基本情報

写真a

江原 寛昭

EHARA Hiroaki


職名

教授

学系

教育学系

生年

1958年

研究分野・キーワード

小児科学、小児神経学、人類遺伝学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学  医学部  医学科

    大学,1983年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学  医学研究科

    博士課程,1987年03月,単位取得満期退学,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,医化学一般,徳島大学,課程,1988年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2011年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児科学会,1989年 ~ 継続中,日本

  • 日本小児神経学会 ,1989年 ~ 継続中,日本

  • 日本人類遺伝学会,1990年 ~ 継続中,日本

  • 日本小児遺伝医学会,1996年 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 小児科学

  • 人類遺伝学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 生化学,1983年04月 ~ 1988年03月

    プロスタグランジン生合成,機関内共同研究,基礎科学研究

  • 小児科学、小児神経学、人類遺伝学,1988年04月 ~ 継続中

    小児科学,人類遺伝学,国内共同研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 特別支援学校の教員の教育的ニーズ,滋賀大学教育学部紀要68号 (頁 47 ~ 61) ,2019年03月,齋藤 菜那,  江原 寛昭

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • Benign and malignant tumors in Down syndrome: analysis of the 1514 autopsied cases in Japan,Pediatrics International,53巻 1号 (頁 72 ~ 77) ,2011年,Ehara H, Ohno K, Ito H.

    DOI:10.1111/j.1442-200X.2010.03189.x.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Live birth prevalence of Down syndrome in Tottori, Japan, 1980-1999.,American Journal of Medical Genetics (頁 1382 ~ 1386) ,2008年,Takeuchi A, Ehara H, Ohtani K, Maegaki Y, Namba Y, Nagata I, Toyoshima M, Kondo A, Nakai S, Takeshita K, Ohno K.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Martsolf syndrome in Japanese siblings.,American Journal of Medical Genetics (頁 973 ~ 978) ,2007年,Ehara H, Utsunomiya Y, Ieshima A, Maegaki Y, Nishimura G, Takeshita K, Ohno K.

    研究論文(学術雑誌),共著

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • Martsolf症候群,日本臨牀社,別冊日本臨牀 領域別症候群シリーズ No.4 「内分泌症候群(第3版)Ⅳ」4号 (頁 492 ~ 495) ,2019年03月,江原 寛昭

    総説・解説(大学・研究所紀要),全て,単著

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本小児遺伝医学会,その他の役職,1992年 ~ 継続中

  • 日本人類遺伝学会,その他の役職,1991年 ~ 継続中

  • 日本小児神経学会,その他の役職,1990年 ~ 継続中

  • 日本小児科学会,その他の役職,1989年 ~ 継続中

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 子どもの保健Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 障害児研究方法特論Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 障害児神経生理演習,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 病弱児の健康と医療,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 保健衛生学特論,2019年10月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 滋賀医科大学客員講師(小児科学講座),2009年12月 ~ 継続中