基本情報

写真a

篠原 雅史

Shinohara Masashi


職名

准教授

学系

教育学系

生年

1976年

研究分野・キーワード

空間における有限点集合の配置についての研究

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.15より)「空間における有限点集合の配置問題に関する研究」

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  理学部  数理情報科学科

    大学,2001年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  数理学府

    修士課程,2003年03月,その他,日本

  • 九州大学  数理学府

    博士課程,2006年03月,その他,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士,数理学,九州大学,課程,2006年03月

  • 修士,数理学,九州大学,課程,2003年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,講師,2013年04月 ~ 2017年03月

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 九州大学数理学府 学術研究員 その他の部署,研究員,2006年04月 ~ 2008年03月

  • 鈴鹿工業高等専門学校 助教 その他の部署,助教,2008年04月 ~ 2012年03月

  • 鈴鹿工業高等専門学校 講師 その他の部署,講師,2012年04月 ~ 2013年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 近畿数学教育学会,2014年04月 ~ 継続中,日本

  • 日本数学会,2013年10月 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 組合せ論

  • 離散幾何学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 空間における有限点集合の配置についての研究,2003年04月 ~ 継続中

    距離集合、部分構造

論文 【 表示 / 非表示

  • Complementary Ramsey numbers and Ramsey graphs,Journal of Indonesian Mathematical Society,25巻 2号 (頁 146 ~ 153) ,2019年07月,Akihiro Munemasa, Masashi Shinohara

    研究論文(学術雑誌),共著,数学基礎・応用数学

  • Characterization of finite colored spaces with certain conditions,Journal of the Korean Mathematical Society,56巻 3号 (頁 579 ~ 594) ,2019年05月,Mitsugu Hirasaka, Masashi Shinohara

    研究論文(学術雑誌),共著,数学基礎・応用数学,幾何学

  • Distance sets on circles,American mathematical monthly,124巻 3号 (頁 241 ~ 254) ,2017年03月,Koji Momihara, Masashi Shinohara

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Multiply union families in N^n,European Journal of Combinatorics,58巻 (頁 66 ~ 74) ,2016年11月,Peter Frankl, Masashi Shinohara, Norihide Tokushige

    研究論文(学術雑誌),共著,数学基礎・応用数学,幾何学

  • A geometrical characterization of strongly regular graphs,Linear Algebra and its Applications,437巻 (頁 2587 ~ 2600) ,2012年11月,Hiroshi Nozaki and Masashi Shinohara

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ドリルと演習シリーズ 微分積分,その他の出版機関,2010年,著者33名

    その他,分担執筆

  • ドリルと演習シリーズ 線形代数,その他の出版機関,2010年,著者33名

    その他,分担執筆

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会,国内会議,2019年09月,金沢大学,Maximal 2-distance sets containing a regular simplex,口頭(一般),数学基礎・応用数学,幾何学

  • 組合せ論サマースクール2019,国内会議,2019年09月,下関市,距離集合の研究に関する最近の進展の紹介と展望,口頭(一般),幾何学,数学基礎・応用数学

  • 幾何学と組合せ論2019,国内会議,2019年03月,小倉市,Complementary Ramsey numbers and Ramsey graphs,口頭(一般),数学基礎・応用数学

  • 数理情報科学さくらセミナー2019,国内会議,2019年03月,鹿児島大学,点配置に関係する幾つかのラムゼー型問題について,口頭(一般),幾何学,数学基礎・応用数学

  • 2018 年度応用数学合同研究集会,国内会議,2018年12月 ~ 3018年12月,龍谷大学,Complementary Ramsey numbers and Ramsey graphs,口頭(一般),数学基礎・応用数学

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会,会員,2013年10月 ~ 継続中

  • 近畿数学教育学会,会員,2014年04月 ~ 継続中

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Ramsey 的手法による極値組合せ論の研究,基盤研究(C),2018年04月 ~ 2022年03月

  • 距離の関係に着目した有限点集合の配置に関する研究,その他,平成27年度 滋賀大学 研究推進プログラム「科研費連動型研究所助成」,2015年06月 ~ 2016年03月

  • 有限群と格子を用いた球デザインの構成,基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月

  • 有限点集合の配置とその部分構造に関する研究,若手研究(B),2012年04月 ~ 2015年03月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.15より)【代表的な研究テーマ】「空間における有限点集合の配置問題に関する研究」,【キーワード】点の配置問題/配置の美しさ/高次元空間/符号とデザイン/部分構造/グラフ構造/算数・数学教育

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/12/7.shinohara.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 幾何学概論,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 基礎幾何学Ⅱ,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 数学教育の基礎,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 初等算数科内容学,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 教職実践演習(教諭),2019年10月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 堅田小学校への出前講義「正多面体とその数理」,2019年02月

  • 彦根東サイエンス塾数学発展講座における講演「タイリングの数理」,2019年01月

  • 愛知県立豊丘高校への出前講義「正多面体とその数理」,2018年10月

  • 堅田小学校への出前講義「正多面体とその数理」,2018年02月

  • 彦根東サイエンス塾数学発展講座における講演「凸多面体の分類と構成」,2017年10月

全件表示 >>