基本情報

写真a

野瀬 昌彦

NOSE Masahiko


職名

准教授

生年

1971年

研究分野・キーワード

言語類型論,対照言語学,言語記述,フィン=ウゴル語,南太平洋の言語

プロフィール

[研究活動]卒業論文ではハンガリー語を,修士論文ではハンガリー語,ボグル語とオスチャーク語(いわゆるウラル語族という語族の中の,特にウゴル語系言語と呼ばれるグループ)を取り上げ,動詞の構文について他動性の点から分析しました.博士論文では,2年のハンガリー留学と1年のフィンランド留学を経て,ハンガリー語の受動構文の機能的分析を行いました.博士取得後,研究の関心を変更し,フィン=ウゴル語を中心に,格,特に文法関係に関与しない場所格や副詞格の用法について研究を継続しています. ハンガリー語やフィンランド語の方の研究に加えて,パプアニューギニアでの現地調査を中心に,ニューギニア系とオーストロネシア系言語の勉強と研究(格,前置詞,後置詞,及び文法記述)をしています.2006年から継続してパプアニューギニアでのフィールドワークを実施しています.2010年から,時間表現(テンス,副詞的な時間表現,時間を表す格・前置詞,後置詞(場所格・時間格))のデータをいろいろな言語データを収集し,データベースを構築しています. [教育活動]2000年から高専での英語教育をはじめ,2004年には桜美林大学にて現代GPのプロジェクトでEラーニング(授業収録し,ネット配信)の実務をしました.2008年から麗澤大学外国語学部にて,TOEIC対策の英語,英語のリーディング(初級,中級),さらにはコンピュータリテラシーを担当しました.とりわけ,CALL教室を使用する語学教育に力を入れてきました.同時に,Moodle, NetAcademy2等,PC/ネットを利用した授業,英語学習について従事しました.他,大学1年次の基礎ゼミナール,高校訪問,社会人対象のハンガリー語教育の経験があります.

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  文学部  日本語学科

    大学,1994年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 関西外国語大学  外国語学研究科  言語文化専攻

    博士課程,1996年03月,その他,日本

  • 東北大学  文学研究科  日本語学専攻

    博士課程,2003年03月,その他,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),言語学,東北大学,課程,2003年03月, ハンガリー語の受動構文に関する研究 —受動の意味解釈と動詞の他動性に関連して

  • 修士(言語文化),言語学,関西外国語大学,課程,1996年03月, ウゴル語における動詞形態論について:受動形態素と膠着的語形成

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部 社会システム学科,准教授,2012年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 一関工業高等専門学校・非常勤講師 その他の部署,その他の経歴,2000年10月 ~ 2004年11月

  • 東北大学大学院文学研究科・専門研究員 その他の部署,研究員,2003年04月 ~ 2004年10月

  • 桜美林大学・契約職員 その他の部署,職員(その他),2004年11月 ~ 2005年03月

  • 日本学術振興会・特別研究員PD(東北大学高等教育開発推進センター) その他の部署,研究員,2005年04月 ~ 2008年03月

  • ドイツ,マックスプランク進化人類学研究所・客員研究員 その他の部署,研究員,2005年09月 ~ 2006年05月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Association for Linguistic Typology,,その他の国

  • 日本語用論学会,,日本

  • ウラル学会,,日本

  • 社会言語科学会,,日本

  • 日本言語学会,,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 言語学

  • 外国語教育

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 文法における時間表現の諸相,1900年

    未設定,(選択しない)

  • 格,前置詞・後置詞の言語類型論的研究,1900年

    未設定,(選択しない)

  • パプアニューギニア・マダン州の言語の記述,1900年

    未設定,(選択しない)

  • フィン=ウゴル語の場所格及び副詞格の用法,1900年

    未設定,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • The Forms and Meanings of Past Tense: A Contrastive Study of Papua New Guinea,彦根論叢(滋賀大学経済学部紀要)409号 (頁 6 ~ 14) ,2016年09月,Masahiko Nose

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • Borrowing temporal expressions in New Guinea languages: a contrastive study of loanwords,東北大学言語学論集24号 (頁 95 ~ 104) ,2016年03月,Nose Masahiko

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • Information structure and discourse markers in Tok Pisin: differences in genres,Proceedings of the 2nd International Workshop on Information Structure of Austronesian Languages,2015年12月,Nose Masahiko

    研究論文(国際会議プロシーディングス),単著

  • ニューギニア系言語アメレ語における香辛料・ハーブの語彙と味覚語彙に関する言語学的分析,彦根論叢(滋賀大学経済学部紀要)405号 (頁 46 ~ 57) ,2015年09月,野瀬昌彦

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • アメレ語の自動詞と他動詞,彦根論叢(滋賀大学経済学部紀要)401号 (頁 20 ~ 33) ,2014年09月,野瀬昌彦

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 世界の名前,岩波書店,2016年03月,野瀬昌彦

    単行本(一般書),分担執筆

  • 認知類型論,くろしお出版,2015年10月,中村渉,佐々木冠,野瀬昌彦

    単行本(学術書),共著

  • 日本語とX語の対照2-外国語の眼鏡をとおして見る日本語-,三恵社,2012年08月,笹原健,野瀬昌彦

    単行本(学術書),共編著

  • 日本語とX語の対照—言語を対照することでわかること—対照言語学若手の会シンポジウム2010発表論文集,その他の出版機関,2011年,その他の著者

    その他,編著

  • Using Corpora in Contrastive and Translation Studies/ A Contrastive Study of Comparative Constructions in English, Japanese and Tok Pisin: Using Corpora in Cross-linguistic Contrast,Cambridge Scholars Publishing,,その他の著者

    その他,分担執筆

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • Folk Tales from Around the World: Amele-Tok Pisin-English multilingual book,Ms,2015年09月,Nose Masahiko, Neret Tamo

    その他記事,単著

  • Advantages of using parallel texts in describing the languages of Papua New Guinea, Proceedings of 12th International Language, Literature and Stylistics Symposium,2巻 (頁 709 ~ 711) ,2014年09月,Nose Masahiko

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ),単著

  • 800以上の現地語が話されるパプアニューギニア―変わりゆくアメレ語の村で,FIELD PLUS no.12,2014年07月,野瀬昌彦

    総説・解説(商業誌),単著

  • Creating the written language from the spoken by translation: a study in Papua New Guinea,Proceedings of III. International Symposium on Asian Languages and Literatures (ADES) (頁 547 ~ 566) ,2014年06月,Nose Masahiko

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • International Symposium on Verbs, Clauses and Constructions,国際会議,2016年10月,The University of La Rioja, Logrono, Spain,A contrastive study of past tense forms in the Trans-New Guinea languages of Madang Province, Papua New Guinea,口頭(一般)

  • International conference titled Various Dimensions of Contrastive Studies (V-DOCS 2016),国際会議,2016年10月,University of Silesia, Katowice, Poland,A contrastive study of future tenses in the languages of Papua New Guinea,口頭(一般)

  • The Seventh International Conference on Language, Culture and Mind,国際会議,2016年06月,Hunan University, Changsha, China,Forms and meanings of past tense forms: a contrastive study in Papua New Guinea,口頭(一般)

  • The second International workshop on Information structure of Austronesian languages,国際会議,2015年02月,東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所,Information structure and discourse markers in Tok Pisin: differences in genres,口頭(一般)

  • III. International Symposium on Asian Languages and Literatures (ADES),国際会議,2014年05月,Kayseri, Turkey,Creating the written language from the spoken by translation: a study in Papua New Guinea,口頭(一般)

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • Association for Linguistic Typology,その他の役職,1900年

  • 日本語用論学会,その他の役職,1900年

  • 日本言語学会,その他の役職,1900年

  • 社会言語科学会,その他の役職,1900年

  • ウラル学会,その他の役職,1900年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ニューギニア諸言語の動詞形態調査-マダン州おけるテンス・アスペクトの記述-,基盤研究(C),未設定,未設定,2015年04月 ~ 2019年03月

共同研究希望テーマ・研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 場所格及びその他副詞格またはその対応形態(格,前置詞・後置詞など)の言語類型論的研究,大学等の研究機関との共同研究を希望する

    格標示の言語類型論的研究

  • 言語の文法に関する時間・時間表現に関する調査,大学等の研究機関との共同研究を希望する

    時間,時間表現に関する調査

  • パプアニューギニアの言語調査,及び人類学的調査,大学等の研究機関との共同研究を希望する

    パプアニューギニアのマダン州での各種調査

  • (滋賀大学シーズ集No.13より)【代表的な研究テーマ】「パプアニューギニアの言語の文法記述と社会言語学的研究/時間表現及びテンス・アスペクトに関する対照研究」,【キーワード】言語学/文法記述/社会言語学/言語類型論/パプアニューギニア, 

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    http://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2013/09/85.nose_.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語Ⅰa,2017年10月  -  2018年03月

  • 異文化間コミュニケーション論,2017年10月  -  2018年03月

  • 専門演習Ⅱ,2017年10月  -  2018年03月

  • 英語Ⅱ,2017年04月  -  2017年09月

  • 大学英語入門,2017年04月  -  2017年09月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 言語学に関する一般向け講演会の実施,2017年01月

  • ひきこもりとパプアニューギニア,2016年12月

  • パプアニューギニアの名前の話を岩波新書から出版,2016年03月

  • 言語学に関する一般向け講演会の実施,2016年01月 ~ 継続中

  • パプアニューギニアにおける村落の開発支援,2006年10月 ~ 継続中