基本情報

写真a

磯西 和夫

ISONISHI Kazuo


職名

教授

学系

教育学系

プロフィール

種々の粉末を用いた、金属・化合物・セラミックス・複合材料の材料創成に関して研究をしています。出発材料の複数の粉末からの新たな相の生成挙動、加圧焼結を用いた粉末の緻密化挙動、さらに得られた素材の特性の検討を行っています。

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.16より)「in-situ複合材料の創製に関する研究」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 材料加工

  • 粉末冶金

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学  理工学部  機械工学科

    大学,1981年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学  理工学研究科  博士後期課程機械工学専攻

    博士課程,1986年03月,単位取得満期退学,日本国

  • 立命館大学  理工学研究科  博士前期課程機械工学専攻

    修士課程,1983年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学修士,ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料,立命館大学,課程,1983年03月, A1変態点以下における鋼の拡散接合に関する研究

  • 工学博士,ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料,立命館大学,課程,1987年10月, 鉄系合金粉末の真空ホットプレスに関する基礎的研究

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,附属小学校長,2018年04月 ~ 2021年03月

  • 滋賀大学,副学長,2014年04月 ~ 2018年03月

  • 滋賀大学 教育学部,副学部長,2011年04月 ~ 2013年03月

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2006年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 教育学部,助教授,1996年04月 ~ 2006年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 教育学部,助教授,1990年04月 ~ 1996年03月

  • 日鐡溶接工業(株) 機器事業部 他,その他の経歴,1987年04月 ~ 1990年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本材料学会,1997年 ~ 継続中,

  • 日本機械学会,1997年 ~ 継続中,

  • 粉体粉末冶金協会,1989年 ~ 継続中,

  • 日本塑性加工学会,1985年 ~ 継続中,

  • 日本金属学会,1982年 ~ 継続中,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御

取得資格 【 表示 / 非表示

  • エックス線作業主任者

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 成分粉末からのセラミックスとセラミックス基合金の合成と固化成形,2014年04月 ~ 継続中

    個人研究

  • XMLを用いた材料データベースの基本構造に間する研究,2001年 ~ 継続中

    XML 材料 データベース,国内共同研究

  • メカノケミカル反応を用いたin situ複合材料の創製とその特性,1991年 ~ 継続中

    個人研究

  • メカニカルアロイング,1991年 ~ 継続中

    メカニカルアロイング 金属間化合物 セラミックス 複合材料,個人研究

  • 粉末の緻密化挙動,1983年 ~ 継続中

    ホットプレス,個人研究

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 素粉末からのTiCの合成と固化成形におよぼす粉末混合状態の影響,粉体および粉末冶金,66巻 6号 (頁 282 ~ 288) ,2019年06月,磯西和夫、竹井進一

    DOI:10.2497/jjspm.66.282,研究論文(学術雑誌),共著

  • Toughening and strengthening of ceramics composite through microstructural refinement,AIP Conference Proceedings,1726巻 (頁 20004 ~ ) ,2016年04月,Lydia Anggraini, Kazuo Isonishi, Kei Ameyama

    DOI:10.1063/1.4945458,研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • h-BN/長石-複合焼結体の特性に及ぼす長石前処理溶解の効果,粉体及び粉末冶金,58巻 12号 (頁 738 ~ 743) ,2011年12月,橋井光弥,山田博行,粂 正市,山田範明,磯西和夫

    研究論文(学術雑誌),共著

  • CURRENT JSMS FACTUAL FATIGUE DATABASE AND DATABASE SYSTEM INCLUDING VHCF DATA,Proceedings of 5th International Conference on Very High Cycle Fatigue (VHCF-5),2011年06月,A.Ueno, T.Sakai, A.Sakaida, K.Isonishi, T.Shuto, T.Oyatsu

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • In-situ formation of WC alloys by MA and vacuum hot pressing from W-C-Co and W-C-Fe-Al elemental powder mixtures,Steel Research international,81巻 9号 (頁 1300 ~ 1303) ,2010年09月,K.Isonishi

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 粉末成形 - 粉末加工による機能と形状のつくり込み - (新塑性加工技術シリーズ 10),一般財団法人 日本塑性加工学会、コロナ社,2018年12月,磯西 和夫、上野 友之、谷口 幸典、橋井光弥、三浦 大基、鴇田 正雄、南野 友哉、近藤 勝義、三浦 秀士、その他

    学術書,「粉末成形」専門部会部会長(編者)、分担執筆(1章、2.3.1、2.3.2、3.2.2),編集,ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御

  • 材料強度学,コロナ社,2011年,境田彰芳,上野 明,磯西和夫,西野精一,堀川教世

    学術書,第2章 静的荷下での変形と強度、破壊,共著

  • JSMEテキストシリーズ「機械材料学」,日本機械学会,2008年,磯西和夫

    学術書,第5章 拡散・高温変形 5・6 高温変形とは、5・7 高温変形の機構,共著

  • 塑性加工便覧,日本塑性加工学会編、コロナ社,2006年,磯西和夫

    事典・辞書,16.4 焼結法とそのメカニズム、16.7.5 放電焼結による材料,分担執筆

  • NIMS・NMCによる材料データベースの構築と公開利用を目指したXML化への試み,31-38頁,2003年,その他の著者

    その他,共著

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 年間展望・粉末成形,ぷらすとす,2巻 21号 (頁 563 ~ 567) ,2019年09月,磯西和夫

    書評論文,書評,文献紹介等,単著

  • 年間展望・粉末成形,塑性と加工,55巻 643号 (頁 716 ~ 719) ,2014年08月,磯西和夫

    書評論文,書評,文献紹介等,単著

  • 材料/材料研究に関するこの10年、これからの10年,材料,60巻 5号 (頁 381 ~ 384) ,2011年05月,志澤一之, 今谷勝次, 磯西和夫, 岡村一男, 岡二三生

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),共著

  • 「材料試験10」粉末の成形と焼結に関する材料試験,塑性と加工,51巻 591号 (頁 318 ~ 322) ,2010年04月,沖本邦郎, 品川一成, 津守不二夫, 徳岡輝, 磯西和夫

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),共著

  • 粉末成形の基礎と素材製造プロセス 4.TiSiC非平衡材料の高温変形特性と組織変化,材料,58巻 2号 (頁 180 ~ 185) ,2009年02月,宮野公樹,西村裕太,磯西和夫,飴山 恵

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌),共著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 粉体加工成形プロセス分科会 研究会,国内会議,2020年02月,混合した素粉末の反応焼結による炭化物、 ホウ化物およびサーメットの作製の試み,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 2019年度塑性加工春季大会講演会,国内会議,2019年06月,Fe-B混合粉末からの鉄ホウ素化合物合成と焼結,口頭発表(一般)

  • 講習会「もう一度学ぶ機械材料学」 ―機械・製造技術者のための基礎講座―,国内会議,2019年05月,拡散と相変態・高温変形,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • ICAS2018 (6th International Conference on Advanced Steel),国際会議,2018年11月,High Temperature Deformation of Harmonic Structure Designed Stainless Steels,ポスター発表,ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御

  • 講習会「もう一度学ぶ機械材料学」 ―機械・製造技術者のための基礎講座―,国内会議,2018年11月,拡散と相変態・高温変形,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀ポスター賞,2018年09月,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,,ICAS2018 comittee

  • 日本機会学会 機械材料・材料加工部門 部門一般表彰「優秀講演論文部門」,2001年,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,,日本機械学会 機械材料・材料加工部門

  • 日本金属学会論文賞,1986年,学会誌・学術雑誌による顕彰,,日本金属学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本塑性加工学会,粉体加工成形プロセス分科会 運営委員,2017年04月 ~ 継続中

  • 日本塑性加工学会,新塑性加工技術シリーズ専門出版部会 委員,2014年 ~ 2018年

  • 日本塑性加工学会,粉体加工成形プロセス分科会 主査,2011年04月 ~ 2017年03月

  • 科学技術振興機構 JSTイノベーションサテライト滋賀,琵琶湖環境研究会委員,2010年06月 ~ 2011年03月

  • 日本材料学会,平成17年度技術賞専門審査審査委員,2005年04月 ~ 2006年03月

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.16より)【代表的な研究テーマ】「in-situ複合材料の創製に関する研究」,【キーワード】粉末冶金/メカニカルアロイング/金属間化合物/in-situ複合材料/超硬合金

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/01/16-98.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 材料工学,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 金属加工実習B(製図を含む。),2022年10月 ~ 2023年03月

  • 材料加工学,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 教職実践演習(教諭),2022年10月 ~ 2023年03月

  • 中等技術科教材内容論Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 機械学会講習会「もう一度学ぶ機械材料学」の講師,2019年05月

  • 技術相談,2019年

  • 機械学会講習会「もう一度学ぶ機械材料学」の講師,2018年11月

  • 技術相談,2018年07月

  • 機械学会講習会「もう一度学ぶ機械材料学」の講師,2017年03月