基本情報

写真a

渡邊 暁彦

WATANABE Akihiko


職名

教授

学系

教育学系

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

【研究活動】①ドイツの公法理論を手がかりに、わが国の統治機構に関する憲法学的考察を行っている。これまで国会と国民との関係、国会と内閣の対抗・協働関係について検討を試みたが、引き続き、わが国の統治機構の再構築を目指し研究を進めていく予定である。②これと並行して、ドイツ・ヴァイマル期から第二次大戦後のドイツ公法理論に関する理論史的考察を行なっている。特に、E・フレンケルらユダヤ系の亡命法学者に焦点をあてて考察を行っている。③また日本と同じように、ドイツ憲法理論の影響が色濃く残る韓国の憲法理論について、受容形態・内容の差異に着目しながら検討を行っている。

【教育活動】講義では、新聞記事や視聴覚教材を数多く用いることで、身近な問題と結びつけながら、学生の興味・関心を呼びおこすよう努めている。最近では、オンデマンド授業の特性を考慮した、より効果的な学習プログラムの開発につとめている。また、少人数クラスでは、刑事裁判の傍聴や少年審判廷の見学を行っている。

【社会的活動】甲賀市個人情報保護審議会委員、米原市情報公開審査会委員、愛荘町情報公開・個人情報保護審査会委員、ほか

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ドイツ基本法

  • 憲法教育・憲法学習

  • 教師の教育の自由

  • 教育裁判

  • 日本国憲法

全件表示 >>

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 同志社大学  法学部  法律学科

    大学,1993年,その他,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 同志社大学  法学研究科  公法学

    博士課程,1998年,その他,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(法学),人文・社会 / 公法学,同志社大学,論文,1995年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2020年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2007年04月 ~ 2020年03月

  • 滋賀大学 教育学部,助教授,2004年04月 ~ 2007年03月

  • 滋賀大学 教育学部,講師,2000年10月 ~ 2004年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都華頂大学・華頂短期大学 現代家政学部,非常勤講師,2014年04月 ~ 2020年03月

  • 高等教育研究開発推進機構,非常勤講師,2007年04月 ~ 2008年03月

  • スポーツ学部,非常勤講師,2005年04月 ~ 2005年09月

  • 龍谷大学経済学部 非常勤講師 その他の部署,その他の経歴,2000年04月 ~ 2001年03月

  • 同志社大学 嘱託講師 法学部 その他の部署,講師,1998年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 比較法学会,2010年06月 ~ 継続中,

  • 日本被害者学会,2002年06月 ~ 継続中,

  • 日本公法学会,1998年10月 ~ 継続中,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 公法学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • グローバル時代の人権保障,2015年04月 ~ 継続中

    外国人の人権,国内共同研究,共同研究

  • 学校教育裁判にみる教師の教育の自由,2000年10月 ~ 継続中

    教師の教育の自由,人文・社会 / 公法学,個人研究,その他の研究制度

  • ドイツ公法理論の展開と課題,1998年04月 ~ 継続中

    ヴァイマル憲法、議会制民主主義、カール・シュミット、エルンスト・フレンケル、大統領内閣,人文・社会 / 公法学,個人研究

  • 統治システムの諸類型,1993年04月 ~ 継続中

    議会政 国民投票,人文・社会 / 公法学,個人研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 公法学者としてのフレンケル,滋賀大学教育学部紀要71号 (頁 229 ~ 238) ,2022年02月,渡辺 暁彦

    研究論文(学術雑誌),単著

  • ナチ・ドイツの人種差別とニュルンベルク法,ジュリスコンサルタス29号 (頁 9 ~ 28) ,2021年01月,渡辺暁彦

    研究論文(学術雑誌),単著,人文・社会 / 公法学

  • 外国人の社会への「統合」と母語教育を受ける権利の可能性 ~ドイツにおける「移民の背景をもつ子ども」の就学保障を手掛かりに~,ジュリスコンサルタス27号 (頁 47 ~ 63) ,2019年01月,渡辺暁彦

    研究論文(大学,研究機関等紀要),単著,人文・社会 / 公法学

  • 学校と騒音をめぐる法的問題 ~子どもらの発する声や物音は「騒音」か?~,滋賀大学環境総合研究センター研究年報,15巻 1号 (頁 57 ~ 70) ,2018年08月,渡辺暁彦

    研究論文(大学,研究機関等紀要),単著,人文・社会 / 公法学

  • 指定病院等における不在者投票と「選挙の公正」,滋賀大学教育学部紀要:教育科学66号 (頁 93 ~ 103) ,2017年03月,渡辺暁彦

    研究論文(大学,研究機関等紀要),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • スタート憲法〔第3版〕,成文堂,2020年05月,吉田仁美,渡辺暁彦 他

    学術書,第3章、第15章、統治機構総論、エピローグ、コラム1、トピック2、トピック3,共著,人文・社会 / 公法学

  • ここから始める「憲法学習」の授業,ミネルヴァ書房,2019年05月,長瀬拓也,杉浦真理,奥野浩之,渡辺暁彦,松森靖行

    学術書,共編者(共編著者),人文・社会 / 公法学,人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学

  • 法学ダイアリー,ナカニシヤ出版,2017年04月,森本直子,織原保尚 他

    教科書・概説・概論,共著

  • 憲法判例クロニクル,ナカニシヤ出版,2016年05月,吉田仁美,渡辺暁彦,他

    教科書・概説・概論,編集,人文・社会 / 公法学

  • スタート憲法〔第2版補訂版〕,成文堂,2016年03月,吉田 仁美,渡辺 暁彦,森本 直子 他

    教科書・概説・概論,共著,人文・社会 / 公法学

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 学校事故の判例に学ぶ-子どもたちを守り、そして自分を守る-,滋賀県防災・安全教育推進委員会,滋賀県防災・安全教育実践事例集 (頁 60 ~ 63) ,2017年03月,渡辺暁彦

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他),単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 日本被害者学会第25回学術大会,,2014年06月,2014年06月14日,いじめ防止対策推進法の成立と今後の課題~被害児童等・親の教育権と学校の調査・報告義務をめぐる問題を中心に~,口頭発表(一般)

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 「模擬裁判」を通した社会科における教材開発と授業方法に関する研究,2021年06月 ~ 2022年03月

    その他

  • 裁判所の判決文を活用した社会科・公民科における教材開発研究~授業実践とその分析を中心に,2020年06月 ~ 2021年03月

    その他

  • 裁判所の判決文を活用した社会科・公民科における教材開発研究,2019年06月 ~ 2020年03月

    その他

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 比較法学会,会員,2010年10月 ~ 継続中

  • 日本被害者学会,会員,2002年06月 ~ 継続中

  • 日本公法学会,会員,1998年10月 ~ 継続中

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用国際理解教育,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 国際理解教育演習,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 社会科・公民科教材開発研究,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 法律学特論,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 法律学演習,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 市民とともにつくる非核・平和米原市民会議,2021年11月 ~ 継続中

  • 草津市教育委員会事務外部評価委員会,2021年07月 ~ 2022年03月

  • 滋賀県立農業大学校外部評価委員会,2020年12月 ~ 継続中

  • 日野町学校・子どもいじめ問題対策委員会,2020年03月 ~ 継続中

  • 大学訪問学習の講師,2018年09月

全件表示 >>