研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Effective Reading Programs at Tertiary Level

  • Reading Strategies in EFL Classrooms

  • Service-Learning

  • Systemic Functional Linguistics

  • Using Literature in an EFL Context

全件表示 >>

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(教育学),TESOL,ウーロンゴン大学(University of Wollongong、オーストラリア),課程,2003年07月

  • 準修士(初等教育学),Primary Education,セント・アンドルーズ大学(Sy. Andrew’s College of Education、スコットランド),論文,1988年06月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,講師,2021年10月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 教育学部,外国人教師,2016年10月 ~ 2021年09月

  • 滋賀大学 教育学部,外国人教師,2011年04月 ~ 2016年03月

研究分野 【 表示 / 非表示

  • Systemic Functional Linguistics、Models of Reading in TESOL Classrooms、Research methodology、Literacy

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Implication of Service-Learning on University Students:with Reference to a National University in Japan,International Journal of English: Literature, Language & Skills,10巻 2号 (頁 4 ~ 135) ,2021年07月,Andrew McInulty

    研究論文(その他学術会議資料等),101-104,単著

  • Target Vocabulary training and practice,Modern English Teacher,29巻 2号 (頁 74 ~ 77) ,2020年04月,Andrew J.McInulty

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Exploring the Clause Utilizing Halliday’s Transitivity System: A Brief Introduction,滋賀大学教育学部紀要64号 (頁 21 ~ 27) ,2014年,Andrew J.McInulty

    研究論文(大学,研究機関等紀要),単著

  • Literature in an EFL Context,TESOL Arabia Perspectives,21巻 2号 (頁 28 ~ 31) ,2013年06月,Andrew J.McInulty

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Critical Thinking, Critical Literacy and the Four Resources Model,滋賀大学教育学部紀要63号 (頁 17 ~ 23) ,2013年,Andrew J.McInulty

    研究論文(大学,研究機関等紀要),単著

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.16より)【代表的な研究テーマ】「Systemic Functional Linguistics/Short-term research- Effective reading programs at tertiary level」,【キーワード】Primary Education/EFL Education/Writing/Genre Studies/Functional Linguistics/Reading Strategies

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)https://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/01/16-114.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • コンポジションⅡ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • オーラルイングリッシュⅢ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • オーラルイングリッシュⅡ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • プレゼンテーションⅡ,2022年10月 ~ 2023年03月

  • 外国語コミュニケーションⅡ,2022年10月 ~ 2023年03月

全件表示 >>