基本情報

写真a

竹村 幸祐

Takemura Kosuke


職名

准教授

学系

社会システム学系

生年

1979年

研究分野・キーワード

社会心理学、文化心理学、進化心理学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://sites.google.com/site/kosuketakemura/profile_jp

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.14より)「社会と文化の心理学」

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  文学部

    大学,2002年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  文学研究科

    博士課程,2009年03月,修了,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),社会心理学,北海道大学,課程,2009年03月, 集団行動原理の文化間多様性とその社会構造的原因の解明

  • 修士(文学),社会心理学,北海道大学,課程,2004年03月, 文化と集団行動についての実験研究

  • 学士(文学),社会心理学,北海道大学,課程,2002年03月, 自己概念と文化的人間観

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,准教授,2014年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 農林水産政策研究所 NA,客員研究員 ,2014年01月 ~ 2016年03月

  • 総合地球環境学研究所 NA,共同研究員,2015年12月 ~ 2016年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本社会心理学会,2002年05月 ~ 継続中,日本

  • Asian Association of Social Psychology,2003年03月 ~ 継続中,その他の国

  • Society for Personality and Social Psychology,2005年09月 ~ 継続中,その他の国

  • Human Behavior and Evolution Society,2006年06月 ~ 継続中,その他の国

  • 日本グループ・ダイナミックス学会,2006年11月 ~ 継続中,日本

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 結果またはプロセス重視のサービス・リカバリーに対する評価と行為同定の関係,流通研究,21巻 1号 (頁 67 ~ 75) ,2018年03月,鈴木智子・竹村幸祐・浜村武

    DOI:10.5844/jsmd.21.1_67,研究論文(学術雑誌),共著

  • メンタルヘルス不調による休職者の自己価値の随伴性,心理学研究,88巻 5号 (頁 431 ~ 441) ,2017年12月,笹川果央理・中山真孝・内田由紀子・竹村幸祐

    DOI:https://doi.org/10.4992/jjpsy.88.15066,研究論文(学術雑誌),共著

  • 生業グループの社会関係資本と普及指導員の活動: 農業者グループおよび漁業者グループのリーダー調査による検討,農業普及研究,45巻 (頁 79 ~ 92) ,2017年12月,竹村幸祐・内田由紀子・福島慎太郎

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Evaluating distal and proximal explanations for withdrawal: A rejoinder to Varnum and Kwon's "The ecology of withdrawal.",Frontiers in Psychology,8巻 2085号 ,2017年11月,Norasakkunkit, V., Uchida, Y., & Takemura, K.

    DOI:10.3389/fpsyg.2017.02085,研究論文(学術雑誌),共著

  • Self-expression and relationship formation in high relational mobility environments: A study of dual users of American and Japanese social networking sites,International Journal of Psychology,52巻 3号 (頁 251 ~ 255) ,2017年06月,Kosuke Takemura, Satoko Suzuki

    DOI:10.1002/ijop.12208,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 経営・ビジネス心理学,ナカニシヤ出版,2018年04月,松田幸弘

    教科書,第14章,分担執筆

  • 社会心理学概論,ナカニシヤ出版,2016年09月,北村英哉, 内田由紀子

    教科書,分担執筆,社会心理学

  • 社会的ネットワークを理解する,北大路書房,2015年08月,五十嵐祐

    翻訳書,共訳,社会心理学,経営学,社会学

  • 文化を実験する: 社会行動の文化・制度的基盤,勁草書房,2014年10月,山岸俊男

    単行本(学術書),分担執筆,社会心理学

  • 日本型クリエイティブ・サービスの時代: 「おもてなし」への科学,日本評論社,2014年10月,小林潔司, 原良憲, 山内裕

    単行本(学術書),分担執筆,経営学,社会心理学

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 文化差の一般的説明を求めて: 『日本人は論理的に考えることが本当に苦手なのか』へのコメント,児童心理学の進歩,2018年,竹村幸祐

    書評,文献紹介等,単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第129回日本森林学会大会,国内会議,2018年03月,森林幸福度に影響する自然要因の検討: 滋賀県野洲川流域を対象として,口頭(一般)

  • 第82回先端政策分析研究センター研究会,国内会議,2018年02月,農業者・漁業者コミュニティと社会関係資本のコーディネーター,口頭(一般)

  • 2017年度 第2回名古屋社会心理学研究会,国内会議,2017年12月,集合的問題解決の一環としての相互独立性,口頭(招待・特別)

  • 林業経済学会2017年秋季大会,国内会議,2017年11月,森林にかかわる主観的幸福度に影響する要因の探索: 滋賀県野洲川流域を対象として,口頭(一般)

  • 日本社会心理学会第58回大会,国内会議,2017年10月,年金生活者は移住者に開放的か? 自尊感情の2側面(自己評価・自己受容)に注目して,ポスター(一般)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本農業普及学会 奨励賞,2015年03月,その他の賞,日本,日本農業普及学会

  • 日本心理学会第78回大会 学術大会優秀発表賞,2014年09月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,日本心理学会

  • 日本グループ・ダイナミックス学会2012年度優秀学会発表賞(English Session部門),2012年11月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,日本グループ・ダイナミックス学会

  • 第15回 実験社会科学カンファレンス トラベルアワード,2011年12月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,実験社会科学カンファレンス

  • SPSS研究奨励賞「審査委員特別賞」,2007年10月,出版社・新聞社・財団等の賞,日本,SPSS

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本社会心理学会,口頭発表セッション座長,2017年10月

  • Center for Risk Research (CRR), Faculty of Economics, Shiga University, Conference Committee,2017年04月 ~ 2017年11月

  • 日本社会心理学会,口頭発表セッション座長,2016年09月

  • 日本社会心理学会,口頭発表セッション座長,2015年10月

  • International Association for Cross-Cultural Psychology,Organizing Committee,2013年04月 ~ 2016年08月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な地域社会の形成におけるソーシャル・キャピタルの役割,その他,滋賀大学重点領域研究助成,2017年11月 ~ 2020年03月

  • 創発的知性としての「群衆の智慧」: 集団意思決定による社会と個人の変容,その他,日本学術振興会 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業 領域開拓プログラム,2017年10月 ~ 2020年09月

  • 地域の幸福の多面的側面の測定と解析,戦略的創造研究推進事業,2017年04月 ~ 2018年09月,国立研究開発法人科学技術振興機構

  • 心理・行動傾向の組織間差異の検討,その他,滋賀大学経済学部附属リスク研究センター助成研究,2017年04月 ~ 2018年03月

  • 個人レベル心理・行動傾向と組織レベル変数の関連,その他,滋賀大学経済学部学術後援基金,2017年04月 ~ 2018年03月

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.14より)【代表的な研究テーマ】「社会と文化の心理学」,【キーワード】文化/集団行動/規範

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    http://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/02/7-9.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 専門演習Ⅳ,2018年10月 ~ 2019年03月

  • 社会心理学Ⅱ,2018年10月 ~ 2019年03月

  • プロジェクト研究,2018年10月 ~ 2019年03月

  • フィールドワーク,2018年10月 ~ 2019年03月

  • 演習Ⅳ,2018年10月 ~ 2019年03月

全件表示 >>