基本情報

写真a

Paul Daniel Tanner

Paul Daniel Tanner


職名

講師

学系

経済学系

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Master of Arts in the Humanities,人文・社会 / 社会学,California State University -Dminguez Hills,課程,2002年12月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,講師,2018年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 経済学部,外国人教師,2013年04月 ~ 2018年03月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Why Should I keep a Writing Journal?,Academe; First Forays into Academic Writing,1巻 1号 (頁 41 ~ 46) ,2018年07月,Paul Tanner

    研究論文(学術雑誌),単著

著書 【 表示 / 非表示

  • Meet Business Greats and Learn About Ecnomics,萌文書林,2019年,Paul Tanner, Manabu Miyata

    教科書・概説・概論,共著

  • Entrepreneurs; Language Skills for Business English,self-published,2019年03月,Paul Tanner, Kelly Quinn

    教科書・概説・概論,共著

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • On Academic Writing,The Language Teacher (頁 59 ~ 61) ,2020年11月,Paul Tanner

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要),単著

  • Student News of the Year,The Language Teacher (Japan Assoiation of Language Teachers) (頁 30 ~ 31) ,2020年07月,Paul Tanner

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要),単著

  • "You Get What You Need": My Educational Practice,The Hkone Ronso,2019年09月,Paul Tanner

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要),単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Global Vision Talks: Aichi Prefectural University,,2021年12月,Breakthroughs: Japanese Women Entrepreneurs,

  • Japan Association of Language Teachers National Conference,,2021年11月,How to Survive Teaching a Research Paper (Workshop),

  • PecaKucha Event Nishinomiya #45,国内会議,2020年12月,No Women no Try: Women Entrepreneurs in Today's Japan,口頭発表(一般)

  • JAAL in JACET (Japan Association of College English Teachers),国内会議,2020年12月,Meet Business Greats and Learn about Economics: Purpose and Use,口頭発表(一般)

  • THT Kyrgzystan,国際会議,2020年09月,Maximizing Learning using Orthographic Text Dictation,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • WritingⅠ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • コミュニケーション・スキル,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 英語Ⅰb,2022年10月 ~ 2023年03月

  • Academic Writing,2022年10月 ~ 2023年03月

  • コミュニケーション・スキル,2022年04月 ~ 2022年09月

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Teachers Helping Teachers Kyrgzystan,2019年09月 ~ 継続中

  • 国際理解教育推進協議会,2019年 ~ 継続中