基本情報

写真a

渡部 雅之

WATANABE MASAYUKI


職名

教授

生年

1961年

研究分野・キーワード

認知発達、空間認知、視点取得

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.sue.shiga-u.ac.jp/~watanabe/

プロフィール

空間的視点取得能力の生涯発達が主テーマである。独自のゲーム式空間的視点取得課題(くるくるかくれんぼ)を開発し、その臨床的応用(高齢者のリハビリテーション等)を目指して研究を進めている。教育活動においては,教職科目,学校心理専門科目,大学院科目を担当するとともに,学部と大学院において卒業論文ならびに修士論文指導を行っている。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  人間科学部  人間科学科

    大学,1984年,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  人間科学研究科  教育心理学

    博士課程,1986年,中退,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(人間科学),教育・社会系心理学,大阪大学,論文,2003年09月, 空間的視点取得能力に関する発達心理学的研究

  • 学術修士,教育・社会系心理学,大阪大学,課程,1986年, 空間表象の変換能力に関する発達的研究

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,助手,1987年04月 ~ 1991年06月

  • 滋賀大学 教育学部,講師,1991年07月 ~ 1996年03月

  • 滋賀大学 教育学部,助教授,1996年04月 ~ 2007年03月

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2007年04月 ~ 継続中

  • 滋賀大学 教育学部,副学部長,2009年04月 ~ 2011年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本教育心理学会,1984年 ~ 継続中,日本

  • 日本心理学会,1988年 ~ 継続中,日本

  • 日本発達心理学会,1990年 ~ 継続中,日本

  • 関西心理学会,2002年 ~ 継続中,日本

  • 国際行動発達学会,2003年 ~ 継続中,その他の国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 学会連合資格「学校心理士」認定運営機構 学校心理士スーパーバイザー

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 空間的視点取得能力の生涯発達,1987年04月 ~ 継続中

    視点取得 空間認知 生涯発達,教育心理学,個人研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • Developmental Changes in the Embodied Self of Spatial Perspective Taking.,British Journal of Developmental Psychology.,34巻 2号 (頁 212 ~ 225) ,2016年06月,Watanabe, M.

    DOI:10.1111/bjdp.12126,研究論文(学術雑誌),単著

  • 空間的視点取得と心的回転に現れる身体性の差異,滋賀大学教育学部紀要,65巻 (頁 1 ~ 11) ,2016年03月,渡部雅之

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,教育心理学

  • Spatial Perspective Taking is Robust in Later Life.,The International Journal of Aging and Human Development,,78巻 (頁 277 ~ 297) ,2014年09月,Watanabe, M. & Takamatsu, M.

    DOI:10.2190/AG.78.3.d,研究論文(学術雑誌),共著

  • 空間的視点取得における仮想的身体移動の幼児期から成人期に至る変化,発達心理学研究,25巻 (頁 111 ~ 120) ,2014年08月,渡部雅之・高松みどり

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 空間的視点取得の脳内機序と生涯発達,心理学評論,56巻 3号 (頁 357 ~ 375) ,2013年12月,渡部雅之

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「視点取得」 藤永保監修 『最新 心理学事典』,平凡社,2013年,渡部雅之

    事典・辞書,分担執筆

  • 「空間知覚」「他者視点」 日本発達心理学会編 『発達心理学事典』,丸善出版,2013年,渡部雅之

    事典・辞書,分担執筆

  • 心理学ベーシックライブラリ 5-1 『教育心理学Ⅰ:発達と学習』,サイエンス社,2011年11月,渡部雅之,豊田弘司

    教科書,分担執筆,教育心理学

  • 空間的視点取得の生涯発達に関する研究,風間書房,2006年09月,渡部雅之

    単行本(学術書),単著,教育心理学

  • 実験で学ぶ発達心理学,ナカニシヤ出版,2004年,杉村伸一郎・坂田陽子編

    単行本(一般書),分担執筆,実験心理学

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 認知症に伴う視空間失認の徴候把握を可能にする身体運動テストの開発 ,大阪ガスグループ福祉財団調査・研究助成研究成果報告書,2017年,渡部雅之

    その他記事,単著

  • 幼児の空間認知を形成する心と身体:視点取得能力における身体性効果の検証,滋賀大学研究推進プログラム研究成果報告書,2015年02月,渡部雅之

    その他記事,単著

  • 空間的視点取得の生涯発達と障害へのリハビリテーションに関する研究,科学研究費助成事業研究成果報告書,2014年05月,渡部雅之

    その他記事,単著

  • 高齢者用空間的視点取得能力スクリーニング検査の作成と評価,科学研究費補助金研究成果報告書,2009年04月,渡部雅之

    その他記事,単著

  • 反応時間パターンの変化を指標とした空間的視点取得能力の生涯発達研究,科学研究費補助金研究成果報告書,2005年03月,渡部雅之

    その他記事,単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本発達心理学会第28回大会,国内会議,2017年03月,空間的視点取得の身体性にみられる加齢の影響,ポスター(一般)

  • 日本教育心理学会第58回総会,国内会議,2016年10月,空間的視点取得能力に現れる身体性 -仮想的身体移動と平衡性との関連から-,ポスター(一般)

  • 24th Biennial ISSBD Meeting,国際会議,2016年07月,Operational level of embodied self representation in spatial perspective taking closely relates to equilibrium,ポスター(一般)

  • the 19th Conference of the European Society for Cognitive Psychology,国際会議,2015年09月,Paphos, Cyprus,Developmental features of the embodied self representation in spatial perspective taking,ポスター(一般),教育心理学

  • The 22th Biennial Meeting of International Society for the Study of Behavioural Development.,国際会議,2014年06月,Shanghai, China,The Embodiment Effect in Spatial Perspective-taking: Activation of Somatic Sensations Promotes Imaginary Body Movement,ポスター(一般)

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • くるくるかくれんぼ,2005年 ~ 2011年

    その他

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本教育心理学会,年報編集委員会委員長,2016年01月 ~ 2017年03月

  • 関西心理学会,常任委員,2015年 ~ 継続中

  • 日本発達心理学会,編集委員会委員,2011年 ~ 2012年

  • 日本発達心理学会,研究交流委員会委員長,2005年 ~ 2006年

  • 日本発達心理学会,研究交流委員会・京都大学21COE心理学連合共催シンポジウム企画,2004年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 認知症に伴う視空間失認の徴候把握を可能にする身体運動テストの開発,その他,大阪ガスグループ福祉財団調査・研究助成,未設定,未設定,2016年04月 ~ 2017年03月

  • 空間的視点取得における身体性の生涯発達過程とその仕組みの解明,基盤研究(C),未設定,未設定,2015年04月 ~ 2019年03月

  • 空間的視点取得能力の生涯発達と障害へのリハビリテーションに関する研究,基盤研究(C),未設定,未設定,2010年04月 ~ 2014年03月

  • 要介護高齢者を対象とする運動・認知リハビリテーション用ゲームの開発,その他,JST「H21シーズ発掘試験」,未設定,未設定,2009年04月 ~ 2010年03月

    体感式コントローラーを操作して解答する一種のゲームでありながら、同時に認知度を測定し、運動・認知機能双方の改善を期することのできる、新たなツールを開発した。

  • 遊びの要素を取り入れた脳卒中後遺症患者用の高次認知機能スクリーニング・リハビリテーション・キットの開発,その他,財団法人中山隼雄科学技術文化財団研究開発助成,未設定,未設定,2007年03月 ~ 2008年03月,財団法人中山隼雄科学技術文化財団

全件表示 >>

共同研究希望テーマ・研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 高齢者・高齢障害者用の認知検査の開発,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    高齢健常者もしくは高齢障害者を対象とし、その認知機能を適切かつ簡易に測定できる検査の開発を目指す。さらに、将来的には効果的リハビリテーション法の開発に繋げたい。

  • (滋賀大学シーズ集No.13より)【代表的な研究テーマ】「認知能力スクリーニング・ゲームの開発/こころと身体の関連」,【キーワード】認知症/脳卒中後遺症/スクリーニング検査/認知検査/高齢者/空間認知/身体性, 

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    http://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2013/09/75.watanabe.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 心理学研究法Ⅱ,2017年10月  -  2018年03月

  • 心理学基礎Ⅱ,2017年10月  -  2018年03月

  • 心理学特定演習,2017年10月  -  2018年03月

  • 心理学基礎Ⅰ,2017年10月  -  2018年03月

  • 教育心理学実践総論,2017年10月  -  2018年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県就学指導委員会,2017年04月 ~ 2019年03月

  • 大津市青少年問題協議会,2017年04月 ~ 2019年03月

  • 滋賀県子ども若者審議会,2016年04月 ~ 2019年03月

  • 長浜インクルーシブ検討会議,2014年04月 ~ 2016年03月

  • 滋賀県就学指導委員会,2014年04月 ~ 2016年03月

全件表示 >>