基本情報

写真a

野田 昭宏

NODA Akihiro


職名

教授

学系

経営学系

研究分野・キーワード

財務会計,環境会計,分析的会計研究

研究シーズ

(滋賀大学シーズ集No.14より)「環境会計報告の意思決定誘導機能の研究」

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経営学),会計学,神戸大学,課程,2002年03月, 企業の自発的情報開示に関する研究-実験経済学アプローチの会計学への応用-

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,准教授,2014年04月 ~ 2016年01月

  • 滋賀大学 経済学部,教授,2016年02月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本会計研究学会,2000年09月 ~ 継続中,日本

  • 日本ディスクロージャー研究学会,2000年09月 ~ 継続中,日本

  • 環境経済・政策学会,2001年09月 ~ 継続中,日本

  • American Accounting Association,2004年09月 ~ 継続中,アメリカ

  • European Accounting Association,2007年09月 ~ 継続中,ベルギー

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 会計学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Auditor choice as a commitment device,Journal of Financial Reporting and Accounting (forthcoming),16巻 3号 ,2018年,Noda, Akihiro

    研究論文(学術雑誌),単著,会計学

  • Corporate social responsibility disclosure, trading volume, and price changes,滋賀大学経済学部 ワーキングペーパー No.276276号 (頁 1 ~ 36) ,2017年12月,野田昭宏

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,会計学

  • The role of earnings management in agency contracts,Shiga University Working Paper No. 262262号 ,2016年10月,NODA Akihiro

    研究論文(学術雑誌),単著,会計学

  • Earnings Management in the Presence of Investors' Information Acquisition,Working Paper240号 (頁 1 ~ 40) ,2015年09月,NODA Akihiro

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,会計学

  • 環境負債開示の動学分析:レプリケータ・ダイナミクスによる自発的情報開示の安定性解析,年報 経営ディスクロージャー研究12号 (頁 1 ~ 18) ,2013年12月,野田昭宏

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • European Accounting Association 41st Annual Congress,国際会議,2018年05月 ~ 2018年06月,Bocconi University, Milan, Italy,Effects of managerial CSR reporting discretion on market behavior,口頭(一般),会計学

  • European Accounting Association 40th Annual Conference,国際会議,2017年05月,University of Valencia, Spain,CSR Disclosure, Market Trading Volume, and Price Response,口頭(一般),会計学

  • 日本会計研究学会第77回大会,国内会議,2018年09月,神奈川大学,CSRディスクロージャーにおける裁量が投資者行動に及ぼす影響,口頭(一般),会計学

  • 日本会計研究学会第76回全国大会,国内会議,2017年09月,CSR情報開示の価格形成への影響,口頭(一般),会計学

  • 日本会計研究学会第75回大会,国内会議,2016年09月,静岡コンベンションアーツセンター,利益マネジメントがコーポレートガバナンスに及ぼす影響,口頭(一般),会計学

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • リスク研究センター助成金研究(助成金番号1704)「企業の社会的責任情報開示が価格形成に及ぼす影響」,2017年04月 ~ 継続中

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本社会関連会計学会奨励賞,2012年11月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,日本社会関連会計学会

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 社会的責任投資の形成メカニズムにおけるCSR会計情報の機能のモデル分析,基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,日本学術振興会

  • 環境負荷抑制における環境会計情報の意思決定誘導機能の研究,基盤研究(C),2014年04月 ~ 2018年03月

  • 持続可能性報告と企業の社会的評価に関する研究,基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月

  • 持続可能性会計の開発とステイクホルダー・エンゲージメントに関する研究,基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,日本学術振興会

  • 財務報告における環境負債情報の開示を規定する要因の研究,挑戦的萌芽研究,2011年04月 ~ 2014年03月,日本学術振興会

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.14より)【代表的な研究テーマ】「環境会計報告の意思決定誘導機能の研究」,【キーワード】環境会計/持続可能性/環境報告書/CSR報告書/業績評価指標/報告マネジメント

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    http://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/02/3-12.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 専門演習Ⅳ,2018年10月 ~ 2019年03月

  • 専門演習Ⅱ,2018年10月 ~ 2019年03月

  • 上級財務会計Ⅱ,2018年10月 ~ 2019年03月

  • 財務会計特講Ⅰ,2018年10月 ~ 2019年03月

  • 演習Ⅳ,2018年10月 ~ 2019年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学社会連携研究センター「課題解決に役立つ研究情報 滋賀大学シーズ集第14号 2018」執筆,2017年12月

  • 滋賀大学社会連携研究センター「課題解決に役立つ研究情報 滋賀大学シーズ集第12号」執筆,2016年12月

  • 滋賀大学市民講座「環境会計への招待-会社の環境活動を会計から読み解く-」,2016年11月

  • 滋賀大学社会連兼研究センター「改題解決に役立つ研究情報 滋賀大学シーズ集第12号」執筆,2015年12月

  • (公)陵水学術後援会監事,2015年06月 ~ 継続中