基本情報

写真a

板東 美智子

BANDO Michiko


職名

教授

学系

教育学系

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 言語学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 法政大学  文学部  英文学科

    大学,1981年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  言語文化研究科  言語文化学専攻

    博士課程,1999年03月,修了,日本国

  • 大阪大学  言語文化研究科  言語文化学専攻

    博士課程,1995年03月,修了,日本国

  • 鳴門教育大学  学校教育研究科  教科・領域教育専攻言語系(英語)コース

    修士課程,1993年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(言語文化学),人文・社会 / 言語学,大阪大学,課程,1999年03月

  • 修士(言語文化学),人文・社会 / 言語学,大阪大学,課程,1995年03月

  • 修士(教育学),人文・社会 / 教育学,鳴門教育大学,課程,1993年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2007年04月 ~ 2010年03月

  • 滋賀大学 教育学部,助教授,2003年10月 ~ 2007年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • マサチューセッツ工科大学 言語哲学科,その他,2017年09月 ~ 2018年01月

  • 国立阿南工業高等専門学校一般教科英語科・助教授 その他の部署,助教授,2002年08月 ~ 2003年09月

  • 国立阿南工業高等専門学校一般教科英語科・講師 その他の部署,講師,2000年04月 ~ 2002年07月

  • 大阪大学大学院言語文化研究科言語情報科学講座・助手 その他の部署,助手,1998年04月 ~ 2000年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 鳴門教育大学英語教育学会,

  • 関西言語学会(KLS),

  • 四国英語教育学会,

  • 大阪大学言語文化学会,

  • 日本英語学会,

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 言語学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭専修免許

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日英心理動詞構文の使役の意味と照応およびアスペクト的現象の研究,2012年04月 ~ 2015年03月

    心理動詞、使役構文、「自分」、照応関係、アスペクト,人文・社会 / 言語学,個人研究,科学研究費補助金

  • 意味構造を用いたテンス・アスペクトの包括的扱いについて,2002年04月 ~ 2005年03月

    動詞意味論 語彙概念構造 テンス アスペクト 心理動詞,人文・社会 / 言語学,個人研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • 推量の助動詞「(し)そうだ」の意味的・統語的特徴,『言語研究の楽しさと楽しみー伊藤たかね先生退職記念論文集ー』 (頁 343 ~ 354) ,2021年03月,板東美智子

    研究論文(学術雑誌),単著,人文・社会 / 言語学

  • Ambiguous syntactic V-kake compounds,KLS ,37巻 (頁 157 ~ 168) ,2017年06月,Michiko Bando, Toshio Hidaka

    研究論文(学術雑誌),共著,人文・社会 / 言語学

  • Tense Realizaion in V + -Sooda Complex Predicates,Theoretical and Applied Linguistics at Kobe Shoin,20巻 (頁 1 ~ 12) ,2017年03月,Michiko Bando

    研究論文(学術雑誌),単著,人文・社会 / 言語学

  • 統語的アスペクト補助動詞が主観性を帯びるとき,NLP 2016 22号 (頁 ~ 4) ,2016年03月,板東美智子, 日高俊夫

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),共著,人文・社会 / 言語学

  • 統語的アスペクト補助動詞「-かけ」の意味機能,言語処理学会第21回年次大会発表論文集21号 (頁 389 ~ 392) ,2015年03月,板東美智子, 日高俊夫

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等),共著,人文・社会 / 言語学

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 言語科学研究演習,国内会議,2021年12月,2021年12月18日,法助動詞と補部名詞句の構成性について (3)ー「推量」の法助動詞「らしい」と「属性」の接尾辞「らし-い」を例にー,口頭発表(一般)

  • 言語科学研究演習,国内会議,2021年11月,2021年11月13日,法助動詞と補部名詞句の構成性について(2)ー「属性」の接尾辞「らしい」と「推量」の法助動詞「らしい」を例にー,口頭発表(一般)

  • 言語科学研究演習,国内会議,2021年10月,2021年10月16日,法助動詞と補部名詞句の構成性についてー「属性」の接尾辞「らしい」と「推量」の法助動詞「らしい」を例にー,口頭発表(一般)

  • 言語科学研究演習,国内会議,2021年07月,2021年07月17日,接辞と助動詞の機能シフトについてー「属性」の接尾辞「らしい」と「推量」の法助動詞「らしい」を例にー,口頭発表(一般)

  • 言語科学研究演習,国内会議,2021年05月,2021年05月29日,黄愛玲(1999)『「類似」を表す表現形式における属性利用ー日本語と中国語の対照研究ー』紹介,口頭発表(一般)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 日本人英語学習者の文構造親密度データベースの構築,2015年04月 ~ 2018年03月

    その他

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 関西言語学会,関西言語学会運営委員,2021年04月 ~ 継続中

  • 日本英語学会,日本英語学会第18期編集委員会書記,2018年04月 ~ 2019年09月

  • 日本語文法学会,会員,2004年 ~ 継続中

  • 大阪大学言語文化学会,会員,1993年 ~ 継続中

  • 日本言語学会,会員,1993年 ~ 継続中

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「音読」セミナー,その他,滋賀大学教育学部令和3年度学部プロジェクト研究助成事業,一般受託研究,学内共同研究,2021年10月 ~ 2022年03月

  • 日英心理動詞構文の使役の意味に関する照応およびアスペクト的現象の研究,基盤研究(C),2012年04月 ~ 2016年03月

  • 意味構造を用いたテンス・アスペクトの包括的扱いについて,基盤研究(C),2001年04月 ~ 2005年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 言語学理論と英語科教材開発への応用,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 英語学研究Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 英語学Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 教職実践演習(教諭),2022年10月 ~ 2023年03月

  • 英語学演習Ⅰ,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 放送大学 講師,2019年12月

  • 膳所高校「探求」講評,2019年11月

  • 大津市人権生涯学習推進委員,2018年04月 ~ 2019年03月

  • 教員免許状更新講習,2016年08月

  • 教員免許状更新講習,2015年08月