基本情報

写真a

蔵永 瞳

Kuranaga Hitomi


職名

講師

研究分野・キーワード

社会心理学、教育心理学、感情心理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学  教育学部

    大学,2007年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  教育学研究科

    博士課程,2009年04月,修了,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(心理学),心理学,広島大学,課程,2012年03月, 感謝に関する社会心理学的研究―生起から効果に至るまで―

  • 修士(心理学),心理学,広島大学,課程,2009年03月, 感謝の構造―下位感情と生起状況の関連―

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,講師,2016年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 広島大学大学院 教育学研究科,特任助教,2012年04月 ~ 2013年03月

  • 広島大学大学院 教育学研究科,助教,2013年04月 ~ 2014年03月

  • 就実短期大学 幼児教育学科,講師,2014年04月 ~ 2016年03月

  • 放送大学 滋賀学習センター,客員准教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本教育心理学会,2007年07月 ~ 継続中,日本

  • 日本社会心理学会,2007年08月 ~ 継続中,日本

  • 日本感情心理学会,2009年03月 ~ 継続中,日本

  • 日本パーソナリティ心理学会,2010年03月 ~ 継続中,日本

  • 日本グループ・ダイナミックス学会,2010年09月 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会心理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 学校心理士

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 感謝生起状況に対する〝当然さ評価〟低減の実験的試み,就実教育実践研究,9巻 (頁 43 ~ 53) ,2016年03月,蔵永 瞳・相川 充

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • 感謝の気持ちの育て方―大学生を対象とした回顧法による検討―,就実論叢45号 (頁 91 ~ 98) ,2016年02月,蔵永 瞳

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 保育学生による地域子育て支援の取り組み―2015年度活動報告―,就実論叢45号 (頁 209 ~ 223) ,2016年02月,秋山真理子・鎌田雅史・柴川敏之・蔵永 瞳・笹倉千佳弘・澤津まり子・Z.山田章子・田中 誠・山根薫子

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • 実習施設と保育士養成校の協働による保育実習(保育所)の実践Ⅲ―実習日誌におけるエピソード記録を手がかりとして―,就実教育実践研究8号 (頁 105 ~ 114) ,2015年03月,澤津まり子・蔵永 瞳・藤原真紀・牧 里実・山下真須美・山根和枝・光守加奈子・宗田真由美・原田淳弥

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • 保育学生による地域子育て支援の取り組み―2014年度活動報告―,就実論叢44号 (頁 291 ~ 301) ,2015年02月,田中 誠・秋山真理子・鎌田雅史・蔵永 瞳・澤津まり子・笹倉千佳弘・柴川敏之・Z.山田章子・松本 希・山根薫子

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 第13章 ワーキングメモリと瞑想(Alloway, T.P. & Alloway, R.G.(編著) 湯澤正通・湯澤美紀(監訳) ワーキングメモリと日常:人生を切り拓く新しい知性),北大路書房,2015年10月,蔵永 瞳

    単行本(学術書),分担執筆

  • 第2章 第2節 罪悪感・共感・感謝(有光興記・藤澤 文(編) モラルの心理学―理論・研究・道徳教育の実践),北大路書房,2015年03月,蔵永 瞳

    単行本(学術書),分担執筆

  • 第9章 ワーキングメモリと授業研究(湯澤正通・湯澤美紀(編著) ワーキングメモリと教育),北大路書房,2014年05月,湯澤正通・青山之典・伊藤公一・立石泰之・中田晋介・渡辺大介・蔵永 瞳・水口啓吾

    単行本(学術書),共著

  • Column 20 感謝の感じ方は人それぞれ(鈴木公啓(編) パーソナリティ心理学概論―性格理解への扉),ナカニシヤ出版,2012年04月,蔵永 瞳

    単行本(学術書),分担執筆

  • コラム1 感謝の生起状況と感情体験(深田博己(編) 心理学研究の新世紀 第2巻 社会心理学),ミネルヴァ書房,2012年02月,蔵永 瞳

    単行本(学術書),分担執筆

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本社会心理学会第57回大会,国内会議,2016年09月,関西学院大学,共感の正確性がもたらすもの―対人行動パターンと精神的健康に着目して―,ポスター(一般)

  • 日本社会心理学会第57回大会,国内会議,2016年09月,関西学院大学,感謝の素振りと気持ちの有無が援助行動に及ぼす影響―「ありがとう」さえ言えばまた助けてもらえる?―,口頭(基調)

  • 31st International Congress of Psychology,国際会議,2016年07月,PACIFICO Yokohama,The effect of recipient’s gratitude feeling and gratitude behavior on benefactor’s prosocial behavior.,ポスター(一般)

  • 日本感情心理学会第24回大会,国内会議,2016年06月,筑波大学 大学会館,感謝の気持ちと素振りの有無が支援者の親和行動に及ぼす影響―気持ちがなくてもお礼さえ言えば仲良くなれる?―,口頭(基調)

  • 日本心理学会第79回大会,国内会議,2015年09月,名古屋国際会議場 ,感謝,尊敬,コンパッションの感情科学(企画・話題提供:有光興記、 話題提供:蔵永 瞳、武藤世良、 指定討論:中村 真),シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本心理学会,認定委員,2015年11月 ~ 継続中

  • 日本パーソナリティ心理学会,広報委員,2012年08月 ~ 2015年08月

  • 日本感情心理学会,編集委員,2009年03月 ~ 継続中

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 感謝表出の対人機能―直接的・間接的互恵関係の成立における役割―,若手研究(B),未設定,未設定,2013年04月 ~ 2016年03月

共同研究希望テーマ・研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.13より)【代表的な研究テーマ】「感謝が生じてその後の対人行動が起こるまでのメカニズム」,【キーワード】社会的感情/ポジティブ感情/コミュニケーション/感情表出/援助行動, 

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    http://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2013/09/66.kuranaga.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 心理学実験法Ⅳ,2017年10月  -  2018年03月

  • 心理学基礎Ⅱ,2017年10月  -  2018年03月

  • 心理学特定演習,2017年10月  -  2018年03月

  • 教育心理学実践総論,2017年10月  -  2018年03月

  • 社会心理学演習,2017年10月  -  2018年03月

全件表示 >>