基本情報

写真a

赤塚 尚之

AKATSUKA NAOYUKI


職名

准教授

研究分野・キーワード

制度会計(財務会計)

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 三重県立津高等学校  その他の学部

    高等専門学校,1997年03月,卒業,日本

  • 早稲田大学  商学部

    大学,2001年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学大学院  商学研究科  商学専攻

    修士課程,2003年03月,その他,日本

  • 早稲田大学大学院  商学研究科  商学専攻

    博士課程,2006年06月,中退,日本

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,講師,2006年06月 ~ 2008年03月

  • 滋賀大学 経済学部,准教授,2008年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学商学部助手 その他の部署,助手,2004年04月 ~ 2006年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本会計研究学会,,日本

  • 国際会計研究学会,,日本

  • 日本ディスクロージャー研究学会,2016年12月 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 会計学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 負債会計の再構築,1900年

    公正価値、履行価値、不履行リスク、リスク調整、最頻値・期待値・中央値、期待現在価値法、蓋然性要件、感応度分析(開示),未設定,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • (研究ノート)文献解題 Warren J McGregor: Liabilities—The Neglected Element: A Conceptual Analysis of the Financial Reporting of Liabilities(AASB Occasional Paper No.1),滋賀大学経済学部研究年報22号 (頁 63 ~ 89) ,2015年11月,赤塚尚之

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 非金融負債の確率的測定—将来キャッシュアウトフローの見積りにおける最頻値、中央値、期待値の選択問題—,滋賀大学経済学部研究年報21号 (頁 67 ~ 90) ,2014年11月,赤塚尚之

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 非金融負債の公正価値測定と自己の信用リスク,滋賀大学経済学部研究年報19号 (頁 93 ~ 104) ,2012年11月,赤塚尚之

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 負債の範囲と財務情報の有用性 —比較可能性の追求が及ぼす影響—,彦根論叢393号 (頁 66 ~ 77) ,2012年09月,赤塚尚之

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 非金融負債会計の再構築序説,近未来の企業経営の諸相—2025年—(花堂靖仁・高橋治彦編著),2012年03月,赤塚尚之

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • IAS第37号改訂プロジェクトの軌跡 「2005年草案」から「2010年作業草案」まで,滋賀大学経済学部,2017年03月,赤塚尚之

    単行本(学術書),単著

  • 環境負債会計論(滋賀大学経済学部研究叢書第46号),1-240,2010年,その他の著者

    その他,単著

芸術・競技活動 【 表示 / 非表示

  • 会計実務問題集,2006年03月

    教材

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本会計研究学会第73回大会自由論題報告,国内会議,2014年09月,非金融負債の確率的測定,その他

  • 日本会計研究学会第71回大会自由論題報告,国内会議,2012年09月,一橋大学,非金融負債の公正価値測定と自己の信用リスク,口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 演習Ⅳ,2017年10月  -  2018年03月

  • 会計理論特講,2017年10月  -  2018年03月

  • 演習Ⅱ,2017年10月  -  2018年03月

  • 簿記会計,2017年10月  -  2018年03月

  • 簿記会計A,2017年10月  -  2018年03月

全件表示 >>