基本情報

写真a

姫野 哲人

Himeno Tetsuto


職名

准教授

研究分野・キーワード

数理統計学

研究室電話

0749-27-1078

プロフィール

【研究活動】主な研究対象は、分布が分からなかったり、分布が複雑だったりするために扱いが難しいデータであり、データ数や変数の数が増えた場合に、これらのデータの分布をよく知られた分布(正規分布等)で近似するという漸近理論の研究を行っている。最近は、特に元のデータの分布が分からない(ノンパラメトリックな)ものに対する手法の開発をおこなっている。現在、この研究をビッグデータの解析に応用することを考えている。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  理学部  数学科

    大学,2002年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  理学研究科  数学専攻

    修士課程,2004年03月,修了,日本

  • 広島大学  理学研究科  数学専攻

    博士課程,2007年03月,修了,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),数学基礎・応用数学,広島大学,課程,2007年03月, Asymptotic expansions of the null distributions for the Dempster trace criterion

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 データサイエンス学部,准教授,2017年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 データサイエンス教育研究センター,准教授,2016年04月 ~ 2017年03月

  • 滋賀大学 経済学部,准教授,2015年08月 ~ 2016年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 成蹊大学理工学部情報科学科 助教 理工学部情報科学科,助教,2012年10月 ~ 2015年07月

  • 情報・システム研究機構新領域融合研究センター 融合プロジェクト特任研究員 新領域融合研究センター,研究員,2008年04月 ~ 2012年09月

  • 九州大学大学院数理学研究院 学術研究員 数理学研究院,研究員,2007年04月 ~ 2008年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本統計学会,2003年 ~ 継続中,日本

  • 日本数学会,2003年 ~ 継続中,日本

  • 日本計算機統計学会,2013年 ~ 継続中,日本

  • 応用統計学会,2013年 ~ 継続中,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 数学基礎・応用数学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Testing homogeneity of mean vectors under heteroscedasticity in high-dimension,Journal of Multivariate Analysis,139巻 (頁 7 ~ 27) ,2015年07月,Yamada T., Himeno T.

    DOI:10.1016/j.jmva.2015.02.005,研究論文(学術雑誌),共著

  • Approximate interval estimation for EPMC for improved linear discriminant rule under high dimensional frame work,SUT Journal of Mathematics,51巻 2号 (頁 17 ~ 51) ,2015年,Hyodo M., Mitani T., Himeno T., Seo T.

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Estimations for some functions of covariance matrix in high dimension under non-normality and its applications,Journal of Multivariate Analysis,130巻 (頁 27 ~ 44) ,2014年09月,Himeno T., Yamada T.

    DOI:10.1016/j.jmva.2014.04.020,研究論文(学術雑誌),共著

  • A modified linear discriminant analysis for high-dimensional data,Hiroshima Mathematical Journal,42巻 2号 (頁 209 ~ 231) ,2012年07月,Hyodo M., Yamada T., Himeno T., Seo T.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Statistical analysis of seismicity in a wide region around the 1998 Mw 8.1 Balleny Islands earthquake in the Antarctic Plate,Polar Science,5巻 4号 (頁 421 ~ 431) ,2011年12月,Himeno T., Kanao M., Ogata Y.

    DOI:10.1016/j.polar.2011.08.002,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 現代統計学,日本評論社,2017年03月,統計教育大学間連携ネットワーク(監修), 美添泰人(編集), 竹村彰通(編集), 宿久洋(編集), 美添泰人, 足立浩平, 鹿島久嗣, 姫野哲人, 大屋幸輔, 鎌谷研吾, 小林景

    単行本(学術書),8章,共著

  • 日本統計学会公式認定 統計検定2級対応 統計学基礎,東京図書,2015年12月,田中 豊, 中西 寛子, 姫野 哲人, 酒折 文武, 山本 義郎

    教科書,共著

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本計算機統計学会,欧文誌編集委員,2017年 ~ 継続中

  • 日本統計学会,大会委員会運営委員,2015年 ~ 継続中

  • 日本計算機統計学会,広報委員,2015年 ~ 継続中

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 大標本高次元データに対するノンパラメトリック手法の開発,若手研究(B),未設定,未設定,2016年04月 ~ 2019年03月

    情報通信技術の発展により、科学研究、健康・医療、経済、社会、環境、ウェブなどのあらゆる分野でリアルタイムに集積されたビッグデータが注目を集めている。現在、このビッグデータ(逐次的に新たなデータが蓄積される高次元かつ大標本のデータ)から価値ある情報を抽出することが重要な課題である。
    そこで、本研究ではこのような大標本高次元データに対し、分布等の仮定をできる限り緩めた(ノンパラメトリックな)手法の開発を行い、どのようなビッグデータに対しても統一的に使える手法の開発を行う。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 演習Ⅳ,2017年10月  -  2018年03月

  • 解析学演習,2017年10月  -  2018年03月

  • データサイエンス入門演習,2017年10月  -  2018年03月

  • 演習Ⅱ,2017年10月  -  2018年03月

  • 統計コンサルティング特講,2017年10月  -  2018年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県統計アドバイザー,2016年10月 ~ 継続中

  • 統計検定3級,2016年01月 ~ 継続中