基本情報

写真a

菅 眞佐子

SUGA MASAKO


職名

教授

学系

教育学系

研究分野・キーワード

認知発達 幼児教育 子ども理解

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

077-537-7764

プロフィール

乳幼児期の子どもの認知発達について近年関心を集めている知見や理論について議論・検討・評価することを基盤とし、そこから示唆される、幼児教育・保育の実践における子ども理解や援助の方法について検討・提案を試みている。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学  文学部  人間関係学科

    大学,1980年,その他,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  教育学研究科  教育方法学

    博士課程,1985年,その他,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 教育学修士,その他の分野,その他の機関,論文,1982年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,講師,1988年04月 ~ 1991年03月

  • 滋賀大学 教育学部,助教授,1991年04月 ~ 2004年03月

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 教育学部,附属幼稚園長,2008年04月 ~ 2011年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪外国語大学 外国語学部,講師,1986年04月 ~ 1988年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本心理学会,1980年04月 ~ 2019年03月,日本

  • 日本教育心理学会,1983年04月 ~ 継続中,日本

  • 日本発達心理学会,1990年04月 ~ 継続中,日本

  • 日本保育学会,1996年04月 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学

  • 子ども学(子ども環境学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 子どもの認知発達,1988年 ~ 継続中

    認知発達 子ども,子ども学(子ども環境学),教育心理学,個人研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 「3歳児からの学びをつなぐ」ことで見えてくること,滋賀大学教育学部附属幼稚園研究紀要46号 (頁 127 ~ 130) ,2018年03月,菅 眞佐子

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,教育学,教育心理学,子ども学(子ども環境学)

  • 幼稚園児を持つ母親の育児ストレス-子どもの学年・性別、ならびに時期による変化との関連から-,滋賀大学教育学部紀要:教育科学67号 (頁 169 ~ 181) ,2018年03月,菅 眞佐子,橋谷 舞子

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • 集団の場での読み聞かせに対する保育者の意識の変化-保育経験と担当年齢による差異の検討から-,滋賀大学教育学部紀要66号 (頁 39 ~ 54) ,2017年03月,菊井 恭子,菅 眞佐子

    研究論文(大学,研究機関紀要),調査計画、データ分析、考察(共同),共著,教育心理学,子ども学(子ども環境学)

  • 幼児における自然環境についての学び-「森のようちえん」の活動を通して-(1),滋賀大学環境総合研究センター研究年報,13巻 1号 (頁 23 ~ 37) ,2016年07月,西澤彩木,田中裕喜,菅眞佐子

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著,子ども学(子ども環境学),教育心理学

  • 入園当初の幼児の他者との関わりにおける育ち,滋賀大学教育学部紀要,65巻 (頁 71 ~ 85) ,2016年03月,井田 聡美,菅 眞佐子

    研究論文(大学,研究機関紀要),研究計画の構成と考察の枠組みの提案,共著,教育心理学,教育学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 学びをつなぐ-幼小連携からみえてきた幼稚園の学び,明治図書,2004年,菅眞佐子,澤田和明,年岡濶美他

    単行本(学術書),「向かい合う」ことでつながる-集積とカンファレンスの役割-,共著,教育学

  • 認知発達心理学-表象と知識の起源と発達,培風館,2002年09月,菅 眞佐子,落合正行,土居道栄他

    単行本(学術書),第9章概念発達のメカニズム,共著,実験心理学,教育心理学

  • 感性のことばを研究する,新曜社,1999年07月,菅 眞佐子

    単行本(学術書),第9章 擬音語・擬態語の発達,共著,実験心理学

  • 音楽心理学の研究,ナカニシヤ出版,1996年,梅本 堯夫、菅 眞佐子

    単行本(学術書),幼児における音高およびオクターブ類似性の認知,共著,実験心理学,教育心理学

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 幼児の協同的な遊びの形成における教師の役割についての研究,滋賀大学教育学部,教育実践総合センター年報2号 (頁 49 ~ 50) ,2019年03月,菅 眞佐子,中井 清津子

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著,教育学,教育心理学

  • 幼小連携に関する研究,滋賀大学教育学部,教育実践総合センター年報1号 (頁 1 ~ 2) ,2018年03月,菅 眞佐子

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著,教育学,教育心理学

  • 幼児における自然環境についての学び-「森のようちえん」の活動を通して-,滋賀大学環境総合研究センター,滋賀大学環境総合研究センター研究年報,12巻 (頁 80) ,2015年07月,西澤彩木,市川智史,田中裕喜,菅 眞佐子

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),共著,教育心理学

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本保育学会第72回大会,国内会議,2019年05月,大妻女子大学,協同性を求める援助-園内研修を通して、保育者の気づきから-(Ⅱ),ポスター(一般),教育学,教育心理学

  • 日本保育学会第71回大会,国内会議,2018年05月,宮城学院女子大学,協同性を求める援助-園内研修を通して、保育者の気付きから-,ポスター(一般),教育学,子ども学(子ども環境学)

  • 日本保育学会第70回大会,国内会議,2017年05月,川崎医療福祉大学,協同する経験を通して相互に高まる幼児の「共有制」と「個別性」,ポスター(一般),教育学,教育心理学,子ども学(子ども環境学)

  • 日本保育学会第69会大会,国内会議,2016年05月,東京学芸大学,協同する中で育つ「自己」-5歳児の観察事例から-,ポスター(一般),教育心理学,子ども学(子ども環境学)

  • 大津市幼保共通カリキュラム策定会議,国内会議,2016年01月,大津市民文化会館,幼保共通カリキュラムの意義とこれから,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等,教育学

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 子ども達への消費者教育に係る幼児向け紙芝居の監修,2016年10月 ~ 2017年03月

    その他

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 関西心理学会,地域委員,2001年04月 ~ 継続中

  • 日本心理学会,その他の役職,1900年 ~ 2019年03月

  • 日本保育学会,その他の役職,1900年

  • 日本発達心理学会,その他の役職,1900年

  • 日本認知科学会,その他の役職,1900年

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 幼児心理学研究法Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 幼児心理学演習Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 保育臨床研究,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 幼児教育発達論,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 施設実習Ⅱ,2019年04月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県社会福祉審議会児童福祉専門分科会里親審査部会部会長,2004年04月 ~ 継続中

  • 滋賀県幼保連携型認定こども園審議会委員,2015年03月 ~ 継続中

  • 滋賀県社会福祉審議会児童福祉専門分科会保育所審査部会,2015年03月 ~ 継続中

  • 大津市社会福祉審議会児童福祉専門分科会就学前教育・保育施設等審査部会,2015年03月 ~ 継続中

  • 大津市社会福祉審議会児童福祉専門分科会会長,2012年04月 ~ 継続中

全件表示 >>