基本情報

写真a

久保田 泰考

Kubota Yasutaka


職名

教授

学系

生年

1967年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0749-27-1024

研究室FAX

0749-27-1024

ホームページ

http://www.shiga-u.ac.jp/campuslife/campus_life/cmp_health_management_center/

プロフィール

研究領域は、健常者および精神障害(統合失調症、双極性障害、自閉スペクトラム)を持つ方における認知機能の精神生理学的評価であり、脳波、心拍ゆらぎ、近赤外光スペクトロスコピー(NIRS)などの解析をおこなっている。近年の研究の関心は、自閉スペクトラムにおける無意識の認知プロセスであり、サブリミナルプライミングのパラダイムを用いた研究を行っている。
臨床活動では、ラカン派精神分析の訓練を受けた精神科医として主に大学生の精神療法に関わり、精神分析と神経科学の接合可能性を探るニューロサイコアナリシスの分野でも研究と理論的検討を行っている。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ニューロサイコアナリシス

  • ラカン派精神分析

  • 精神医学

  • 精神生理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  医学部

    大学,1994年,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  医科学研究科  精神医学、認知神経科学

    博士課程,2002年,その他,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,ライフサイエンス / 精神神経科学,京都大学,課程,2002年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 保健管理センター,教授,2004年04月 ~ 継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本精神分析学会,2019年 ~ 継続中,

  • 日本生物学的精神医学会,

  • 日本精神神経学会,

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 精神神経科学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 精神医学の生物学的転回が精神医学史に刻んだ不連続とその現代的帰結,2018年04月 ~ 継続中

    精神医学史,国内共同研究,科学研究費補助金

  • ラカン派精神分析と神経科学の架橋,2016年04月 ~ 継続中

    その他の研究制度

  • 箱庭療法中の皮質血流変化,2016年04月 ~ 継続中

    その他の研究制度

  • 自閉スペクトラムにおける閾下認知処理,2015年04月 ~ 継続中

    その他の研究制度

  • 双極性障害と統合失調症における前頭前野機能不全の神経生理学的評価,2002年

    双極性障害 統合失調症 前頭前野,ライフサイエンス / 精神神経科学,国際共同研究

論文 【 表示 / 非表示

  • The structural neural correlates of atypical facial expression recognition in autism spectrum disorder,Brain Imaging and Behavior,2022年01月,Shota Uono, Wataru Sato, Takanori Kochiyama, Sayaka Yoshimura, Reiko Sawada, Yasutaka Kubota, Morimitsu Sakihama & Motomi Toichi

    DOI:10.1007/s11682-021-00626-1,研究論文(学術雑誌),共著

    担当区分:責任著者  

  • Inter-Brain Synchronization During Sandplay Therapy: Individual Analyses,Frontiers in psychology,2021年11月,Michiko Akimoto, Takuma Tanaka, Junko Ito, Yasutaka Kubota, Akitoshi Seiyama

    DOI:10.3389/fpsyg.2021.723211,研究論文(学術雑誌),共著

    担当区分:責任著者  

  • Atypical Amygdala-Neocortex Interaction During Dynamic Facial Expression Processing in Autism Spectrum Disorder.,Front Hum Neurosci.,2019年10月,Sato W, Kochiyama T, Uono S, Yoshimura S, Kubota Y, Sawada R, Sakihama M, Toichi M

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Widespread and lateralized social brain activity for processing dynamic facial expressions.,Hum Brain Mapp,2019年09月,Sato W, Kochiyama T, Uono S, Sawada R, Kubota Y, Yoshimura S, Toichi M.

    DOI:10.1002/hbm.24629.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Resting-state neural activity and connectivity associated with subjective happiness.,Sci Rep,2019年08月,Sato W, Kochiyama T, Uono S, Sawada R, Kubota Y, Yoshimura S, Toichi M

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ミシェル・フーコー『コレージュ・ド・フランス講義』を読む,水声社,2021年04月,佐藤嘉幸, 立木康介(編)武田宙也, 久保田泰考他

    学術書,倒錯者の不確かな肖像――最晩年講義録から『狂気の歴史』を読み直す,分担執筆

  • フーコー研究,岩波書店,2021年03月,小泉 義之 , 立木 康介 編

    学術書,共著,人文・社会 / 哲学、倫理学

  • ニューロラカン 脳とフロイト的無意識のリアル,誠信書房,2017年08月,久保田 泰考

    学術書,単著

  • ニューロサイコアナリシスへの招待,誠信書房,2015年,岸本寛史編著

    学術書,第6章ヒステリーからの問い、第7章トラウマとその帰結,共著,ライフサイエンス / 神経科学一般,人文・社会 / 臨床心理学,ライフサイエンス / 精神神経科学

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • Report from the Kyoto NPSA study group 2021,the Bulletin of the journal Neuropsychoanalysis,2021年,Yasutaka KUBOTA

    ,単著

    担当区分:筆頭著者  

  • NPSA KYOTO study group Reports from the 9th Neurospychoanalysis Workshop "Art and Therapy," held on April 24th, 2021,the Bulletin of the journal Neuropsychoanalysis,2021年,Yasutaka KUBOTA

    ,単著

    担当区分:筆頭著者  

  • Report on "Neuropsychoanalysis around the World"-Report from the Kyoto Neuropsychoanalysis group ,International Neuropsychoanalysis Society,Neuropsychoanalysis,22巻 (頁 149) ,2020年12月,Daniela Flores Mosri

    会議報告等,単著

  • 書評 大和田敢太著『職場のハラスメントーなぜ起こり、どう対処すべきか』,彦根論叢,2019年06月,久保田 泰考

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要),単著

  • 書評「あたらしい狂気の歴史」小泉義之著,株式会社 読書人,週刊読書人3231号 ,2018年03月,久保田泰考

    書評論文,書評,文献紹介等,単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 日本心理臨床学会第40回大会自主シンポジウム,国内会議,2021年09月,ニューロサイコアナリシスの展開 アート&セラピー,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 第9回ニューロサイコアナリシスワークショップ in Shiga,国内会議,2021年04月,アート&セラピー,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • THE 20th INTERNATIONAL NEUROPSYCHOANALYSIS CONGRESS,国際会議,2019年07月,Corticostriatal-limbic correlates of sub-clinical obsessive-compulsive traits,ポスター発表

  • 第115回精神神経学会学術総会,国内会議,2019年06月,無症状性の強迫傾向の皮質ー線条体における相関,ポスター発表

  • 小寺精神分析記念財団学際的ワークショップ,国内会議,2018年10月,精神病はいま,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本精神分析学会,会員,2019年04月 ~ 継続中

  • 日本精神神経学会,その他の役職,1900年

  • 日本生物学的精神医学会,その他の役職,1900年

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究助成,寄附金,2021年,研究助成

  • 研究助成,寄附金,2020年,滋賀大学教授 久保田泰考への研究助成金

  • 科学史叙述の新モデル構築に向けて─20世紀フランス思想における科学史研究の再検討,基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,京都大学人文科学研究所

    G・バシュラールからG・カンギレムを経てM・フーコーに至るフランス思想の一系譜は、20世紀の科学史研究に多大な影響を与えた。本研究は、この思想的系譜に連なる一連の科学史的業績をいわば叩き台に、18-19世紀から現代に至る科学的知の歴史的な展開及び曲折を記述するにふさわしい新たな科学史叙述の可能性を探る試みである。その際、二つのテマティックが導線になる。1/ バシュラールに発しフーコーにひとつの頂点を見出す「不連続の思考」(科学史を一連の断絶もしくは不連続から成る構成体とみなす仮説)と、それに寄せられた諸反論の総体を、批判的かつ枚挙的に検証すること。2/ 「科学」による「技術」の「事後的な合理化」(カンギレム)を看過することく、科学史叙述の複層性を構成する互いに異質な要素として両者の関係を構造化し直すこと。精神医学、医学・生物学、数学・統計学を主なフィールドとする研究者が参加する共同研究によって、これらの課題に取り組む。

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大学生におけるソフト・バイポーラースペクトラムの精神生理学的評価,大学等の研究機関との共同研究を希望する,共同研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • こころと身体の科学,2022年04月 ~ 2022年09月

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立鳥居本養護学校教職員研修会講師,2021年11月

  • 滋賀県こころの教育相談センター巡回研修会での講演および公開相談会 ,2021年10月

  • 滋賀県こころの教育相談センター巡回研修会での講演および公開相談会,2020年11月

  • 教員免許状更新講習会講師,2020年08月

  • 滋賀県鳥居本養護学校安全衛生委員会 職員研修会,2019年12月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 「滋賀県の新しい健康創り」 web会議

    2021年01月

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Scientific report誌査読

    役割:査読

    2021年11月

  • Human Brain Mapping誌査読

    役割:査読

    2021年08月10日