段階における接続関係の分析-教員養成学部生の学校経験と養成教育での社会化過程-」,口頭(一般)

  • 日本教育学会第77回大会,国内会議,2018年09月,宮城教育大学,「初期全国教研の運営及び実施の変容過程に関する研究(2)-問題別分科会から教科別分科会へ-」,口頭(一般)

  • 日本教師教育学会第27回研究大会,国内会議,2017年09月,奈良教育大学,「教職の社会化過程としての 『観察による徒弟制』とその類型分析」,口頭(一般)

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本教師教育学会,年報編集委員,2020年09月 ~ 継続中

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 大正・昭和初期中等学校の学校紛擾と教育関係・教育文化に関する歴史社会学的研究,基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月

  • 戦後日本の教育労働運動の構造とそれが教育政治に与えた影響に関する実証的研究,基盤研究(A),2019年04月 ~ 2021年03月,日本大学

  • 講和期の政治的葛藤が日本教職員組合の平和運動・平和教育に与えた影響の考察,基盤研究(B),2018年04月 ~ 2022年03月,埼玉学園大学

  • 戦後日本における政治家・財界人の教育観に関する教育社会学的研究,基盤研究(B),2017年04月 ~ 2021年03月,京都大学

  • 戦後教育学形成期における知識人・民間教育運動・教職員組合の三者関係に関する研究,基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,桃山学院大学

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 学校教育社会学研究法,2021年10月 ~ 2022年03月

  • 授業実践発展実習,2021年10月 ~ 2022年03月

  • 教育学文献講読・調査研究法,2021年10月 ~ 2022年03月

  • 教育社会学研究法,2021年10月 ~ 2022年03月

  • 教育課題調査法入門,2021年10月 ~ 2022年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献・連携 【 表示 / 非表示

  • 大津市教育委員会「学力充実チーム」への指導助言,2017年01月 ~ 継続中

  • 地域教育支援室連携講座「教職探究講座」 講師,2016年12月