基本情報

写真a

大平 雅子

OHIRA Masako


職名

准教授

学系

教育学系

研究分野・キーワード

応用健康科学、生体医工学、生理人類学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

077-537-7726

ホームページ

http://www.ohira-lab.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都工芸繊維大学  繊維学部  応用生物学科

    大学,2005年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学大学院  修士課程医学系研究科  医科学専攻

    修士課程,2007年03月,修了,日本

  • 大阪大学大学院  博士課程医学系研究科  予防環境医学専攻

    博士課程,2011年03月,修了,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),衛生学・公衆衛生学,大阪大学,課程,2011年03月

  • 修士(医科学),衛生学・公衆衛生学,大阪大学,課程,2007年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,その他,講師,2011年10月 ~ 2015年03月

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 長岡技術科学大学  産学融合トップランナー養成センター,産学官連携研究員,2011年04月 ~ 2011年09月

  • 滋賀医科大学 医学部,客員講師,2014年11月 ~ 2016年03月

  • 滋賀医科大学 医学部,客員准教授,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ストレス学会,2007年 ~ 継続中,日本

  • 日本睡眠学会,2010年 ~ 継続中,日本

  • 日本衛生学会,2010年 ~ 継続中,日本

  • 日本生体医工学会,2011年 ~ 継続中,日本

  • 滋賀県学校保健学会,2012年 ~ 継続中,日本

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用健康科学

  • 子ども学(子ども環境学)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of LED lighting exposure during sleep on endocrine and autonomic nervous system activity,IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering,14巻 6号 (頁 894 ~ 898) ,2019年,Hasegawa-Ohira M, Kato M, Nomura S.

    DOI:https://doi.org/10.1002/tee.22879,研究論文(学術雑誌),共著

  • 乳幼児の日中活動量が起床後のホルモン分泌に及ぼす影響,発達研究,32巻 (頁 27 ~ 36) ,2018年,大平雅子.

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 毛髪に含まれるストレスバイオマーカー抽出量に及ぼす抽出時間および粉砕手法の影響,生理人類学会誌,22巻 3号 ,2017年,大平雅子,吉田怜楠,山口歩,井澤修平,本多元,野村収作.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 爪に含まれるコルチゾールの定量手法の検討―粉砕粒度と抽出時間の検討―,生理心理学と精神生理学,34巻 3号 (頁 245 ~ 249) ,2016年,井澤修平,吉田怜楠,大平雅子,山口歩,野村収作.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 唾液中テストステロンによる小中学校教員のストレス評価,日本感性工学会論文誌,15巻 4号 (頁 479 ~ 484) ,2016年,大平雅子,松崎有純,藤本理沙子,野村収作.

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 生活環境の物質的評価,せんい,72巻 2号 (頁 97 ~ 100) ,2019年,大平雅子.

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌),単著

  • 太極拳が精神的・身体的健康度に及ぼす効果,日本衛生学雑誌,65巻 4号 (頁 500 ~ 505) ,2010年,大平雅子、戸田雅裕、田麗、森本兼曩

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第45回滋賀県学校保健学会,国内会議,2019年02月,目覚まし音の違いが覚醒度及び覚醒後の持続的な注意力に及ぼす影響,口頭(一般)

  • 日本学校保健学会第65回学術大会,国内会議,2018年12月,学校外教育プログラムによる虐待予防教育実施に関する質的研究―CAPプログラム実施者の視点から,ポスター(一般)

  • 日本学校保健学会第65回学術大会,国内会議,2018年12月,午睡時の香り呈示が子どもの睡眠に及ぼす影響,ポスター(一般)

  • 日本学校保健学会第65回学術大会,国内会議,2018年12月,文献的な報告に基づくいじめ場面における傍観者の利益構造のモデル化とその妥当性の検証,ポスター(一般)

  • 第34回日本ストレス学会学術総会,国内会議,2018年10月,髪バイオマーカーを用いた中国系留学生のストレス評価とその関連要因の検討,口頭(一般)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学職員表彰「学長賞」,2019年03月,その他の賞,日本,滋賀大学

  • 第5回バイオテックグランプリ 竹中工務店賞・日本ユニシス賞,2018年09月,その他の賞,日本,滋賀発成長産業発掘・育成コンソーシアム

  • 第3回滋賀テックグランプリ パナソニック・アプライアンス賞,2018年07月,その他の賞,日本,滋賀発成長産業発掘・育成コンソーシアム

  • 第65回近畿学校保健学会奨励賞,2018年06月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,近畿学校保健学会

  • 2017年度日本生理心理学会優秀論文賞,2018年05月,学会誌・学術雑誌による顕彰,日本,日本生理心理学会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 近畿学校保健学会,幹事,2019年 ~ 継続中

  • 京都滋賀体育学会,理事,2018年 ~ 継続中

  • 日本ストレス学会,評議員,2015年 ~ 2018年

  • 近畿学校保健学会,評議員,2014年 ~ 2018年

  • 滋賀県学校保健学会,評議員,2012年 ~ 継続中

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 子どもの精神病リスク早期スクリーニング・システム運用検証とリスク介入戦略の構築,基盤研究(B),2018年04月 ~ 2023年03月,京都女子大学

  • AIによる、教育と医療で共有可能なADHDスクリーニング及び治療適正化方法の開発,基盤研究(C),2018年04月 ~ 2022年03月,滋賀医科大学

  • 生体リズムに同期した環境刺激による生理的効能の探求-入眠・起床時における効能,基盤研究(B),2018年04月 ~ 2021年03月,長岡技術科学大学

  • 幼児における起床時のホルモン分泌を用いた睡眠評価手法の開発,若手研究,2018年04月 ~ 2020年03月

  • 運動後の入浴方法の違いが睡眠の質や翌日の疲労感に及ぼす影響,寄附金,2018年,一般財団法人日本健康開発財団

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 健康科学〔指導演習〕,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 学校保健Ⅱ(学校安全及び救急処置を含む。),2019年10月 ~ 2020年03月

  • 健康学演習,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 子どもの保健Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 卒業論文,2019年04月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 草津市立矢倉小学校 学校保健委員会 講師,2019年01月

  • 長浜市立伊香具小学校 PTA教育講演会 講師,2019年01月

  • 大津市立真野中学校 学校保健委員会 講師,2018年11月

  • 近江八幡市立八幡東中 健康フォーラム2018 講師 ,2018年10月

  • 第8回異分野交流セミナー ‘コト(感情・睡眠・ストレス)’の計測と評価 登壇者,2018年10月

全件表示 >>