基本情報

写真a

田中 勝也

TANAKA Katsuya


職名

教授

学系

経済学系

生年

1972年

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://tanakalab.wordpress.com/

プロフィール

環境経済学、空間データ分析の研究室です。

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.17より)「自治体 SDGs(持続可能な開発目標)の実現に向けた地域分析」

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 環境経済学

  • 空間データ分析

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • オレゴン州立大学  農業・資源経済学部  環境・資源経済学

    博士課程,2004年06月,その他,

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D.,環境・資源経済学,オレゴン州立大学,論文,2004年06月, Essays on Conservation Policies for Agricultural Nonpoint Source Pollution

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,教授,2019年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 環境総合研究センター,教授,2016年07月 ~ 2019年03月

  • 滋賀大学 環境総合研究センター,准教授,2008年02月 ~ 2016年06月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 内閣府 経済社会総合研究所,研究員,2014年12月 ~ 2016年03月

  • 統計数理研究所・客員准教授(兼業) その他の部署,准教授,2013年04月 ~ 2016年03月

  • 総合地球環境学研究所・共同研究員(兼業) その他の部署,研究員,2011年04月 ~ 2014年03月

  • 早稲田大学アジア太平洋研究センター・客員研究員 その他の部署,研究員,2009年04月 ~ 2014年03月

  • 広島大学大学院国際協力研究科・助教 その他の部署,助教,2007年03月 ~ 2008年01月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 農業計画学会,2019年 ~ 継続中,

  • 地域農林経済学会,2018年 ~ 継続中,

  • 林業経済学会,2018年 ~ 継続中,

  • 日本農業経営学会,2016年 ~ 継続中,

  • アジア環境資源経済学会,2013年 ~ 継続中,

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 経済政策

  • 人文・社会 / 食料農業経済

  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な地域社会の形成,2010年 ~ 継続中

    国内共同研究,その他の研究制度

  • 土地利用の空間解析,2000年 ~ 継続中

    その他の研究制度

  • 生態系保全のための経済分析,2000年 ~ 継続中

    国際共同研究,科学研究費補助金

  • 農業・森林政策の生態系サービスへの影響,2000年 ~ 継続中

    国際共同研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • Citizens’ preferences on green infrastructure practices and their enhancement in Portland, Oregon,Journal of Environmental Management,318巻 (頁 115415 ~ ) ,2022年06月,Katsuya Tanaka, Hal Nelson, Nicholas McCullar, Nishant Parulekar

    DOI:https://doi.org/10.1016/j.jenvman.2022.115415,研究論文(学術雑誌),共著

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • Technical Efficiency of Maize Production and Its Influencing Factors in the World’s Largest Groundwater Drop Funnel Area, China,Agriculture,12巻 5号 (頁 649 ~ ) ,2022年04月,Zhaohong Wu, Wenyuan Hua, Liangguo Luo, Katsuya Tanaka

    DOI:https://doi.org/10.3390/agriculture12050649,研究論文(学術雑誌),共著

  • Regional Disparities in Bonding and Bridging Social Capital:An Empirical Study of Rural and Urban Japan,International Journal of Japanese Sociology,2022年03月,Qin, Z., Tanaka, K., Matsuoka, S.

    DOI:10.1111/ijjs.12130,研究論文(学術雑誌),共著

  • Farmers’ Preferences Toward an Outcome-based Payment for Ecosystem Service Scheme in Japan, Journal of Agricultural Economics,2022年01月,Tanaka, K., Hanley, N., Kuhfuss, L.

    DOI:http://doi.org/10.1111/1477-9552.12478,研究論文(学術雑誌),共著

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • COVID-19 pandemicがオレゴン州ポートランドのMobility Mixに与える影響,環境情報科学論文集,35巻 (頁 49 ~ 54) ,2021年12月,近藤紀章・田中勝也

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 環境経済学入門,昭和堂,2021年10月,田中勝也

    その他,共訳

  • 協働ガバナンスと持続可能な地域社会–全国自治体アンケートによる指標化–,有斐閣,2018年,田中勝也

    学術書,分担執筆

  • アジア地域統合の展開,その他の出版機関,,堀内賢志 松本礼史

    その他,分担執筆

  • Effective Environmental Management in Developing Countries: Assessing Social Capacity Development,Palgrave Macmillan,,その他の著者

    その他,分担執筆

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 環境とマーケティング,農業経済学事典,2019年11月,田中勝也

    記事・総説・解説・論説等(その他),単著

  • 平成30年度 第2次野洲市総合計画策定にかかる市民意向調査報告書,委託事業報告書,2019年03月,国立大学法人 滋賀大学

    その他,共著

  • 書評:愛甲・庄子・栗山編(2016)「自然保護と利用のアンケート調査 – 公園管理・野生動物・観光のための社会調査ハンドブック –」,環境経済・政策研究,10巻 1号 (頁 80 ~ 83) ,2017年03月,田中勝也

    書評論文,書評,文献紹介等,単著

  • ソーシャル・キャピタルの豊かさを生かした地域活性化,内閣府社会総合研究所 研究会報告書等 No.75,2016年03月,道上 浩也, 中野 桂, 田中 勝也, 石井 良一

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等,共著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会第69回全国大会,,2022年03月,2022年03月18日,石川県羽咋市と滋賀県の水稲農業における成果連動型支払いの実現可能性,

  • Asian Association of Environmental and Resource Economics 2021 Annual Congress,国際会議,2021年08月,2021年08月21日,Factors affecting agricultural land abandonment and potential ecological consequences in Japan,

  • Asian Association of Environmental and Resource Economics 2021 Annual Congress,国際会議,2021年08月,2021年08月21日,Citizens’ Preferences for Sustainable Mobility Mix in Portland,

  • 日本生態学会第68回全国大会,国内会議,2021年03月,耕作放棄地発生の空間計量モデルによる生物多様性保全の可能性,ポスター発表

  • 東京大学空間情報科学研究センター全国共同利用研究発表大会,国内会議,2020年11月,商業集積地が地域に与える社会経済的影響の空間分析,口頭発表(一般)

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best paper award,2008年,その他,,International Conference of Global Academy of Business and Economic Research

委員歴 【 表示 / 非表示

  • アジア環境資源経済学会(AAERE),事務局長,2019年08月 ~ 2021年08月

  • アジア環境資源経済学会(AAERE),理事,2019年08月 ~ 2021年08月

  • 東アジア環境資源経済学会(EAAERE),監事,2017年 ~ 2019年08月

  • 東アジア環境資源経済学会(EAAERE) ,事務局次長,2017年 ~ 2019年08月

  • 東アジア環境資源経済学会(EAAERE)・第6回年次大会,大会実行委員,2016年04月 ~ 2017年03月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 成果連動支払(PbR)による農業と生物多様性の両立に向けた制度設計に関する研究,その他,金沢大学環日本海域環境研究センター共同研究助成,2021年04月 ~ 2022年03月

  • データに基づく持続可能な地域形成に関する国際共同研究,その他,滋賀大学重点領域研究助成(国際共同研究),2020年07月 ~ 2021年03月

  • 世界自然遺産・マラウイ湖国立公園における貴重な自然と調和した持続可能な地域開発モデルの構築,その他,SATREPS 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム,2020年04月 ~ 継続中

  • 農業環境政策における成果連動支払(PbR)がもたらす農業イノベーションの可能性,基盤研究(B),2020年04月 ~ 2024年03月

  • 環日本海域における成果連動型農業環境支払制度の可能性:経済実験によるアプローチ,その他,金沢大学環日本海域環境研究センター共同研究助成,2020年03月 ~ 継続中

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.17より)【代表的な研究テーマ】「自治体 SDGs(持続可能な開発目標)の実現に向けた地域分析」,【キーワード】SDGs/持続可能性/地方創生/地域環境保全/災害リスク対策/地域分析

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2022/09/seeds17-70.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 演習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 演習Ⅳ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 専門演習Ⅳ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 専門演習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • データサイエンス上級実践価値創造卒業演習Ⅱ,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • さくらサイエンスプログラム,2022年03月

  • 彦根市都市計画審議会,2021年06月 ~ 継続中

  • 滋賀県環境こだわり農業審議会,2021年04月 ~ 継続中

  • 野洲市観光振興指針策定委員会,2021年04月 ~ 2022年03月

  • 滋賀県気候変動適応推進懇話会,2020年04月 ~ 2022年03月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県気候変動適応シンポジウム

    2020年01月

  • トヨタ財団国際ワークショップ (フィリピン・カランバ市)

    2019年07月

  • 滋賀県気候変動適応推進懇話会

    2019年04月

  • 野洲市総合計画審議会

    2019年04月

  • トヨタ財団国際ワークショップ “Community Oriented and Watershed-based Approach for Harmonizing Environmental Conservation and Regional Economy”

    2018年09月

全件表示 >>