基本情報

写真a

梅澤 直樹

UMEZAWA NAOKI


職名

特任教授

生年

1949年

研究分野・キーワード

政治経済学、環境経済学

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

【研究活動】 資本制市場経済システムを開放的な自己組織システムと捉え、その点を環境問題、ジェンダー問題に即して、さらに最近は地域通貨運動を視野に入れた貨幣の原理的考察を通じて解明してきた。それぞれの分野で一定数の論文を著してきたが、順次単著をまとめていくべきと自覚しており、目下まず環境問題についてその準備に入っている。 【教育活動】 資本制市場経済システムの基礎的構造や運動についてできるだけ身近な例を引きながら、ビデオなども活用し、わかりやすく学生に伝える努力を試みてはいるが、学生のレベルが多様化しているなかで学生の理解度や関心度にもばらつきが生じている。『転換期のくらしと経済』(共編著)のような教科書的著作の執筆にも力を注ぎながら、いっそう努力を傾けたい。 【社会的活動】

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  経済学部  経済学科

    大学,1972年,その他,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  経済学研究科  理論経済学

    博士課程,1975年,中退,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経済学),その他の分野,京都大学,論文,1900年

  • 経済学修士,その他の分野,京都大学,課程,1900年

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 経済学部,助教授,1982年04月 ~ 1992年03月

  • 滋賀大学 経済学部,教授,1992年04月 ~ 2015年03月

  • 滋賀大学 経済学部,特任教授,2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 和歌山大学経済短期大学部助教授 その他の部署,助教授,1978年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • フェミニスト経済学日本フォーラム,,日本

  • 環境経済政策学会,,日本

  • 経済理論学会,,日本

  • 進化経済学会,,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 理論経済学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 貨幣論,2001年

    市場経済システム 象徴性 地域通貨,個人研究,(選択しない)

  • ジェンダー問題の政治経済学,1995年

    性別役割分業 中心と周辺 社会福祉,個人研究,(選択しない)

  • 政治経済学の方法論,1900年

    経済学と文化 開放性 非合理性,個人研究,(選択しない)

  • 環境問題への政治経済学的アプローチ,1900年

    社会的費用 持続的発展 人間と自然,個人研究,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • 貨幣論の提起する方法論的問題をめぐって,『彦根論叢』394号 (頁 160 ~ 173) ,2012年12月,その他の著者

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 統合的湖沼流域管理における「統合性」の射程,滋賀大学環境総合研究センター研究年報,8巻 1号 ,2011年07月,その他の著者

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 「流域ガバナンス」の可能性と課題,滋賀大学経済学部付属リスク研究センター   ディスカッションペーパー,2011年03月,その他の著者

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 環境問題の社会経済学的アプローチに向けて,『彦根論叢』386号 ,2010年12月,その他の著者

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 地域中心商店街の活性化を求めて   −「伏見大手筋商店街」の現代史を手掛かりにー,滋賀大学経済学部研究年報,17巻 ,2010年11月,その他の著者

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 久場嬉子編著『経済学とジェンダー』  第2章 女性労働差別問題とマルクス派社会経済学の再構築,51-73,2002年,その他の著者

    その他,分担執筆

  • 伊豫谷登士翁編著『経済のグローバリゼーションとジェンダー』   第3章 「再生産労働」の越境化をめぐって,73-97,2001年,その他の著者

    その他,分担執筆

  • 水谷広編著『続 地球の限界』   パートⅣ−2 21世紀の経済増,173-182、207,2001年,その他の著者

    その他,分担執筆

  • 若森章孝、松岡利通『歴史としての資本主義ーグローバリゼーションと近代認識の再考』 第4章世界システム論と女性労働差別問題,117-141,1999年,その他の著者

    その他,分担執筆

  • 平井俊彦監修『再構築する近代』   第2章 近代的自然観の問い方をめぐって,29-51,1998年,その他の著者

    その他,分担執筆

全件表示 >>

芸術・競技活動 【 表示 / 非表示

  • 梅澤直樹、柴山桂太「今、資本主義を問い直す」経済学部フォーラム講演碌,2009年11月

    教材

  • 梅澤直樹・田中英明・近藤学『コア政治経済学』,2007年

    教材

  • 滋賀大学環境ファーラム編『滋賀大学で環境を学ぶ』 第8章 環境問題への社会経済学への誘い,2003年02月

    教材

  • 梅澤直樹、柴田周二、二階堂達郎、只友景士著『転換期のくらしと経済』 ナカニシヤ出版,2002年07月

    教材

  • 久米直明、濱田仁、梅澤直樹、片山雅男、田中真澄著『生活環境論』 化学同人,1998年04月

    教材

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 「持続可能な社会・経済システムと住宅のあり方」『滋賀大学環境総合研究センター研究年報』第2巻所収,2005年

    その他

  • 「環境問題の社会経済学への誘い」滋賀大学環境フォーラム編『滋賀大学で環境を学ぶ』所収,2003年

    その他

  • 『転換期のくらしと経済』,2002年

    その他

  • 「21世紀の経済像」水谷広編著『続 地球の限界』所収,2001年

    その他

  • 「近代社会における女性差別−失われし女性のまなざしとその復権−」山辺知紀編『近代社会と失われた他者』所収,2000年

    その他

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 進化経済学会,その他の役職,1900年

  • 経済理論学会,その他の役職,1900年

  • 環境経済政策学会,その他の役職,1900年

  • フェミニスト経済学日本フォーラム,その他の役職,1900年

共同研究希望テーマ・研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.13より)【代表的な研究テーマ】「地域コミュニティが育んできたハートウェア(想い・文化)の再発見」,【キーワード】持続可能な発展/ハートウエア/スロー・ライフ, 

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    http://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2013/09/77.umezawa.pdf