基本情報

写真a

道上 静香

Michikami Shizuka


職名

教授

研究分野・キーワード

テニスのバイオメカニクス,テニスのコーチング学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

【研究活動】世界一流テニス選手の各技術のバイオメカニクス的研究とゲームパフォーマンス分析の実施.【教育活動】運動・スポーツ教育を通じて,1)運動技能の獲得,2)健康・体力の保持・増進,3)スポーツ文化の理解を促し,学生が生涯を通して充実した社会生活を営む,すなわち「生きる力」を身につけるための教育活動の実施.【社会的活動】JOC強化スタッフ(コーチングスタッフ),JTA強化本部 ナショナルチーム ユニバーシアード女子テニスチームヘッドコーチ【学内行政職務】就職委員,財務委員,保健管理センター運営委員など

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  体育専門学群

    大学,1995年,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  体育研究科

    修士課程,1997年,その他,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(体育学),体育学,筑波大学,課程,1997年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,講師,2002年04月 ~ 2003年01月

  • 滋賀大学 経済学部,准教授,2003年02月 ~ 2012年03月

  • 滋賀大学 経済学部,教授,2012年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 体育センター,文部科学技官(準研究員),1999年04月 ~ 2002年02月

  • 筑波大学 体育科学系,助手,2002年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本体育学会,1996年 ~ 継続中,日本

  • 日本バイオメカニクス学会,1996年 ~ 継続中,日本

  • 日本テニス学会,2001年04月 ~ 継続中,日本

  • 日本コーチング学会,2010年04月 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日本テニス選手の科学サポートについて,2005年 ~ 継続中

    テニス 強化指定選手 科学サポート バイオメカニクス,スポーツ科学,国内共同研究,(選択しない)

  • エリートテニス選手のゲーム分析に関する研究,1996年04月 ~ 継続中

    国内共同研究,(選択しない)

  • 3次元動作解析法による世界一流テニス選手のバイオメカニクス的研究,1996年04月 ~ 継続中

    テニス 3次元動作解析法 バイオメカニクス,スポーツ科学,個人研究,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • テニス選手の映像技術サポート,体育の科学,67巻 6号 (頁 379 ~ 384) ,2017年06月,道上静香

    研究論文(学術雑誌),単著

  • テニス選手のストローク動作のバイオメカニクス的分析-痛みなく,パフォーマンスを向上させる技術-,臨床スポーツ医学,34巻 5号 (頁 422 ~ 426) ,2017年04月,道上静香

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 2016年度 JTAユニバーシアード強化事業報告書,日本テニス協会,2017年03月,道上静香,宮地弘太郎,細木祐子

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • 2015年度 JTAユニバーシアード強化事業報告書,日本テニス協会 (頁 1 ~ 83) ,2016年03月,道上静香,宮地弘太郎,細木祐子

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • 私の考えるコーチング論:エリートテニス選手のコーチング ,コーチング学研究(第29巻増刊号),29巻 (頁 119 ~ 125) ,2016年03月,道上静香

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • コーチング学への招待,大修館書店,2017年04月,日本コーチング学会編

    単行本(学術書),第6章第7節ー2,分担執筆

  • テニス指導教本Ⅰ,大修館書店,2015年,分担執筆(道上静香)

    その他,分担執筆

  • スポーツ障害理学療法ガイド 考え方と疾患別アプローチ,136-139,2014年,臨床スポーツ医学

    単行本(学術書),分担執筆

  • Skill-Up リハビリテーション&リコンディショニング「アスリートのリハビリテーションとリコンディショニング 上巻 外傷学総論/検査・測定と評価−リスクマネージメントに基づいたアプローチ−」,234-242,2010年,福林徹・小林寛和監修

    その他,分担執筆

  • Skill-Up リハビリテーション&リコンディショニング「投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング−リスクマネージメントに基づいたアプローチ−」,138-146,2010年,福林徹・小林寛和監修

    その他,分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • テニスのコーチングサポートシステムの開発-リアルタイムゲーム分析ソフトの提案-,テニスの科学,25巻 ,2017年03月,道上静香,中川雅央,道慶知子,細木祐子,宮地弘太郎

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌),共著

  • テニスのフットワークに関する研究-4ヶ月に渡る継続的な縄跳びがフットワークに与える効果についての検討-,テニスの科学,25巻 ,2017年03月,宮地弘太郎,道上静香,細木祐子,三好勲,安田忍,右近憲三,梅林薫

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌),共著

  • テニス選手のパフォーマンス改善・向上を目的とした高重量縄跳び器具の紹介と活用法の提案,テニスの科学 ,24巻 ,2016年03月,道上静香,道慶知子,細木祐子,道上修

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌),共著

  • コートサーフェス別におけるテニスのゲームパフォーマンスに関する指導者の主観的評価−砂入り人工芝コートとハードコートのプレーに着目して−,テニスの科学,24巻 ,2016年03月,道上静香,細木祐子,道慶知子,宮地弘太郎

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌),共著

  • ユニバーシアード競技大会(2015/クワンジュ)において16年ぶりに男子ダブルス銅メダルを獲得に至った強化活動事例 ,テニスの科学,24巻 ,2016年03月,宮地弘太郎,道上静香,細木祐子,高橋仁大,小屋菜穂子,北村哲,梅林薫

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌),共著

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 実用新案,太いグリップ縄跳び,道上修,道上静香,小浦猛志,道上洋子

    出願番号( 実願2013-005329,2013年08月27日 ) 登録番号( 3187282,2013年10月30日 ) ,日本

  • 実用新案,筋力強化用縄跳び,道上 修,道上静香,道上洋子

    出願番号( 実願2013-003230,2013年05月09日 ) 登録番号( 3185920,2013年08月21日 ) ,日本

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第3回 日本スポーツパフォーマンス学会大会,国内会議,2017年07月,東京ビッグサイト,テニスにおける実践研究の考え方と研究の進め方,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 第28回テニス学会,国内会議,2016年06月,岩手大学,テニスのフットワークに関する研究ー数ヶ月の縄跳びがフットワークパフォーマンスに与える効果についての検討ー,ポスター(一般)

  • 第28回テニス学会,国際会議,2016年06月,岩手大学,テニスのコーチングサポートシステムの開発-リアルタイムゲーム分析ソフトの提案-,ポスター(一般),スポーツ科学

  • 第27回テニス学会,国内会議,2015年12月,鹿屋体育大学,ユニバーシアード競技大会(2015/クワンジュ)において16年ぶりに男子ダブルス銅メダル獲得に至った強化活動事例,ポスター(一般)

  • 第27回テニス学会,国内会議,2015年12月,鹿屋体育大学,テニス選手のパフォーマンス改善・向上を目的とした高重量縄跳び器具の紹介と活用法の提案,その他

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州)女子テニスチーム(女子ヘッドコーチ) 女子ダブルス銅メダル,女子シングルス入賞,女子団体4位,2015年04月 ~ 2017年03月

    その他

  • 第6回東アジア競技大会(2013/天津)女子テニスチーム(女子ヘッドコーチ) 混合ダブルス銅メダル,2013年04月 ~ 2015年03月

    その他

  • 第27回ユニバーシアード競技大会(2013/カザン)女子テニスチーム(女子ヘッドコーチ) 女子団体金メダル,女子シングルス金・銅メダル,混合ダブルス銀メダル,2013年04月 ~ 2015年03月

    その他

  • 第26回ユニバーシアード競技大会(2011/深セン)女子テニスチーム(女子監督) 女子ダブルス金メダル,女子団体銀メダル,混合ダブルス銅メダル,2011年04月 ~ 2013年03月

    その他

  • (技術解説 取材協力)スポーツ大陸「プロとして生きる~車いすテニス 国枝慎吾~」,2009年08月

    フィールドワーク

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀指導者賞,2017年06月,出版社・新聞社・財団等の賞,日本,日本テニス協会

  • ひこねスポーツ賞,2016年02月,出版社・新聞社・財団等の賞,日本,滋賀県彦根市

  • 文部科学大臣表彰(国際競技大会優秀者等表彰),2013年08月,出版社・新聞社・財団等の賞,日本,文部科学省

  • 平成23年度 滋賀大学職員表彰,2012年03月,その他の賞,日本,滋賀大学

  • 文部科学大臣表彰(国際競技大会優秀者等表彰),2012年03月,出版社・新聞社・財団等の賞,日本,文部科学省

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 関西学生テニス連盟部長監督会,理事(強化担当),2010年04月 ~ 継続中

  • 日本オリンピック委員会,強化スタッフ(コーチングスタッフ),2005年04月 ~ 継続中

  • 日本テニス協会,コーチング委員会委員,2015年04月 ~ 2017年03月

  • 日本体育学会,編集委員,2013年04月 ~ 2017年03月

  • 日本テニス協会 ,テクニカルサポートスタッフ,2013年04月 ~ 2015年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • タブレット端末を利用したテニスの新たなゲーム分析ソフトの開発と実用化,基盤研究(C),未設定,未設定,2015年04月 ~ 2018年03月

  • 3次元動作解析法によるテニスのバイオメカニクス的研究,若手研究(B),未設定,未設定,2004年04月 ~ 2006年03月

共同研究希望テーマ・研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.13より)【代表的な研究テーマ】「世界一流テニス選手の各技術に関するバイオメカニクス的研究/ナショナルテニス選手の強化サポート体制の確立/学生の体力・運動能力及び運動生活に関する研究」,【キーワード】硬式テニス/3次元DLT法/バイオメカニクス/世界一流テニス選手/医・科学サポート/ナショナルテニス選手/学生の体力・運動能力, 

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    http://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2013/09/92.michikami.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学Ⅰ,2016年04月  -  2017年03月

  • スポーツ科学Ⅱ,2016年04月  -  2017年03月

  • 身体運動の科学,2016年04月  -  2017年03月

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学公開講座「中高齢者のためのフィットネストレーニング」主催,2016年 ~ 継続中

  • 滋賀大学公開講座「わくわくテニス教室」主催,2015年 ~ 継続中

  • 「グラスホパージュニアテニスキャンプ」実行委員会委員,2015年 ~ 継続中

  • 中・高校生対象のテニスの技術指導,2015年 ~ 継続中

  • 「JTA 公認コーチ養成講習会」講師・出題委員,2002年 ~ 継続中

全件表示 >>